ベンナビ刑事事件(旧:刑事事件弁護士ナビ) > 解決事例 > 少年事件 > 【少年事件|傷害】少年院送致を回避し、保護観察処分となったケース

【少年事件|傷害】少年院送致を回避し、保護観察処分となったケース

少年事件
50代男性
罪名 解決結果
傷害罪(少年犯罪) 保護観察処分
事件の内容

ご相談者の息子が、被害者に暴行を加えてしまい、全治数か月におよぶ大怪我を負わせてしまいました。

ご相談から依頼までの経緯

親としては更生をさせたいが、当本人は反省の色を見せておらず、素直に従わないところがありました。そのため少年の処分としては、少年院送致が考えられており、親としては少年院に送ることを避けたかったため、当事務所にご相談いただきました。

弁護活動の結果

両親との面談を終えた後に、早急に少年との面会を実施しました。その後も少年との面会を頻繁に行っていたことで、だんだんと事件についての話だけでなく、少年の今後の生活や私生活など様々な話をすることができるようになりました。結果、少年との信頼関係を築き上げることができたおかげで、少年は事件に対する反省が深まり、更生への道を築くことができました。そのうえで裁判所に対して、少年院送致を回避できる場合、保護観察中に保護司との面談同席などの、弁護士として最大限の努力をしたいと伝えました。最終的な処分としては、保護観察処分となり、少年院送致を免れることができました。

関連する解決事例

少年事件
10代男性
【少年院送致を何とか回避し保護観察処分で終わらせる】
少年事件
10代男性
窃盗の少年事件【試験観察を経て保護観察に】
少年事件
10代男性
【保護観察処分獲得】保護観察中の少年が再度保護観察を取得出来た事例
少年事件
10代男性
少年事件、痴漢を疑われ逮捕されたが翌日釈放されたケース
お住まいの地域を選択してください
関東
東京
神奈川
埼玉
千葉
茨城
群馬
栃木
関西
大阪
兵庫
京都
滋賀
奈良
和歌山
東海
愛知
岐阜
静岡
三重
北海道・東北
北海道
青森
岩手
宮城
秋田
山形
福島
北陸・甲信越
山梨
新潟
長野
富山
石川
福井
中国・四国
鳥取
島根
岡山
広島
山口
徳島
香川
愛媛
高知
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
熊本
大分
宮崎
鹿児島
沖縄
  • 東京
  • 大阪
  • 愛知
  • 神奈川
  • 福岡
  • その他
弁護士 新垣 義博(弁護士法人阿部・楢原法律事務所上野御徒町支部)
東京都台東区上野6-1-11平岡ビル304
不起訴/執行猶予刑事事件全般対応可刑事事件に実績多数!ご自身・ご家族が逮捕された取調べを受けているならすぐにご相談ください/難しい示談交渉も粘り強く対応します。初回相談無料
弁護士 秋元 択朗(BULWARK法律事務所)
東京都品川区西五反田1-14-6サウシーストビル4階
【被害者との示談成立に注力|オンライン相談可能】暴行・傷害事件/痴漢・盗撮・不同意わいせつなど◆迅速対応で、ご依頼者様の事件解決後の生活を見据えた解決を目指します。【弁護士直通ダイヤル|初回相談無料平日夜間休日面談可能】
《東京・八王子》あいち刑事事件総合法律事務所
東京都新宿区西新宿1-14-15タウンウエストビル9階
【刑事事件100%】【24時間365日受付】【相談料無料】
【警察から連絡がきた方】アトム法律事務所 新宿支部
東京都新宿区西新宿1-24-1エステック情報ビル20階
秘密厳守不同意わいせつ/性犯罪/痴漢/盗撮・のぞき/レイプ・強姦/児童ポルノ・児童買春警察から呼び出しを受けた通報されてしまった知らない間に捜査は進んでいます!解決を目指すなら、お早めにご相談を!
東京都の弁護士一覧はこちら
弁護士の方はこちら