• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
北海道
相談内容
器物破損
刑事事件弁護士ナビ > 解決事例 > 盗撮・のぞき > 【執行猶予事例】のぞきについて被害女性と示談が成立し、執行猶予を獲得した事例

【執行猶予事例】のぞきについて被害女性と示談が成立し、執行猶予を獲得した事例

盗撮・のぞき
40代男性
罪名 解決結果
不法侵入等 執行猶予
事件の内容

相談者は、勤務先の入るビルの女性トイレ(個室)にカメラを仕掛けて個室に入った女性を撮影し、帰宅前にカメラを回収して映像を見ることを繰り返していました。しかし、女性の一人にカメラを発見され、カメラを回収に来た際に取り押さえられました。

ご相談から依頼までの経緯

依頼者はその日のうちに会社で被害者女性、上司に問い詰めれてこれまでの犯行を自供しました。被害女性やビルのオーナーから被害届が警察に出されてしまったため、当事務所に相談に来られました。このままでは逮捕もあったことから、私たちに委任されました。

弁護活動の結果

まずは被害女性,次にビルのオーナーに連絡をとりました。両者との示談は難航しましたがなんとか双方の理解を得られて示談が成立しました。会社から解雇の連絡がありましたが、会社と話し合って自主退職のかたちとしました。起訴はされてしまいましたが、反省の意思や示談の成功が認められ、執行猶予を獲得することができました。