刑事事件弁護士ナビ > 解決事例 > 薬物・大麻 > 【覚醒剤】執行猶予付判決、県外への保釈を獲得した事例

【覚醒剤】執行猶予付判決、県外への保釈を獲得した事例

薬物・大麻
50代男性
罪名 解決結果
覚醒剤取締法違反 執行猶予判決
事件の内容

依頼者は、自ら売人から購入した覚醒剤を使用してしまいました。職務質問を受けた際に覚醒剤を所持していたため、現行犯逮捕されてしまいました。また、20年以上前ですが、同種の前科があり、そのほかにも前科・前歴がありました。

ご相談から依頼までの経緯

依頼者は、自らの意思で覚醒剤を使用したことを認めており、同居のお母様と奥様のご理解を得られるとのことで、弁護人の協力の下、執行猶予及び保釈に向けて早期に準備を進めていくべきことをお伝えし、ご依頼をいただくこととなりました。

弁護活動の結果

起訴後、速やかに保釈請求を行い、県外に位置する自宅を制限住居とした保釈の許可を獲得いたしました。公判向けては、依頼者本人に対して、覚せい剤がなぜ違法とされているのかを自ら考えてもらい、自助団体への講習に参加予定であることや、奥様に情状証人として出廷していただくことを重ね、執行猶予付判決を獲得することができました。

関連する解決事例

薬物・大麻
10代男性
【不起訴獲得】大麻の共同所持罪で逮捕・勾留されたが不起訴となった事例
薬物・大麻
30代男性
実刑濃厚の覚せい剤事件で執行猶予を得た事例
お住まいの地域を選択してください
関東
東京
神奈川
埼玉
千葉
茨城
群馬
栃木
関西
大阪
兵庫
京都
滋賀
奈良
和歌山
東海
愛知
岐阜
静岡
三重
北海道・東北
北海道
青森
岩手
宮城
秋田
山形
福島
北陸・甲信越
山梨
新潟
長野
富山
石川
福井
中国・四国
鳥取
島根
岡山
広島
山口
徳島
香川
愛媛
高知
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
熊本
大分
宮崎
鹿児島
沖縄
  • 東京
  • 大阪
  • 愛知
  • 神奈川
  • 福岡
  • その他
ウィンズロー法律事務所|東京・有楽町駅直結・近県対応可
東京都千代田区丸の内3-4-1新国際ビル8階827区
【東京・近県対応】親御さんからの相談OK!特殊詐欺の弁護&逮捕後のサポートに自信有り!刑事弁護チームが迅速対応!まずは詳細ページをご覧下さい【逮捕された家族の状況を知りたい方・早期解決を目指したい方】
▼有楽町駅直結▼Winslaw法律事務所
東京都千代田区丸の内3-4-1新国際ビル8階827区
【捜査中の方専用ダイヤル】暴行・傷害・痴漢・万引き対応中!社会復帰が難しくなる前に早めの相談を!警察から連絡or出頭要請を受けた・捜査中の方、まずは事務所詳細ページ↓へ!【東京・有楽町駅直結・近県対応】
【最速翌日釈放実績あり】藤井鉄平法律事務所
東京都千代田区神田駿河台3丁目5番15号荒井ビル4階
ご家族の逮捕、最速翌日釈放実績あり接見希望のご予約ダイヤル◆痴漢・盗撮等の対応実績100件以上◆秘密厳守◆ご家族の逮捕は72時間以内の初期対応が重要◆不起訴に向けてスピード対応《詳細は写真をクリック》
弁護士法人浅野総合法律事務所
東京都中央区銀座7丁目4番15号RBM銀座ビル8階
初回相談0円弁護士直通電話即日対応逮捕直後/警察から呼出を受けた直後◎刑事事件に関与してしまったらすぐにご相談を!実績豊富な弁護士が、今後の生活を守るべくスピーディに対応【※秘密厳守
東京都の弁護士一覧はこちら