東京アライズ法律事務所の事務所情報

刑事事件弁護士検索

Office_info_201903191801_24241
Office_info_201903191801_24241 Office_info_201903191755_24242 Office_info_201903191755_24243
弁護士事務所詳細
東京アライズ法律事務所
東京都
弁護士 吉川 樹士 安達 敏男

東京都千代田区九段北4-1-5市ヶ谷法曹ビル1002号室

Btn-map
最寄 JR市ヶ谷駅より徒歩5分 地下鉄市ヶ谷駅 徒歩4分(A4出口より)
利用規約個人情報保護方針に同意の上、ご連絡ください。

まずは、お気軽にお問い合わせください

0037-60076-8289 【通話料無料】

お問合わせ頂いた時間によっては、当日接見にも対応可能です。


東京アライズ法律事務所
お問合わせ頂いた時間によっては、当日接見にも対応可能です。
電話で問合せする
0037-60076-8289
メールで問合せする
事務所所在地
東京都千代田区九段北4-1-5市ヶ谷法曹ビル1002号室

お電話にでれなかった場合は、メールフォームをご利用ください《24時間受付》

裁判などで外出することが多いため、メールにてご相談いただけますとスムーズな対応が可能です。

外出先であっても迅速な対応ができるよう、メールフォームへご依頼ください。
*必ずメール内に下記3点をご記載ください。
①    お名前
②    ご連絡先の電話番号
③    お悩み内容 

”ご家族が逮捕された方”はすぐにご連絡を!

  • 家族が逮捕されてしまった、「逮捕された」と連絡を受けた
  • 痴漢・盗撮で家族が捕まっていると連絡がきた
  • 会社のお金を横領してしまい、会社から呼び出しをうけた
  • 被害者と示談したいので代理人になってほしい
  • 警察から取り調べに応じるよう呼び出しがかかった など


ご家族が逮捕された方や、在宅で取り調べなどを受けている方は前科をつけないために、迅速な対応が必要です。

今後の流れや見通しについても丁寧にご説明いたしますので、まずはメールにてお問合せください。
 

東京アライズ法律事務所へ相談するメリット

検事歴30年の弁護士在籍】弁護士2名体制で柔軟なサポート

当事務所では、事件の処理には担当弁護士も加わりますので、弁護士2名体制で手厚くサポート致します。

また、元最高検察庁検事歴30年の経験を持った弁護士が在籍しておりますので、捜査機関側の知見を活かし、警察・検察の出方や今後の流れを予想したうえでそのケースに合わせた対応策をご提案することが可能です。

 

スピード重視!受任後にすぐ接見へ向かいます

当事務所では、受任後すぐに逮捕者の方へ接見を行い、取り調べ時のアドバイスを行うなど、スピード重視の対応を心掛けて参りました。

また、迅速かつ適切な解決策をご提案するためにも、当事務所ではお電話を通した口頭の説明ではなくご来所頂いての面談相談をおすすめしております。

面談にてご相談をお聞きし、今後の解決策を分かりやすくご説明いたしますのでご安心ください。
 

逮捕直後から72時間が勝負です!

《ご家族が逮捕された方》逮捕直後~72時間の対処で今後が大きく変わります

刑事事件において、逮捕後72時間以内の対応は非常に重要です。

警察・検察からの取り調べが行われているこの間で、勾留(身柄拘束の延長)が決定されてしまうと身柄拘束が最大23日間にわたる可能性がございます。

長期間の身柄拘束は、職場に対して逮捕の事実を隠せなくなる恐れや長期欠勤による解雇、退学などの恐れもあるため、迅速な弁護活動を行い、早期釈放・職場復帰を目指しましょう。

 

在宅捜査中の方もご相談ください

在宅捜査を受けている場合は身柄拘束がされないため、一時的にこれまでの生活に戻れることがほとんどです。

早期に弁護士が介入し、被害者との示談を成立させるなど状況に応じた対応をとり、不起訴となれば前科はつきませんので、捜査を受けている方はすぐにご相談ください
 

弁護士費用

相談料(税別)

30分5,000円
 

着手金(税別)

身柄事件:30万円~
在宅事件:20万円~
 

報酬金(税別)

身柄事件:30万円~
在宅事件:30万円~

※上記の弁護士費用は、事件を勘案して料金が変わります。詳しくは、一度お問合せください。

アクセス

  • 地下鉄「市ヶ谷駅」A4出口より徒歩4分
  • JR「市ヶ谷駅」より徒歩6分

 

これまでの解決実績はこちら

盗撮をした方の自首に同行し処罰を回避したケース

【ご相談者】
40代|男性|職業:会社員の方

【相談内容】
「旦那が盗撮で逮捕された」と奥さまからのご相談。
会社に知られないよう、すぐに対応してほしいとの連絡がありました。

【解決結果】
すぐに刑事事件として受任。
その後、警察に自首をするため同行しました。
警察には任意取り調べに積極的に応じるということで、被害者と示談交渉をしたいと申し入れをしました。
すぐに被害者と連絡がとれ、当日示談が成立。 本人は取り調べを受けましたが、被害届が出される前に示談が成立したとのことで、処罰などはされずに終わりました。

【先生のコメント】
刑事事件は、スピードが大切です。
十分な法的知識と迅速な対応が、身柄の早期解放の鍵になります。 この事件は、まさに法的知識と迅速な対応により、早期の身柄が解放された事件です。

