> 
 > 
刑事事件の基礎知識
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit

刑事事件の基礎知識コラム 一覧

38 件の刑事事件の基礎知識コラム 3138件を表示

Saiban
公開日2016.12.1 カテゴリ 刑事事件の基礎知識

情状証人とは|情状証人の役目と注意点

情状証人(じょうじょうしょうにん)とは、刑事裁判で被告人の刑の定めるにあたっての事情を述べるために公判廷に出廷する証人を言います。刑事裁判では弁護側と検察側のどちら側に情状証人が付くことがあります。
Gatag-00006501
公開日2016.11.10 カテゴリ 刑事事件の基礎知識

自首が成立する要件と概要|逮捕前の早い解決法

自首(じしゅ)とは、犯罪が起きた事や犯人が分かっていない段階で、犯人自らが捜査機関(おもに警察官)に犯罪事実を申告し、処分を求めることを言います。
Gatag-00001169
公開日2016.11.10 カテゴリ 刑事事件の基礎知識

刑事告訴とは|刑事告訴された後の流れと状況ごとの対処法

刑事告訴(けいじこくそ)とは、犯罪の被害者や被害者の法定代理人などが警察官や検察官、労働基準監督署の捜査機関に対し犯罪事実を申告し、加害者の処罰を求める意思表示の事を言います。
Pak86_hannzaitejyou20131005500_tp_v1
公開日2016.4.19 カテゴリ 刑事事件の基礎知識

一般人も逮捕ができる私人逮捕|私人逮捕ができる条件と方法

犯罪はいつ起きるのかわかりません。そのようなときに事件解決を果たすために活躍するものが私人逮捕です。犯罪から一般市民を守るために警察機関があります。
%e7%8f%be%e8%a1%8c%e7%8a%af%e9%80%ae%e6%8d%95
公開日2016.4.1 カテゴリ 刑事事件の基礎知識

現行犯逮捕の条件と流れ|もし現行犯逮捕されてしまったら

現行犯逮捕とは、現に罪を行っている、又は行い終わった直後の現行犯人を逮捕することで、逮捕状なしで警察官・検察官・それ以外の一般人でも誰でも現行犯逮捕することが出来ます。
Lgf01a201408171000
公開日2015.12.22 カテゴリ 刑事事件の基礎知識

法定刑ごとの公訴時効一覧と過去の未解決事件一例

公訴時効とは、刑事上の時効の概念で、犯罪が終わってから一定期間が過ぎると、公訴の提起(起訴)ができなくなることです。
%e8%a6%b3%e5%bf%b5%e7%9a%84%e7%ab%b6%e5%90%88
公開日2015.11.13 カテゴリ 刑事事件の基礎知識

観念的競合の考え方|牽連犯・併合罪との違い

観念的競合とは、1つの行動で2つ以上の犯罪を起こすことです。刑罰の考え方としては、2つ以上の犯罪の中で最も重い犯罪の刑罰が対象となります。
%e6%9b%b8%e9%9d%a2
公開日2015.10.13 カテゴリ 刑事事件の基礎知識

家にいながら起訴される在宅起訴と状況による事件の解決方法

在宅起訴とは、被疑者が刑事施設に身柄を拘束されていない状態(在宅中)で起訴されることです。在宅起訴は、軽微な事案であって被疑者も事実を認めているため被疑者の逃亡や罪証隠滅のおそれがない場合
38 件の刑事事件の基礎知識コラム 3138件を表示