• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
北海道
相談内容
器物破損
刑事事件弁護士ナビ > 解決事例 > 殺人罪 > 【執行猶予獲得】殺人未遂罪で逮捕されたが、執行猶予を獲得した事例

【執行猶予獲得】殺人未遂罪で逮捕されたが、執行猶予を獲得した事例

殺人罪
30代男性
罪名 解決結果
殺人未遂罪 執行猶予5年懲役3年
事件の内容

被疑者は、半同棲中の交際相手の腹部を包丁で刺し、全治2か月の傷害を負わせ、現行犯逮捕されました。

ご相談から依頼までの経緯

被疑者は犯行を認めておりましたが、呆然としており、自身が置かれている状況をできていない状態にありました。

被疑者へは、殺人未遂事件は裁判員裁判対象事件であり、短くとも1年以上の裁判期間を要すること、また、初犯であっても多くの場合は実刑となることが多いことを伝えました。

弁護活動の結果

裁判では、被疑者(被告人)は精神疾患を抱え、幼少期より辛い思いをして生きてきたこと、被害者へは愛情をもって接してきたことなど、被疑者の生い立ちや心情を深く探り、裁判員の方へ丁寧に伝えました。

また、更生保護施設と連携し、執行猶予が付されても被疑者が更生可能であること、むしろ、精神疾患を抱える被疑者にとっては、刑務所での更生プログラムよりも、精神疾患患者専用の更生プログラムが必要であることを説明しました。
結果、裁判員の理解を得ることができ、執行猶予付判決となりました。

この事件を解決した事務所
【窃盗・少年事件・恐喝・横領など】早期釈放/不起訴処分を目指します!【初回相談0円】
【交渉力に自信!スピード対応】逮捕された家族の状況を知りたい/逮捕されそうな心当たりがある方は、すぐにご連絡を|経験豊富な弁護士があなたを全力でサポートいたします【メール・LINE24時間受付中|駅チカ】
Icon address住所
神奈川県横浜市神奈川区金港町5-36 東興ビル7階
Icon train最寄駅
JR横浜駅「きた東口A」徒歩1分
Icon area対応地域
関東全域
営業時間
09:00〜20:00
現在営業中 お問い合わせはコチラから
 050-5228-4932
事務所のメールまたはLINEで問い合わせをする
Pc mail modal
LINEお友達追加