【船橋】ベリーベスト法律事務所の事務所情報

刑事事件弁護士検索

刑事事件弁護士ナビ > 千葉県の刑事事件弁護士 > 千葉市の刑事事件弁護士 > 【船橋】ベリーベスト法律事務所
Office_info_202003101937_24181
Office_info_202003101937_24181 Office_info_201902271456_24182 Office_info_201902271456_24183
弁護士事務所詳細
【船橋】ベリーベスト法律事務所
千葉県
弁護士 代表弁護士 萩原達也(ベリーベスト弁護士法人/主事務所:ベリーベスト法律事務所)

千葉県千葉市本町7-11-5 KDX船橋ビル6階

Btn-map
最寄 JR総武線、東武野田線「船橋」駅より徒歩約3分、京成本線「京成船橋」駅より徒歩約5分、東葉高速鉄道「東海神」駅より徒歩約6分
利用規約個人情報保護方針に同意の上、ご連絡ください。

まずは、お気軽にお問い合わせください

050-5228-1959

08時41分現在、営業時間外となりますのでメールでのお問合せをお願いいたします(365日24時間受付中)。
翌日9:30以降、順次折り返しご連絡させていただきます。


【船橋】ベリーベスト法律事務所
08時41分現在、営業時間外となりますのでメールでのお問合せをお願いいたします(365日24時間受付中)。
翌日9:30以降、順次折り返しご連絡させていただきます。
電話で問合せする
050-5228-1959
メールで問合せする
事務所所在地
千葉県千葉市本町7-11-5 KDX船橋ビル6階

  • ※事務員が弁護士に取り次ぎます
  • ※他の電話対応中の場合、取次ぎまで時間がかかる場合があります

窃盗・万引きを弁護士が解決!

前科をつけないためには、不起訴処分を勝ち取ることが必要ですが起訴・不起訴の決定を下すのは、警察官ではなく、検事(検察官)です。

ベリーベストには、起訴・不起訴処分を「下す側」の立場であった検事を務めた弁護士が2名所属しています。

検事歴約12年 弁護士若狭一浪(大阪弁護士会)

検事歴約21年 弁護士岡山賢吾(千葉県弁護士会)

自身が検事だったことから、検事から不起訴処分を勝ち取るためには、どのようなポイントを抑えて弁護活動を行えばいいかを熟知しております。
 


このように刑事弁護はスピードとの勝負です。長期間、身柄を拘束されてしまえば、職場に対して逮捕の事実を隠せなくなり、職場をクビになってしまうケースもあります。早期に弁護活動をして、身柄釈放・職場復帰を目指すことが極めて重要です。

ベリーベストの強み

まずは刑事弁護を専門に担当しているパラリーガルがご相談内容をお伺いします。お話の中でご相談者さまにとって弁護士依頼の必要性が高ければ、30分以内に弁護士とより具体的なお話をしていただけます。
お電話での段階でも今後の事件の見通し、弁護士費用のお見積りは可能
ですので、まずはお問い合わせください。

 

解決までの流れ

お客様のお問い合わせから、ご相談~弁護士による問題解決までの流れをご案内いたします。

STEP1 お問い合わせ

逮捕されたら、まずは電話またはメールにてベリーベストまでお問い合わせください。
刑事事件は、対応スピードが非常に重要なため、お電話でお問い合わせをいただくと話が早く進み、その後の弁護活動等においても、有利に進む場合があります。そのため、電話でのご相談がおすすめです。

※ご本人様またはそのご家族・お知り合いからの相談となります。
STEP2 お電話でのヒアリング

お問い合わせ後、まずは事務員が簡単なヒアリングをさせていただきます。
その上で、法的な対処が必要と思われる場合には、すぐに弁護士にお電話を繋ぎ、弁護士からヒアリングをさせていただきます。
お電話の際には、現在の状況を整理したメモをご準備していただくと、よりお話がしやすくなります。

事務員からヒアリング
  1. どなたのご相談か(ご本人様・ご家族の方)
  2. 氏名、年齢、ご住所
  3. ご来所相談が可能か
  4. 事件の罪名
  5. 管轄の警察署、逮捕日

などについて、弁護士へお繋ぎする前にヒアリングさせていただきます。

弁護士からヒアリング

自分の状況や要望について、不利なことも含めて正直に全てお話しください。全ての情報を伝えることで、よりお客様に合った解決策をご提案できます。弁護士が知らない情報があると、あとで問題となったり、正確な費用のご案内ができない可能性もあります。

