• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
北海道
相談内容
器物破損
刑事事件弁護士ナビ > 解決事例 > 痴漢・わいせつ > 【示談金の取り返しに成功!】未成年者との交際を理由に脅迫されたケース

【示談金の取り返しに成功!】未成年者との交際を理由に脅迫されたケース

痴漢・わいせつ
40代男性
罪名 解決結果
健全育成条例違反 不起訴・賠償金獲得
事件の内容

ご依頼者さまは、SNS上で知り合った未成年女性と、若干の期間交際しました。
女性は当初ご依頼者さまに対して成年済みであると噓を吐いていたため、未成年であることを知りませんでした。

後日、女性の代理人を名乗る男からLINEでメッセージが送られてきました。メッセージ内容は、①女性が未成年であること②賠償金の要求の2点についてでした。
代理人を名乗る男は「誠意ある対応をしなければ警察に通報する」「刑務所へ行ってもらう」など述べてご依頼者さまを脅迫しました。恐怖におびえたご依頼者さまは、多額の金銭支払いに応じてしまいました。

さらに、この男は、最初言われていた金銭が支払われた後もご依頼者さまを脅迫し、追加の金銭を要求していました。

ご相談から依頼までの経緯

ご依頼者さまは、脅迫されたことに大変怯えており、どのように対応すべきか分からないご状況でした。
まずは落ち着いてもらうため、適切な対応をすれば、突然逮捕されることは少ない類型であるとご説明いたしました。
当弁護士が事案を聴き取ったところ、未成年者だと知らなかったならば必ずしも罪は成立しない上に、むしろ相手を訴えるべき事案であると判断いたしました。

これらのことをご依頼者さまに説明したところ、ご依頼者さまは大変安心され、依頼となりました。

弁護活動の結果

これまでの電話録音で、脅迫と訴えられるだけの証拠は揃っていました。
受任後は、事務所の中で男に電話をかけてもらい、これまでの経緯に関してそれとなく確認を取り、同意させる録音を作成いたしました。
そして、すぐに男に対して脅迫の刑事処罰を求める書面(告訴状)を作成し、ご依頼者さまとともに警察へ向かいました。

警察の担当者に対して、告訴状を提出し、
・未成年者だと知らなかったけれど、申し訳ないとは思っているため、誠意を持って対応したい
・ただし、この脅迫してきた男は絶対に許せないので、きちんと処罰してもらいたい
と伝えました。

この結果、男が逮捕され、男の弁護人を通じて支払った金銭をそのまま返してもらうことで、示談が成立いたしました。
ご依頼者さまに対して、何らかの刑事手続を起こされることもありませんでした。

ご依頼者さまから大変感謝され、とても嬉しい解決となりました。

この事件を解決した事務所
【初回面談無料】【即日接見可能】ご家族や大切な人が逮捕されてしまったら早期にご相談ください。刑事事件の経験豊富な弁護士が対応します。弁護士が対応することで早期の釈放や不起訴を目指すことが可能になります
Icon address住所
千葉県船橋市前原西2-14-1ダイアパレス津田沼412
Icon train最寄駅
JR 津田沼駅徒歩1分 新京成線 新津田沼駅徒歩7〜8分
Icon area対応地域
関東一円(遠方の場合はご相談ください)
営業時間
10:00〜20:00
営業時間外 お問い合わせはコチラから
 050-5228-4842
事務所のメールまたはLINEで問い合わせをする
Pc mail modal
LINEお友達追加