• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
北海道
相談内容
器物破損
刑事事件弁護士ナビ > 解決事例 > 暴行罪・傷害罪 > 【不起訴獲得・前科回避】在宅捜査中に示談を成立させた事例

【不起訴獲得・前科回避】在宅捜査中に示談を成立させた事例

暴行罪・傷害罪
20代男性
罪名 依頼費用 解決結果
暴行 50万円 不起訴処分
事件の内容

依頼者は、他人に暴力を振るったとして書類送検されました(逮捕はされず)。

ご相談から依頼までの経緯

依頼者は、捜索・差押を受けましたが、逮捕はされず、いわゆる在宅事件として捜査が進められていました。
取調に当たって不安があり、刑事手続全般についてサポートして欲しいとのことで、当職に刑事弁護を依頼されました。

弁護活動の結果

①被害者と示談交渉を行い、被害者に、示談書、被害届の取下書、減刑を求める嘆願書を作成してもらうことに成功しました。
②検察官に対し、取調に同席するよう求めましたが、同席は拒否されました。その後、検察官と交渉し、取調の最中、弁護人が検察庁内の別室において待機し、依頼者と随時相談することを認めさせました。
③不起訴処分を求める意見書を検察官に提出したところ、検察官は依頼者を不起訴処分としました。
④最終的に、依頼者は普段の生活に戻ることができました。

この事件を解決した事務所
【電話・オンライン相談可能】【即日接見可】【完全個室】【駅直通の好アクセス】早期釈放の実績多数!相談から解決まで一貫して対応致します。刑事弁護は弁護士門屋にお任せ下さい!《料金表は写真をクリック!》
Icon address住所
東京都千代田区丸の内3-4-1新国際ビル817区
Icon train最寄駅
有楽町駅 日比谷駅 駅直結
Icon area対応地域
東京・埼玉・群馬・神奈川・千葉・茨城
営業時間
09:00〜21:00
営業時間外 お問い合わせはコチラから
 050-5228-2031
事務所のメールまたはLINEで問い合わせをする
Pc mail modal
LINEお友達追加