• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
北海道
相談内容
器物破損
刑事事件弁護士ナビ > 解決事例 > 薬物・大麻 > 【不起訴獲得】大麻の共同所持罪で逮捕・勾留されたが不起訴となった事例

【不起訴獲得】大麻の共同所持罪で逮捕・勾留されたが不起訴となった事例

薬物・大麻
10代男性
罪名 解決結果
大麻共同所持罪 処分保留釈放後不起訴
事件の内容

依頼者は、友人と一緒に友人の車でドライブをしていたところ、警察官から職務質問と所持品検査を受け、車の中から大麻が発見された結果、大麻の共同所持罪で逮捕されました。

ご相談から依頼までの経緯

依頼者は、大麻が車の中にあるとは知らなかったとして犯行を否認しておりました。正社員として会社に勤務しており、勾留が長引いたり有罪判決を受けた場合には失職するおそれがあったため、早期の釈放及び不起訴を目指して弁護活動を行っていくこととなりました。

弁護活動の結果

取調べでは完全に黙秘をすることとしました。依頼者は年齢が若く、黙秘をすることによる精神的な負担も大きかったため、毎日のように面会に行って励ますようにしておりました。黙秘をしていたこともあり、逮捕後勾留されてしまいましたが、勤務先の会社には丁寧に状況を説明し、職場復帰を待っていただけることになりました。そして、検察官に対して不起訴を求める意見書を提出して説得した結果、依頼者は勾留期間の満期に処分保留で釈放され、その後不起訴処分を得ることができました。

この事件を解決した事務所
【夜間・休日は弁護士への直通電話】【迅速対応】窃盗・薬物犯罪・痴漢など幅広いご相談に対応!弱い立場に立たされてしまった方の人権を守るべく、最後まで味方として寄り添い、サポートさせていただきます。
Icon address住所
東京都港区虎ノ門1-1-11 マスダビル5階A号室
Icon train最寄駅
虎ノ門
Icon area対応地域
東京都
営業時間
10:00〜22:00
現在営業中 お問い合わせはコチラから