• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
北海道
相談内容
器物破損
刑事事件弁護士ナビ > 解決事例 > 薬物・大麻 > 【覚醒剤】執行猶予付判決、県外への保釈を獲得した事例

【覚醒剤】執行猶予付判決、県外への保釈を獲得した事例

薬物・大麻
50代男性
罪名 解決結果
覚醒剤取締法違反 執行猶予判決
事件の内容

依頼者は、自ら売人から購入した覚醒剤を使用してしまいました。職務質問を受けた際に覚醒剤を所持していたため、現行犯逮捕されてしまいました。また、20年以上前ですが、同種の前科があり、そのほかにも前科・前歴がありました。

ご相談から依頼までの経緯

依頼者は、自らの意思で覚醒剤を使用したことを認めており、同居のお母様と奥様のご理解を得られるとのことで、弁護人の協力の下、執行猶予及び保釈に向けて早期に準備を進めていくべきことをお伝えし、ご依頼をいただくこととなりました。

弁護活動の結果

起訴後、速やかに保釈請求を行い、県外に位置する自宅を制限住居とした保釈の許可を獲得いたしました。公判向けては、依頼者本人に対して、覚せい剤がなぜ違法とされているのかを自ら考えてもらい、自助団体への講習に参加予定であることや、奥様に情状証人として出廷していただくことを重ね、執行猶予付判決を獲得することができました。

この事件を解決した事務所
【迅速対応/夜間相談】「警察から取り調べに応じるよう連絡がきた」「家族が逮捕された」そうした方はすぐにご連絡を。早期解決に向けたサポートに注力しております。お問い合わせ方法は詳細ページをご覧下さい
Icon address住所
神奈川県川崎市高津区溝口1丁目1番17号MIビル5階
Icon train最寄駅
武蔵溝ノ口・田園都市線溝の口駅(全国各地に支店あり|詳しくは事務所詳細情報をご覧ください。)
Icon area対応地域
東京都 神奈川県
営業時間
9:00〜18:00
営業時間外 お問い合わせはコチラから