• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
北海道
相談内容
器物破損
刑事事件弁護士ナビ > 解決事例 > 痴漢・わいせつ > 【強制わいせつ】示談により不起訴となった事例

【強制わいせつ】示談により不起訴となった事例

痴漢・わいせつ
40代男性
罪名 解決結果
強制わいせつ 不起訴処分
事件の内容

事件当時、依頼者は酒に酔っており、最寄り駅に到着したところ、酔いつぶれていた女性を発見し、わいせつな行為に及びました。その後、被害届が提出され、防犯カメラ映像から依頼者を特定し、警察が依頼者の自宅を訪れ、逮捕されるに至りました。

ご相談から依頼までの経緯

依頼者は、犯行を認めており、前科もなかったことから、被害者の方へ謝罪をし、勾留満期までに示談が成立すれば、不起訴となる可能性もあることを説明しました。依頼者は、奥様の了解を得て、当事務所に依頼することとなりました。

弁護活動の結果

ご依頼を受けたその日に、検察官に被害者の方と連絡を取りたい旨を伝え、翌日、被害者の方の連絡先が開示されました。被害者の方に対しては、謝罪をしたうえ、被害弁償をさせて頂きたい旨伝え、被害者の方の種々の疑問や不安に対しても、依頼者とその奥様と協力の上、最大限お応えすることを約束しました。そうしたところ、被害者の方にご了承いただき、勾留満期までに示談が成立し、依頼者は早期に釈放されることとなりました。依頼者は職を失うこともなく、奥様の協力の下、日常生活へと戻っていくことができました。

この事件を解決した事務所
【迅速対応/夜間相談】「警察から取り調べに応じるよう連絡がきた」「家族が逮捕された」そうした方はすぐにご連絡を。早期解決に向けたサポートに注力しております。お問い合わせ方法は詳細ページをご覧下さい
Icon address住所
神奈川県川崎市高津区溝口1丁目1番17号MIビル5階
Icon train最寄駅
武蔵溝ノ口・田園都市線溝の口駅(全国各地に支店あり|詳しくは事務所詳細情報をご覧ください。)
Icon area対応地域
東京都 神奈川県
営業時間
9:00〜18:00
営業時間外 お問い合わせはコチラから