• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
北海道
相談内容
器物破損
刑事事件弁護士ナビ > 解決事例 > 買春・援助交際 > 【青少年保護条例違反】長期の勾留を回避し、身柄が解放された事例

【青少年保護条例違反】長期の勾留を回避し、身柄が解放された事例

買春・援助交際
20代男性
罪名 解決結果
青少年保護条例違反 罰金
事件の内容

出会い系サイトで知り合った女性と18歳未満であることを知りながら性交渉をし、警察に逮捕される。

ご相談から依頼までの経緯

逮捕直後に親族から相談があり、早期に身柄が解放されることを希望。
翌日が勾留請求であったことから早期に準備する必要があることを伝える。

弁護活動の結果

逮捕日に警察署で本人と接見し、在宅事件での警察署への出頭の約束などを確認した。
親族の身柄引受書を取得し、勾留前に裁判所、検察官に書類を提示したところ、裁判所で勾留請求が却下となる。その後、在宅捜査で罰金となる。

この事件を解決した事務所
家族の早期釈放に尽力/累計対応実績200件以上◆不起訴・刑事裁判回避実績多数◆メール相談24時間受付中◆解決事例掲載中【暴行・傷害/窃盗/薬物等】事件によって異なるポイントを抑えて迅速対応
Icon address住所
静岡県静岡市駿河区西中原2-1-10西中原ビル2C
Icon train最寄駅
静岡駅
Icon area対応地域
静岡県
営業時間
08:30〜18:00
09:00〜17:00
現在営業中 お問い合わせはコチラから