STEP3 方針のご提案・費用のご案内

お客様の現状を聞き取り、今後の事件のおおよその見通しや現状に応じた対応の提案、ご依頼いただいた場合の弁護士費用のお見積もりをご案内いたします。
ご不安があれば、どんな些細なことでも弁護士にご質問ください。

STEP4 ご来所による初回法律相談

おおよその方針や、費用の概要にご納得をいただけたら、より具体的なご相談をさせていただくため、お客様の最寄りのベリーベスト法律事務所へご来所いただきます。 そして、対面でお話しを伺った上で、より具体的な弁護活動の内容について、ご提案をさせていただきます。
当日必要な物について、詳しくは、ご相談前に事務員よりご案内させていただきます。

状況によっては、ご来所前に接見も

STEP3でヒアリングをさせていただいた状況が、緊急性を要すると弁護士が判断した場合には、ご来所をいただく前に、弁護士が警察署へと急行し、逮捕されている被疑者と接見をする場合もあります。刑事事件は、対応スピードが前科を防ぐ上で非常に重要です。状況により、弁護士が適切に判断し、ご案内させていただきます。

STEP5 初回接見

被疑者もしくは被告人の窓口となってご依頼者様に代わり、弁護士が面会を行います。
被疑者は、突然の逮捕に不安になっている方がほとんどです。中には、厳しい取り調べに対して思わず「自分がやりました」と、やってもいないのに罪を認める発言をし、その結果、前科がついてしまうケースもあります。
弁護士が被疑者本人とお話しをすることにより、状況の確認・今後の方針をお伝えし、警察等の捜査機関の取り調べに対し、不利な調書を取られないよう、アドバイスを行います。

STEP6 ご契約

弁護士からのご提案・費用にご納得いただけましたら、正式な契約を結んでいただきます。
不起訴を目指して、当事務所の刑事弁護担当の弁護士が全力でご本人様を弁護いたします。裁判においても同様に、無罪判決や執行猶予など最良の結果を得るための弁護活動を継続、フルバックアップ体制で弁護いたします。

STEP7 弁護活動

弁護士が、事案・状況に応じて適切な刑事弁護を行います。
たとえば、被害者との示談交渉を行う、逮捕中の釈放を要請する、在宅事件に切りかえるよう要請する、勾留理由の開示請求をする、勾留請求を却下・取り消しを求める、勾留延長請求の取り消しを求める、違法捜査への抗議をする、起訴猶予を求める、公判では被告人に有利な判決を求めて弁護活動を行う、などです。
刑事事件の状況が変わった場合には、ご依頼者様とご相談の上、方針を決めながら対処してきますので、ご安心ください。

STEP8 問題解決

無事、刑事事件が解決した場合には、ご依頼者様との間の契約時に定めた目的を達した場合、報酬金をいただきます。
ご相談後も、ご心配なことがあればお気軽にご連絡ください。

解決事例

窃盗事件で現行犯逮捕されたものの、早期に示談交渉を行い、不起訴に。

事件発生の経緯

Aさんは仕事のストレスから、出来心で他人の持ち物を盗んでしまい、それを見咎められて現行犯逮捕されてしまいました。

ベリーベストの対応

Aさんは反省しており、何とか示談をして前科がつかないようにして欲しいと、当事務所に相談しました。

弁護士は直ちに担当の警察官に連絡をし、Aさんが反省していることや示談をしたいことを被害者に伝えてもらいました。幸い、被害者もこちらとの交渉に応じる意向を示したことから、示談の条件を交渉し、示談しました。

弁護士は、示談の結果について捜査機関に報告し、最終的には不起訴となりました。

万引きによって警察に引き渡されたが、迅速に故意ではないことを記載した意見書を提出し、粘り強い働きかけをしたことで不起訴処分

事件発生の経緯

Aさんは量販店にて、二つ買い物かごを持っていたところ、ひとつはレジを通したが、もう一つのかごについてはレジを通さずに店外に出てしまった。店外に出たとたんに店員から万引きだと言われてそのまま警察に引き渡された。

ベリーベストの対応

片方の買い物かご(しかも高額商品が入っていた)については精算していることから、もう一つの買い物かごについては単に精算を失念していただけであり故意がないこと、勾留されると職を失う蓋然性があることなどを記載した意見書を検察官に提出。

