• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
北海道
相談内容
器物破損

加害者限定刑事事件でお急ぎの方へ

あなたを守る刑事事件が得意な弁護士につながります

一刻も早い弁護士への依頼が必要な4つの理由
逮捕後72時間以内に
面会できるのは弁護士だけ

早急に加害者と接見を行い現状を把握しなければ、適切な弁護活動を行うこともできません。
逮捕後72時間以内に面会できるのは弁護士のみ。たとえ、家族であっても逮捕後72時間は面会はできません。

POINT

弁護士は逮捕初期から迅速な弁護活動を行い、一刻も早い身柄解放を目指します。

捜査のために最大20日間
勾留されることも

逮捕後72時間以内に釈放されなければ、検察に送検され、最大で20日間勾留されることになります。
早期の釈放ができなければ、会社や学校に逮捕の事実が発覚し、解雇や退学処分など今後の生活に重大な支障をきたす可能性があります。

POINT

弁護士は勾留決定が不当であることを主張し、勾留の取り消しを求めます。

示談が成立すれば
多くのケースで不起訴に

不起訴になるかどうかは、被害者の感情や民事賠償の有無が大きく考慮されます
被害者との示談が成立し賠償金の支払いを速やかに行えれば、多くのケースで不起訴処分となり前科が付くことはありません。

POINT

弁護士は被害者の感情に寄り添った交渉を行い、早急な示談成立を目指します。

刑罰が軽くなることも

もし仮に起訴されてしまったとしても、不起訴を獲得することだけが弁護士の役割ではありません。

POINT

加害者が必要以上に重い刑罰とならないよう弁護することも弁護士の大きな役割です。

よくあるご質問
逮捕された時点で前科はついてしまう?
Icon angle down c1c1c1 24

逮捕された段階ではまだ前科はつきません。刑事裁判で有罪判決が出されたらつきます。そのため、前科を回避するには逮捕から起訴(刑事訴訟されること)が確定する前の対応が重要です。

警察の呼び出しがあったらその後に逮捕される?
Icon angle down c1c1c1 24

警察に呼び出しをされても必ず逮捕されるとは限りません。事件を起こして呼び出されている場合は、事情聴取の上で逮捕の必要性を判断されるでしょう。逮捕を回避するには、「逃亡や「証拠隠滅」の恐れがないことを主張することが重要です。弁護士へ付き添いをお願いし、前期を主張し逮捕をしないよう求めることもできます。

本人でなくても弁護士へ依頼できる?
Icon angle down c1c1c1 24

ご家族であれば本人の代わりに依頼をすることは可能です。正確には被告人・被疑者の法定代理人(両親等)、保佐人、配偶者、直系の親族(親子)、兄弟姉妹に対して弁護士の選任が認められています。

弁護士に相談するべきタイミングは?
Icon angle down c1c1c1 24

加害者弁護においては可能な限り早いタイミングが望ましいです。早期釈放には弁護士の協力が不可欠であり、取調べで不利な供述書が作成された後では取り返しがつかなくなる恐れもあります。もし逮捕される可能性がある場合は、今すぐ弁護士への相談をご検討ください。

逮捕されると会社や学校にバレる?
Icon angle down c1c1c1 24

逮捕後に警察から会社や学校へ連絡がいくことはありません(※会社に関連する事件で捜査の必要がある場合など例外はあり)。ただし、逮捕されて勾留が確定したら最大20日間、会社や学校へ行けなくなるためため、逮捕の事実を知られる可能性はあるでしょう。

お住いの都道府県を選ぶ
北海道・東北
北海道
青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
福島県
関東
東京都
神奈川県
埼玉県
千葉県
茨城県
群馬県
栃木県
中部
愛知県
岐阜県
静岡県
三重県
山梨県
新潟県
長野県
富山県
石川県
福井県
関西
大阪府
兵庫県
京都府
滋賀県
奈良県
和歌山県
中国・四国
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
九州・沖縄
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県