青森で刑事事件が得意な弁護士一覧

  • 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
北海道
相談内容
器物破損

《青森》刑事事件の加害者や逮捕された方の弁護・相談が得意な弁護士

青森で刑事事件が得意な法律事務所0件です。

刑事事件弁護士ナビ > 青森県の刑事事件弁護士

お探しのコンテンツはありません。再度検索ください。

青森県の犯罪件数と検挙率

青森県では、令和元年中に3,488件の犯罪が認知されました。そのうち1,987件が警察によって検挙されたので、発生した犯罪事件を警察が検挙した割合を示す検挙率は56.97%です。

 

過去5年間の青森県における犯罪認知件数は以下のグラフのとおり推移しています。

青森県の事件認知数・検挙数・検挙率の推移

【参考】刑法犯の状況(確定値)|青森県警察

 

青森県の犯罪認知件数は減少が続いていますが、検挙件数はほぼ横ばい状態です。認知に占める検挙の割合は増えているので、検挙率は5年間で大幅に上昇しています。

 

令和元年の検挙率は56.97%なので、5年前と比較すると13.37ポイントの上昇です。

 

平成30年における検挙率の全国平均は37.9%ですが、同年の青森県では57.41%でした。全国平均より約20ポイントも高い検挙率を誇っているので、青森県では「罪を犯せば逮捕・検挙を受けやすい」と考えておくべきです。

 

警察組織による検挙とは?

検挙といえば、一般的には逮捕をして捜査を進めるイメージがありますが、逮捕されずに検挙される場合もあります。

 

在宅捜査になれば、身体拘束を受けずに日常生活を送りながら捜査を受けることが可能です。証拠隠滅や逃亡の恐れがないと認められれば、必ずしも逮捕されるとは限りません。

 

ちなみに弁護士の働きかけにより、逮捕されたが在宅捜査に切り替えてもらえた事例があります。

逮捕されると、起訴・不起訴の確定までに最長23日間の身体拘束を受ける可能性があるので、長期拘束を避けたい場合には弁護士への相談を検討しましょう。

 

青森県で起こった犯罪の傾向

青森県では、令和元年中にどのような犯罪が認知されてきたのでしょうか?

 

青森県で発生した犯罪の種類と認知件数の状況をまとめました。

 

犯罪名

認知数

窃盗犯

2,322件

粗暴犯

329件

知能犯

244件

風俗犯

50件

凶悪犯

25件

その他

518件

【参考】刑法犯の状況(確定値)|青森県警察

 

もっとも認知数が多かったのは「窃盗犯」です。

 

窃盗犯とは、侵入盗(空き巣・忍込みなど)、非侵入窃盗(万引き、ひったくりなど)、乗り物盗の総称で、全体の66.5%を占めています。

 

粗暴犯とは暴行・傷害・脅迫など、知能犯とは詐欺・横領・偽造通貨などの総称で、風俗犯とは強制わいせつ・公然わいせつ・賭博などです。殺人・強盗などの凶悪犯も県下では毎月のように発生しているので、警察の取締りが緩むことはまずないと考えておきましょう。

 

青森県で犯罪が多い地区

令和元年中に認知された事件件数から、青森県内で犯罪が多い市町村の上位10位をランキングしました。

 

地域

犯罪認知件数

青森市

909件

八戸市

642件

弘前市

536件

五所川原市

179件

十和田市

159件

三沢市

135件

むつ市

117件

黒石市

83件

上北郡おいらせ町

75件

つがる市

61件

【参考】市町村別 刑法犯の状況(確定値)|青森県警察

 

犯罪が多い市町村をランキングすると、上位3つの都市は人口のランキングと完全に一致しました。4位以下でも若干の前後はあるものの人口のランキングとほぼ同じ順位なので「人口が多い=犯罪が多い」といえる結果がみえてきます。

 

犯罪の認知件数が多いからといって「治安が悪い」と決めつけられるのではありません。たとえば、空き巣などの侵入盗だけに注目すると、人口トップの青森市(39件)よりも2位の弘前市(55件)のほうが認知件数は上です。郡部でも、おいらせ町では車上ねらいや自動販売機ねらいなどの総称である「街頭犯罪」が市域に迫る件数を認知しています。

 

認知件数だけでは治安の良い・悪いを判断できないので、どの街でも「罪を犯せば警察に発覚してしまう」と心得ておくべきです。