• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
北海道
相談内容
器物破損
刑事事件弁護士ナビ > 解決事例 > 買春・援助交際 > 【青少年保護育成条例違反(淫行)|逮捕回避・不起訴】示談成立、不起訴となった事例

【青少年保護育成条例違反(淫行)|逮捕回避・不起訴】示談成立、不起訴となった事例

買春・援助交際
30代男性
罪名 解決結果
青少年保護育成条例 不起訴処分
事件の内容

18歳未満の青少年と性行為をしたという、青少年保護育成条例違反(淫行)の事例でした。
金銭の授受・約束はありませんでした。
そのため、児童買春ではなく、青少年保護育成条例違反(淫行)の罪で捜査を受けました。

ご相談から依頼までの経緯

警察から出頭要請を受けた段階で、ご依頼を受けました。
まずは、逮捕・交流を阻止するための活動を行い、警察に対して、在宅での捜査を求めました。
そのうえで、被害児童の保護者にご連絡をし、ご本人の謝罪の気持ちをお伝えし、示談交渉を行いました。

弁護活動の結果

逮捕されずに、在宅捜査が行われました。
また、謝罪を受け入れていただくことができ、示談が成立しました。
示談交渉以外の情状弁護活動も尽くした結果、本件は、不起訴処分となりました。

この事件を解決した事務所
◆【無罪判決実績あり】◆【示談・不起訴の獲得多数/女性弁護士も在籍】刑事事件に強い弁護士をお探しでしたら当事務所へご相談ください|性犯罪・冤罪弁護・裁判員裁判の経験も豊富です
Icon address住所
東京都新宿区新宿2-3-12光和ビル401
Icon train最寄駅
新宿三丁目駅・新宿御苑前駅より徒歩約2分 |新宿駅より徒歩約8分
Icon area対応地域
東京都/神奈川県/埼玉県/千葉県/茨城県/栃木県/群馬県
営業時間
00:00〜24:00
現在営業中 お問い合わせはコチラから