• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
北海道
相談内容
器物破損
刑事事件弁護士ナビ > 解決事例 > 薬物・大麻 > 大麻で逮捕されたものの準抗告によって釈放された事例

大麻で逮捕されたものの準抗告によって釈放された事例

薬物・大麻
30代男性
罪名 依頼費用 解決結果
大麻取締法違反 80万円 執行猶予判決
事件の内容

大麻の入った荷物を公共の場に置き忘れ、落とし物を届けられた警察により大麻が発見、押収された。

ご相談から依頼までの経緯

落とし物保管所へ荷物の回収へ出向いた際に、臨場していた警察官により現行犯逮捕された。
親族の依頼により、逮捕直後から弁護活動を行った。
初回接見後、速やかに準抗告申立てを行い、これが認容されたことで依頼者は釈放され在宅事件へ切り替わった。
依頼者は社会的地位があり勤勉であったこと、妻と子があったことも準抗告認容判断へ傾く事実関係だったといえる。
その後、起訴はされたものの、初犯であったことから執行猶予判決となった。

弁護活動の結果

薬物事犯で逮捕勾留されてしまうと、勾留満期まで釈放されないことが通例です。
しかし、本件のように準抗告が認容されるケースもあります。
そのため、わずかの可能性にかけて準抗告によって釈放を求める弁護活動は重要です。

この事件を解決した事務所
加害者側弁護に注力!解決実績1044件
【加害者側のみ無料相談】 #90%の示談成立実績#逮捕回避に精通 #示談して欲しい!#嫌疑を晴らしたい! #後日逮捕を回避したい#直ぐに釈放して欲しい 弁護士10名が絶対に諦めない弁護でご要望に応えます。
Icon address住所
大阪府大阪市西区西本町1-7-1信濃橋FJビル4階
Icon train最寄駅
本町駅(御堂筋線、四つ橋線、中央線) 四ツ橋線27番出口を出て右手のビル 中央線19番出口 御堂筋線5番出口
Icon area対応地域
大阪、京都、奈良、兵庫
営業時間
08:00〜23:59
現在営業中 お問い合わせはコチラから
 050-5228-4925
事務所のメールまたはLINEで問い合わせをする
Pc mail modal
LINEお友達追加