• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
北海道
相談内容
器物破損
刑事事件弁護士ナビ > 解決事例 > 性犯罪 > 【強制わいせつ致傷罪等|執行猶予】裁判員裁判で、執行猶予を獲得した事例

【強制わいせつ致傷罪等|執行猶予】裁判員裁判で、執行猶予を獲得した事例

性犯罪
20代男性
罪名 解決結果
強制わいせつ致傷罪 執行猶予判決
事件の内容

①路上においてわいせつな行為をして、その際に被害者の方が怪我を負ったという強制わいせつ致傷の事件、及び②路上における強制わいせつの事件の2件が起訴された事例でした。
本件では、裁判員裁判が行われました。

ご相談から依頼までの経緯

起訴後にご相談を受けて、弁護人となりました。
「裁判員裁判の経験豊富な弁護士に弁護をしてほしい」というご依頼を受けて、弁護人を交替しました。
ご本人は、わいせつ行為を繰り返してしまったこと反省しており、ご自身でも何とかしたいという想いを強くお持ちでした。
そこで、ご家族の協力の下、二度と再犯しないための性犯罪再犯プログラムに取り組みました。
裁判員裁判では、弁護人が法廷弁護技術を駆使して、社会内における更生可能性、現在の更生環境を奪うべきではないこと等を丁寧に伝え、執行猶予判決を求めました。

弁護活動の結果

情状弁護活動を尽くした結果、示談が成立していることに加え、ご本人が再犯防止・更生のために真摯に取り組んでいることなどが評価され、無事に執行猶予判決となりました。

この事件を解決した事務所

◆【無罪判決実績あり】◆【示談・不起訴の獲得多数/女性弁護士も在籍】刑事事件に強い弁護士をお探しでしたら当事務所へご相談ください|性犯罪・冤罪弁護・裁判員裁判の経験も豊富です

Icon address住所
東京都新宿区新宿2-3-12光和ビル401
Icon train最寄駅
新宿三丁目駅・新宿御苑前駅より徒歩約2分 |新宿駅より徒歩約8分
Icon area対応地域
東京都/神奈川県/埼玉県/千葉県/茨城県/栃木県/群馬県
営業時間
00:00〜24:00
現在営業中 お問い合わせはコチラから