盗撮事件を起こしたら

盗撮事件を起こしてしまった場合、以下のいずれかの罪に問われる可能性があります。

罪状 刑罰
迷惑防止条例違反 1年以下の懲役または100万円以下の罰金
軽犯罪法違反 拘留または科料

盗撮事件は逮捕後に厳重注意を受けて帰されるケースも多いですが、必ずしも微罪処分になるとは限りません。万が一、逮捕をされてしまった場合には、早急に対処する必要があるでしょう。

このページでは、盗撮事件に関する記事をご紹介します。盗撮事件の罰則や逮捕後の対処法を確認したい場合は、参考にしてみてください。

また、対応を依頼する弁護士をお探しの場合は、以下よりお近くの相談先をご活用ください。