• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
北海道
相談内容
器物破損
刑事事件弁護士ナビ > 解決事例 > 性犯罪 > 【不起訴事例】被害女性と示談が成立し、不起訴となった事例

【不起訴事例】被害女性と示談が成立し、不起訴となった事例

性犯罪
20代男性
罪名 解決結果
強制性交等罪 不起訴
事件の内容

ナンパして泥酔した女性を自宅に連れ込み、性交に及んだところ、目が覚めた女性から「性交するつもりはなかった。無理矢理された」と強く抗議され、女性の彼氏からも強い抗議がありました。依頼者は当初、「合意があった」と言っていたのですが、実際は性交中、女性はほとんど意識がなかったとから、実際には女性の同意は無かったと言わざるを得ない状態でした。

ご相談から依頼までの経緯

依頼者は当初、「どうせお金目的だろ」と逃げ回っていたのですが、友人に説得され、当事務所に相談に来られました。私たちからお話を聞くうちにことの重大さを理解され、女性にきちんと対応しなければ重い処分を受ける可能性も十分あることから、私たちに委任されました。

弁護活動の結果

まずは被害女性に連絡をとりました。当初、被害女性とは連絡がとれませんでしたが、なんとか連絡をとった後、女性と面談することに成功しました。当初依頼者が逃げ回っていたこともあって女性の怒りは激しく、女性からは高額の示談金の要求がありましたが、予定の金額内での示談に成功しました。後日、示談書を警察に提出し、最終的には不起訴となりました。