• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
北海道
相談内容
器物破損
刑事事件弁護士ナビ > 解決事例 > 暴行罪・傷害罪 > 被害の大きい傷害事件で、控訴審になって執行猶予判決を獲得した事例

被害の大きい傷害事件で、控訴審になって執行猶予判決を獲得した事例

暴行罪・傷害罪
40代男性
罪名 解決結果
傷害罪 執行猶予判決・控訴審
事件の内容

依頼者は、駅構内でトラブルになった被害者に対し、殴る蹴るなどの暴行を加え、ケガを負わせたとして、傷害罪(刑法204条。法定刑は、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金)で逮捕されました。

なお、被害者は複雑骨折し、後に労災で後遺症認定を受けました。

ご相談から依頼までの経緯

依頼者は、第一審段階では被害者との間で示談ができず、また傷害事件の中でも被害が大きかったことから、懲役1年4月の実刑判決を受けました。

その後、依頼者は、第一審判決の量刑に不服があり、控訴をし、控訴審から弁護を担当することになりました。

弁護活動の結果

依頼後、速やかに被害者(被害者代理人の弁護士)と連絡を取り、折衝を重ねた結果、依頼者も納得できる金額での示談を行うことができました。

そして、被害者から、「実刑判決を望まない」旨の書面を取り付けることができた結果、控訴審で原判決が破棄され、執行猶予判決が獲得できました。

この事件を解決した事務所
【高田馬場◆早期釈放/示談交渉に自信/不起訴実績多数】ご家族が逮捕された方/警察から呼び出しを受けている方、すぐにご相談を◆その後の人生をやり直せるようなサポートを目指します◆被害者側サポートも注力
Icon address住所
東京都新宿区高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル202
Icon train最寄駅
高田馬場駅
Icon area対応地域
東京都|埼玉県|千葉県|神奈川県
営業時間
09:00〜21:00
現在営業中 お問い合わせはコチラから