• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
北海道
相談内容
器物破損
刑事事件弁護士ナビ > 解決事例 > 薬物・大麻 > 【無罪判決獲得】覚せい剤事件において無罪判決を獲得

【無罪判決獲得】覚せい剤事件において無罪判決を獲得

薬物・大麻
30代男性
罪名 解決結果
覚醒剤取締法違反使用 無罪判決
事件の内容

覚せい剤使用の前科を有し、その執行猶予期間中の事件。尿から覚せい剤成分の陽性反応が出たことから逮捕されました。

ご相談から依頼までの経緯

最初の接見(面会)から一貫して、依頼者は覚せい剤はもうやめており、今は使っていない旨を主張されておりました。
尿から反応が出たのは、同居人から黙って入れられたからだと主張。
当時の同居人との関係性や、覚せい剤をやめるに至った経緯などを聞き取り、依頼者の言葉に嘘はないと判断。
しばらく身柄拘束は続くが一緒に頑張ろうと伝え、黙秘を貫きました。

弁護活動の結果

起訴後、検察官に対し、証拠の開示を何度も要求したところ、同居人が残したメモなど、依頼者に黙って覚せい剤を入れる動機を伺わせる証拠があることが発覚。
他にも依頼者が覚せい剤をやめていたことを裏付ける証拠を提出。
身柄拘束は1年に及びましたが、その間、ずっと主張が一貫していたことから、依頼者には、被告人質問において自由に話させることにしました。
結果として、判例のいう「特段の事情」があると認められ、無罪判決を勝ち取りました(覚せい剤は禁制品のため尿から陽性反応が出た以上、他人から黙って体内に入れられたなど「特段の事情」がない限り自分の意思で使用したと認められるというのが判例です)。

この事件を解決した事務所
無罪判決の実績あり】【※平日・休日・祝日お電話ください※留守電に繋がった・18時以降はメールでお問い合わせを※】判決によって人生が左右される刑事事件、実績ある弁護士 高山がお力となります
Icon address住所
大阪府大阪市中央区淡路町2-5-8 船場ビルディング305
Icon train最寄駅
堺筋線・京阪「北浜」または堺筋線「堺筋本町」、御堂筋線「淀屋橋」駅 からいずれも徒歩7分
Icon area対応地域
関西一円(ただし、交通費や出張費等がかかる場合がございます)
営業時間
09:00〜18:00
現在営業中 お問い合わせはコチラから
 050-5228-2012
事務所のメールまたはLINEで問い合わせをする
Pc mail modal
LINEお友達追加