> 
 > 
刑事処分の種類と内容
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit

刑事処分の種類と内容コラム 一覧

16 件の刑事処分の種類と内容コラム 110件を表示

Img_1549938333
公開日2019.2.12 カテゴリ 刑事処分の種類と内容

執行猶予でも前科はつく|前科を回避するために重要なことと...

執行猶予付きの刑罰でも前科は付きます。履歴書の賞罰欄への記入などの不都合を避けたいならば、執行猶予ではなく、不起訴を目指すべきです。この記事では、執行猶予と不起訴を目指すためにすべきことを解説します。
Img_1545380387
公開日2018.12.21 カテゴリ 刑事処分の種類と内容

前科がつくデメリット8つ|前科を回避するには?

前科がつくことによるデメリットは、仕事や結婚など社会生活に影響を及ぼす点です。この記事では、前科の意味を説明した上で、前科がつくことによる具体的なデメリットや、前科がつくことを回避する方法をお伝えしま...
New_snow-3108069_640
公開日2018.7.24 カテゴリ 刑事処分の種類と内容

仮釈放とは|条件と期間・身元引受人が必要不可欠な理由

仮釈放は早く社会復帰することが可能な重要な制度です。この記事では①仮釈放期間はどのように決定されるのか②受けるための条件③仮釈放を要求する方法④仮釈放中に設けられる制限などについてお伝えします。
2807285054_cfb1a4288b
公開日2018.7.12 カテゴリ 刑事処分の種類と内容

無期懲役とは期限のない懲役刑|死刑判決や終身刑との違いと...

無期懲役は期限のない懲役刑の事ですが、日本では死刑に次いで重い刑罰です。無期懲役は一生刑務所から出られないという認識がされますが、最も長い刑期の1.5倍を上限に刑期となるだけで、上限は30年です。この...
Pixta_28345471_s
公開日2018.6.14 カテゴリ 刑事処分の種類と内容

情状酌量とは|定義・類語や実際に適用されたケースを徹底解...

情状酌量とは、裁判所で刑を確定する際に、被告人が犯罪を犯すまでの背景をくみとった上で、刑を軽くすることを指します。「情状酌量の余地なし」と判断される事件もありますが、実際に適用されたケースもあります。...
Men
公開日2018.5.2 カテゴリ 刑事処分の種類と内容

起訴猶予とは|処分の内容と早期釈放のために出来ること

起訴猶予とは、不起訴処分を受ける理由の一つで「起訴をすれば有罪は確実だけど、罪が軽い・反省している・被害者と和解している」などの内容を考慮して起訴されないことです。
Lgf01a201406021200
公開日2018.2.21 カテゴリ 刑事処分の種類と内容

処分保留とは|処分保留になる経緯とその後の傾向

処分保留とは、刑事手続が進められていく上で、期間内に十分な証拠が揃わなかった場合、起訴・不起訴の判断を保留して釈放させることです。
L201112182200
公開日2018.2.21 カテゴリ 刑事処分の種類と内容

前科一犯とは?前科者の生活への影響と問題点

前科一犯とは、過去に犯罪を起こし、前科が1回付いた人の事を指します。“一犯”とは、前科になった回数の事で、2回、3回と増えていけば、二犯、三犯とその数字も増えていきます。
%e5%8b%be%e7%95%99
公開日2018.2.19 カテゴリ 刑事処分の種類と内容

勾留とは|勾留される要件と早期に身柄を釈放してもらうため...

勾留(こうりゅう)とは、逮捕された被疑者、もしくは被告人を刑事施設に留置して拘束することで、逃亡や証拠隠蔽を防ぐために行います。
Ori
公開日2018.2.19 カテゴリ 刑事処分の種類と内容

刑罰の「拘留」と処分の「勾留」|拘留と勾留の違い

拘留(こうりゅう)とは、日本の刑罰の種類の1つで「1日以上30日未満」の間、刑事施設に収監する刑罰です。
16 件の刑事処分の種類と内容コラム 110件を表示