• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
北海道
相談内容
器物破損
刑事事件弁護士ナビ > 解決事例 > 窃盗罪・万引き > 【不起訴事例】万引きで警察に呼び出され、取り調べを受けたが、不起訴となった事例

【不起訴事例】万引きで警察に呼び出され、取り調べを受けたが、不起訴となった事例

窃盗罪・万引き
40代女性
罪名 解決結果
窃盗罪 不起訴
事件の内容

専業主婦としての日々の生活でのストレスから、よく買い物に行くスーパーでの万引きを繰り返してしまうようになってしまった女性。不審な様子を店側にマークされていたことによりついに現場を取り押さえられ、そのまま警察へ引き渡された。

ご相談から依頼までの経緯

引き渡された当日は逮捕されず、後日の取り調べ日を告げられてその日は解放されたが、いつ逮捕されるかもしれないという恐怖から、その日のうちに当事務所に相談がありました。同じスーパーで繰り返された万引きであり余罪の追及がある可能性が高く、また、近所のスーパーでの事件であったため、現場検証をされてしまうと知り合いに事件を知られてしまうということを心配しておられました。

弁護活動の結果

覚えている限りの万引きの被害品を思い出してもらい、その被害額に金額を上乗せした慰謝料を店側に提示して交渉しました。店側も当初怒りが強く、話し合いにすら応じてもらえませんでしたが、何度か訪問して説得したところで示談交渉に応じてもらうことができました。その結果を検察官に提示して交渉したところ、不起訴となりました。