詐欺の受け子として逮捕された少年事件に対応したケース

【ご相談者】
10代|女性|職業:学生の方

【相談内容】
「詐欺の受け子をしてしまい、逮捕されてしまった。どうしたらいいか。すぐに対応してほしい」とのご連絡。

【解決結果】
すぐに受任し、少年が不安にならないよう、接見や学校への調整、被害弁償等をしました。
その他、鑑別所、裁判所での審判に対応しました。

不起訴処分を獲得し退学を回避したケース

【ご相談者】
20代|男性|職業:学生の方

【相談内容】
「電車で痴漢に間違われてしまい、逮捕されてしまった。学校にばれたら退学になってしまうため、早く釈放してほしい」とご両親からのご相談でした 。

【解決結果】
ご両親からの依頼で、逮捕直後に接見し、容疑を否認しておりましたが、勾留請求を退け、釈放してもらいました。
その後の不起訴処分としてもらいました。

逮捕後の迅速な対応により解雇を回避できたケース

【ご相談者】
30代|男性|職業:会社員の方

【相談内容】
「電車で痴漢に間違われてしまい、逮捕されてしまった。早く釈放してほしい」とのご相談。

【解決結果】
容疑を否認していましたが、両親に協力してもらい、すぐに釈放してもらいました。
会社に対しても事情を説明し解雇を回避。また、不起訴処分としていただきました。

詐欺で有罪判決を受けた翌日に保釈できたケース

【ご相談者】
40代|男性|職業:会社員の方

【相談内容】
詐欺により一審で有罪となってしまったご相談者様。 今後の保釈や被害者への弁償をどうすればいいか、というご相談。

【解決結果】
受任翌日に保釈請求を行い釈放。
被害者が示談を拒否したため、被害者4名に対して、供託した。

痴漢と間違われたが早期介入により保護観察処分を獲得したケース

【ご相談者】
10代|性別|男性|職業:学生の方

【相談内容】
「電車で痴漢に間違われてしまい、逮捕されてしまった。早く釈放してほしい」とのご両親からご連絡を頂きました。

【解決結果】
ご両親からの依頼で、逮捕直後に接見し、勾留請求を退け釈放してもらいました。
その後の少年審判まで対応し、保護観察処分となりました。

酔って暴行をしてしまい逮捕、その後不起訴処分を獲得したケース

【ご相談者】
30代|男性|職業:会社員の方

【相談内容】
「酔ってタクシーの運転手を殴ってしまったようです」とのご相談。
ご相談者様に記憶はなく、会社にばれてしまうと解雇となってしまうので、すぐに釈放してほしい、とのご相談。

【解決結果】
逮捕当日にご両親に連絡。
身柄引受書記載をして頂き、勾留請求を退け、早期釈放させてもらいました。
釈放後に被害者と示談をし、不起訴処分としていただきました。

逮捕後の細やかな連絡などにより執行猶予を獲得したケース

【ご相談者】
30代|男性|職業:会社員の方

【相談内容】
「わいせつDVDの販売で逮捕されてしまった。」とのご相談。このままだと会社の支払いができないためどうにかしてほしい、とのご依頼でした。

【解決結果】
会社の従業員との連絡、起訴後の早期保釈による身柄解放、裁判の打ち合わせ、情状証人の打ち合わせを行い、執行猶予にしていただきました。

 

お気軽にお電話ください。
親身にご回答します。
通話料
無料
0037-60076-8289
メールで問合せする
弁護士事務所情報
事務所名東京アライズ法律事務所
弁護士 吉川 樹士 安達 敏男
所属団体東京弁護士会
住所 東京都千代田区九段北4-1-5市ヶ谷法曹ビル1002号室
最寄駅JR市ヶ谷駅より徒歩5分 地下鉄市ヶ谷駅 徒歩4分(A4出口より)
電話番号0037-60076-8289 【通話料無料】
対応地域 関東全域
定休日 土曜  日曜  祝日 
営業時間

10:00~19:00

営業時間備考※正確な状況の把握、適切な判断をするため、お電話相談は承れません。
※事前にお問合せ頂ければ、土曜・日曜・祝日、時間外対応が可能です。お問合わせ頂いた時間によっては、当日接見にも対応可能です。
弁護士経歴 安達 敏男
「丁寧かつ迅速な業務を心がけ、早期にご依頼者様の問題が解決できるよう努力していきたいと思います。」
<経歴>
東京弁護士会所属
東京アライズ法律事務所パートナー弁護士。
昭和51年検事任官の後
東京地方検察庁検事のほか
札幌法務局訟務部長
司法研修所教官
福岡法務局長
名古屋法務局長等を歴任し
最高検察庁検事を最後に退官。
新潟公証人合同役場公証人を経て
平成20年弁護士登録(東京弁護士会)
平成20年から平成24年まで、かすが法律事務所(市ヶ谷法曹ビル105号)所属。
平成23年4月から足立区公益監察員(コンプライアンス担当委員)。

吉川 樹士
「法律問題の最適な解決方法は、ケースごとに全く異なります。よって、依頼者様と弁護士が対話を通じて、『最善の解決イメージ』を共有しながら動くことを心掛けています。」
<経歴>
東京弁護士会所属
東京弁護士会倒産法部会会員
東京弁護士会法曹親和会平成28年度執行部常任幹事
東京弁護士会東京法曹広報委員(平成28年度)
東京弁護士会東京法曹平成29年度執行部
東京アライズ法律事務所パートナー弁護士
立教大学経済学部経済学科卒業
中央大学法科大学院法務研究科卒
司法研修所入所(横浜修習)
弁護士登録後、伴法律事務所(横浜)での勤務を経た上で、当事務所入所。
著書および論文名 主な著作物

「(旧版)大コンメンタール刑事訴訟法(第2巻)(165条~174条部分 共同執筆)」
「冤罪を生まないための裁判員裁判(共著)」
お気軽にお電話ください。
親身にご回答します。
通話料
無料
0037-60076-8289
メールで問合せする
アクセスマップ
Btn-map-large