石川で刑事事件が得意な弁護士一覧

  • 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
北海道
相談内容
器物破損

《石川》刑事事件の加害者や逮捕された方の弁護・相談が得意な弁護士

石川で刑事事件が得意な法律事務所19件です。

刑事事件弁護士ナビ > 石川県の刑事事件弁護士
利用規約個人情報保護方針に同意の上、各法律事務所にご連絡ください。
19 件の 刑事事件が得意な 弁護士の検索結果一覧 115件を表示

【金沢駅近く】痴漢・盗撮で警察の取り調べを受けた方・捜査されている方へ|元検事率いる刑事弁護チームが迅速サポート

  • 性犯罪
  • 痴漢・わいせつ
  • 買春・援助交際
  • 盗撮・のぞき
  • 暴行罪・傷害罪
  • 殺人罪
  • 恐喝罪・脅迫罪
  • 器物破損
  • 窃盗罪・万引き
  • 横領罪・背任罪
  • 詐欺罪
  • 薬物・大麻
  • ひき逃げ・当て逃げ
  • 少年事件
Icon address住所
石川県金沢市上堤町1-12金沢南町ビルディング 4階
Icon train最寄駅
JR「金沢駅」より車で約9分、「南町・尾山神社」バス停より徒歩1分
Icon area対応地域
富山県 石川県 福井県
営業時間
09:30〜21:00
09:30〜18:00
営業時間外 お問い合わせはコチラから
【執行猶予獲得など実績有】【累計相談180件】痴漢・盗撮・淫行、条例違反などの在宅事件に注力。精神科医と連携し、薬物や繰り返す万引き事案の経験も豊富!「逮捕されたくない/示談したい」などお任を!
  • 性犯罪
  • 痴漢・わいせつ
  • 買春・援助交際
  • 盗撮・のぞき
  • 暴行罪・傷害罪
  • 殺人罪
  • 恐喝罪・脅迫罪
  • 器物破損
  • 窃盗罪・万引き
  • 横領罪・背任罪
  • 詐欺罪
  • 薬物・大麻
  • ひき逃げ・当て逃げ
  • 少年事件
Icon address住所
石川県金沢市尾張町1-525
Icon train最寄駅
金沢駅から車で10分程度
Icon area対応地域
石川、富山、福井
営業時間
09:00〜17:00
営業時間外 お問い合わせはコチラから
石川県のご相談に対応可能な、他県の弁護士・法律事務所を見る
19 件の 刑事事件が得意な 弁護士の検索結果一覧 115件を表示

石川県の犯罪件数と検挙率

石川県で令和元年中に認知された犯罪の件数は4,508件でした。警察によって検挙された件数は2246件で、認知÷検挙の検挙率は49.82%です。

 

過去5年間の石川県における犯罪認知件数は以下のグラフのとおり推移しています。

石川県の事件認知数・検挙数・検挙率の推移

【参考】主な刑法犯の認知状況(令和元年中)|石川県警察

 

石川県の犯罪認知件数は、平成15年をピークに右肩下がりで減少しています。過去5年間だけを比較しても3,077件の減少です。ところが、検挙数は918件の減少にとどまっており、例年2,000~3,000件の間を安定して推移しています。

 

検挙率は年々上昇しており、令和元年には50%に迫る49.82%という結果になりました。

 

なお、平成30年における検挙率の全国平均は37.9%です。石川県の検挙率は全国平均を7ポイント以上も上回っているので、全国と比較すると「罪を犯せば逮捕・検挙されやすい県」だといえるでしょう。

 

警察組織による検挙とは?

検挙といえば、一般的には逮捕をして捜査を進めるイメージがありますが、逮捕されずに検挙される場合もあります。

 

在宅捜査になれば、身体拘束を受けずに日常生活を送りながら捜査を受けることが可能です。証拠隠滅や逃亡の恐れがないと認められれば、必ずしも逮捕されるとは限りません。

 

ちなみに弁護士の働きかけにより、逮捕されたが在宅捜査に切り替えてもらえた事例があります。

逮捕されると、起訴・不起訴の確定までに最長23日間の身体拘束を受ける可能性があるので、長期拘束を避けたい場合には弁護士への相談を検討しましょう。

 

石川県で起こった犯罪の傾向

令和元年中に石川県内でどのような犯罪が発生していたのかをまとめました。

 

犯罪名

認知数

窃盗犯

3,491件

粗暴犯

334件

知能犯

169件

風俗犯

53件

凶悪犯

18件

その他

443件

【参考】主な刑法犯の発生と検挙状況|石川県警察

 

もっとも多く認知されたのは、空き巣や万引きなどの「窃盗犯」でしたが、前年と比べるとマイナス72件でわずかに減少しています。ただし、さらに詳しく手口別にみると万引きの件数は前年比でプラス112件となっており、食料品などの被害が目立つ結果となりました。

 

ほかの犯罪がほとんど減少しているなかで、粗暴犯だけは前年比でプラス21件となっており、暴行・傷害の認知が目立ちます。

 

また「その他」に分類された犯罪のうち、車を傷つける「器物損壊」が252件も認知されているので、パトロール・職務質問といった取締りに向けた活動は強化されていると考えるべきでしょう。

 

石川県で犯罪が多い地区

石川県警察が公開しているデータをもとに、石川県内で認知された事件件数の市町上位10位をランキングしました。

 

地域

犯罪認知件数

金沢市

2,225件

小松市

456件

野々市市

407件

白山市

317件

加賀市

259件

七尾市

196件

能美市

122件

かほく市

104件

河北郡津幡町

96件

羽咋市

53件

【参考】刑法犯罪種別・市町別認知・検挙数(令和元年)|石川県警察

 

石川県内でもっとも犯罪の認知件数が多かったのは金沢市でした。ほかの市町と比べると突出して多い件数を認知していますが、人口が集中しており商業・交通も発展しているので当然の結果だといえるでしょう。

 

認知件数のランキングは、おおむね人口のランキングと一致していますが、人口11万人の白山市よりも上位に人口5万人の野々市市がランクインしている点には注目です。

 

野々市市で認知件数が多くなった原因は、自転車盗の認知件数が非常に多かったためでしょう。2つの大学があるため20歳前後の人口が突出しており「歩くのが面倒」「ちょっと借りるつもりだった」といった軽率な理由で自転車を盗んでしまう人が多いのではないかと分析できます。