• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
北海道
相談内容
器物破損
刑事事件弁護士ナビ > 解決事例 > 痴漢・わいせつ > 強制わいせつでの勾留決定後、準抗告で勾留を取消し身柄解放。不起訴になった事例

強制わいせつでの勾留決定後、準抗告で勾留を取消し身柄解放。不起訴になった事例

痴漢・わいせつ
50代男性
罪名 依頼費用 解決結果
強制わいせつ 40万円 身柄解放・不起訴
事件の内容

酔って見知らぬ女性に言い寄り身体を触って現行犯逮捕され、引き続き勾留されました。

ご相談から依頼までの経緯

依頼者の家族の要請を受けて接見し、やみくもの準抗告申立ではなく捜査の進度に合わせた準抗告を申し立てる方針にしました。

弁護活動の結果

勾留初期の依頼者宅の捜索が行われた直後、準抗告を申し立てました。
その際、被害者との示談交渉予定日時を文書化し、罪証隠滅のおそれも逃亡のおそれも無いという疎明資料の充実化を図りました。

結果、勾留初期段階で身柄解放に成功し、長期欠勤を回避して会社解雇も免れました。
そして、数日後、被害者との示談も成立し、不起訴となりました。

この事件を解決した事務所
【逮捕されるか不安な方】わいせつ・盗撮・窃盗等事件|勾留解放・不起訴実績多数。【初回相談無料】【俊足弁護士】土日・祝日ご相談可能【完全守秘義務】
Icon address住所
大阪府大阪市中央区平野町2-2-12生駒ビルヂング3階
Icon train最寄駅
北浜駅から徒歩3分
Icon area対応地域
大阪、京都、兵庫、奈良
営業時間
9:30〜18:00
現在営業中 お問い合わせはコチラから