検察官から勾留請求をされたが、同様の趣旨の意見書を裁判官にも提出し、勾留請求を阻止し早期の身柄解放に至った。

その後、検察官に対して、電話等であらためて故意がなく否認しているなかでは公判に至っても立証の可能性がないのではないか等を指摘し、不起訴の結論を得ました。

窃盗の疑いで逮捕されたものの、嫌疑不十分で不起訴処分となりました。

事件発生の経緯

Aさんは電車内で財布が落ちていることに気付き、これを拾いました。拾った後、所有者に渡そうと思ったものの、混雑で渡すことができなくなってしまいました。

すると、財布の所有者に窃盗をしたと疑われ、現行犯逮捕されてしまいました。

ベリーベストの対応

Aさんは、勾留されていたので、当弁護士が裁判所に準抗告を申し立てました。その結果、これが認められ、釈放されました。また、検察官に対し、当事務所の弁護士が本人の記憶を整理した供述調書を作成し、提出しました。

さらに、窃取行為をしていないことを示す、間接事実を指摘し、無罪であることを主張しました。その結果、嫌疑不十分であることを理由に、不起訴処分となり、前科が付かずに解決しました。


刑事弁護専門チームは満足度96%の評価をいただいております。

※お客様アンケート回答結果
集計期間:2016/2/18~2018/5/9
集計数:106件
満足度:96.5%(満足、やや満足と答えた方の合計割合)

ベリーベストは、全国の主要都市に拠点をもつ、大規模法律事務所です。
そのため、「自分は地方に住んでいるけれど、東京に働きにでている息子が逮捕されて…」「子供が旅行先で逮捕されてしまった」などの場合にも対応可能です。
全国のオフィスを繋ぐテレビ会議システムも導入しております。

 

初回相談料は60分無料!
手遅れになる前に、今すぐご相談ください。

※初回相談は、ご本人様、又はご家族の方のが初めてご相談いただいた場合、60分の相談が無料になります。

※相談内容によっては、無料相談しかねる場合もございます。詳しくはお電話にてお問い合わせください。

 

弁護士なら、示談成立しやすく、示談費用も減額してもらいやすい

①逮捕されたご本人・ご家族に代わり、被害者と示談交渉を行うことができます。

弁護士であれば、被害者の了解を得たうえで、捜査機関から被害者の連絡先を教えてもらい、示談交渉を行うことができます。
逮捕された被疑者が十分に反省していること、前科がないこと、家族や仕事の状況などを伝え、これまで通りの生活を送る必要があることなどを訴えかけ、示談交渉を行います。

②示談金を減額できる可能性が高くなります

弁護士は、法律のプロであると同時に交渉のプロでもあります。
単に減額してほしいというのではなく、弁護士が被害者側の感情にも配慮しつつ、現実的な示談の相場や被疑者の事情等をふまえた交渉を行うことで、減額してもらえる可能性が高くなります。

もしも、起訴処分となってしまった場合には、無罪判決や執行猶予など最良の結果を得るための弁護活動を継続していきます。

お気軽にお電話ください。
親身にご回答します。
050-5228-1959
メールで問合せする
弁護士事務所情報
事務所名【船橋】ベリーベスト法律事務所
弁護士 代表弁護士 萩原達也(ベリーベスト弁護士法人/主事務所:ベリーベスト法律事務所)
所属団体第一東京弁護士会(代表弁護士 萩原達也 所属)
住所 千葉県千葉市本町7-11-5 KDX船橋ビル6階
最寄駅JR総武線、東武野田線「船橋」駅より徒歩約3分、京成本線「京成船橋」駅より徒歩約5分、東葉高速鉄道「東海神」駅より徒歩約6分
電話番号050-5228-1959
対応地域 全国
定休日 無休
営業時間

平日 :09:30〜21:00

土曜 :09:30〜18:00

日曜 :09:30〜18:00

祝祭日:09:30〜18:00

営業時間備考※上記は、お電話の受付時間となります。
※拠点の営業時間とは異なりますので、ご了承ください。

■電話受付時間
平日 9:30~21:00/土日祝 9:30~18:00
※東京本店のコールセンターにて、お問い合わせの受付をいたします。

■営業時間
平日 10:00~18:00
※営業時間外(夜間・土日祝)の法律相談についてはお問い合わせください。

■営業日について
GW、年末年始等、営業を停止する場合がございます。
弁護士経歴 ■代表弁護士 萩原 達也
1999年 慶應義塾大学法学部法律学科 卒業

2000年 司法試験合格

2002年 弁護士登録

2013年 弁護士法人ベリーベスト法律事務所入所
初回相談料金体系 初回のご相談は無料で承っております。
※初回相談は、ご本人様、又はご家族の方のが初めてご相談いただいた場合、60分の相談が無料になります。
※相談内容によっては、無料相談しかねる場合もございます。詳しくはお電話にてお問い合わせください。
事務所からのお知らせ ※弁護士との相談は刑事事件案件の相談に限ります
お気軽にお電話ください。
親身にご回答します。
050-5228-1959
メールで問合せする
アクセスマップ
Btn-map-large