26年の時を経て過去の事件が動き出す!『99.9』シーン別のギャップにも注目!

~いざという時の備えに~刑事事件マガジン

刑事事件弁護士ナビ > 刑事事件マガジン > トレンド > 26年の時を経て過去の事件が動き出す!『99.9』シーン別のギャップにも注目!
キーワードからマガジンを探す
Sidebar writer recruit
刑事事件マガジン
公開日:2018.3.23

26年の時を経て過去の事件が動き出す!『99.9』シーン別のギャップにも注目!

99%e3%81%ae%e2%91%a1

引用:TBS 番組表

26年前の殺人事件に新たな証拠品が…第2話のあらすじ

 

日本の刑事事件において裁判有罪率は99.9%意味しており、残された0.1%の無罪を解き明かすのがTBSのドラマ『99.9』。シーズン2が始まり、第2話にして26年前の殺人事件に新たな証拠品が出てくるというショッキングなストーリー展開を見せています。

 

主人公である深山大翔(みやまひろと)の父親が犯人として解決された刑事事件ですが、26年の時を経て被害者・美里ちゃんの妹から姉の遺留品である水晶のキーホルダーを渡されます。これが新たな証拠物件として注目されることになるのです。深山たちが調べていくと、それは縁結びのお守りだと発覚。

 

当時殺害された美里ちゃんをストーカーしていた人物が犯人ではないかと推理を展開していきます。証拠を掴むためにお守りを配布している山に登り、入山記録を調べたところ事件関係者の名前を見つけることに成功。真犯人である確証を深めるのでした。

 

深山の父・大介と当時の宿敵・大友検事正の対立

26年前の殺人事件で大友検事が深山の父親を犯人だと決めつけた要因は、刑事事件において裁判有罪率の高さを信じ切っていたこと、さらに真犯人に心当たりがあり、その人物が犯人とされると都合が悪いということ。男に付きまとわれていたという証言と証拠品に付けられた指紋から、早い段階で美里ちゃんのストーカーであった警察官に疑いがかかっていました。

 

にもかかわらず、深山の父親を犯人として起訴を決行。大友検事はその警察官が犯人であることを認めたくなかったのです。結局大友検事の思惑通り裁判によって有罪判決が出る結果に。刑事事件では一度判決が出てしまうと覆すのが難しく、深山の父は控訴をするも実現する前に心労によって亡くなってしまいました。

 

証拠があっても時に握りつぶされてしまう…このことから刑事事件で犯人として起訴されてしまった時点で99.9%有罪になるという恐ろしさ、それから裁判制度の不平等さを思い知らされます。

 

娘の破局を祈る深山の上司・佐田篤弘がかわいいと話題

シリアスな展開が多かった2話ですが、深山の上司である佐田篤弘が可愛いと話題になっていますね。

 

深山とは事件に対する考え方から対立することも多い佐田。権力や金銭が好きな俗物っぽさもありますが、協力すべきところはしっかりと手を貸してくれる頼れる人物でもあります。

 

今回、佐田篤弘の娘が水晶のお守りを持っていたことから突破口が見つかるのですが、この時に「縁結びのお守り」ということで、娘の破局を祈っている姿がとてもチャーミング。

 

深山の父親の事件は、時効を迎えていますし、深山の父親も亡くなっています。

 

冤罪だと分かっていても誰も処罰することができませんし、誰も救われない…そんな重苦しい雰囲気のあるエピソードでしたが、その中で父親として娘の恋愛事情に悩む姿がアットホームさを感じさせてくれました。こういったギャップもこのドラマの魅力となっていますね。

 

【次の記事】

《第3話》重要人物が出そろった『99.9』第3話。ついに明らかになる今作のラスボスとは

刑事事件被害で使える弁護士費用保険

刑事事件の被害者となったとき、弁護士への依頼で示談金の増額できる可能性があります。

当然、弁護士費用も発生しますが、そんなときに役立つのが弁護士費用保険メルシーです。

Cta_merci

刑事事件の被害だけでなく、離婚や労働問題、ネットの誹謗中傷削除などでもお使いいただけます。

お一人の加入だけで、配偶者や子供・両親まで補償対象になります。

実際にどれくらいの保険金が支払われるのか、補償対象となるトラブルにはどのようなものがあるのか、詳しい内容を知りたい方は資料請求してみましょう。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・037

編集部

本記事は刑事事件弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※刑事事件弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

トレンドに関する新着マガジン

トレンドに関する人気のマガジン


トレンドマガジン一覧へ戻る