• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
北海道
相談内容
器物破損
刑事事件弁護士ナビ > 解決事例 > 痴漢・わいせつ > 【痴漢・不起訴】電車内での痴漢、前科はあったが示談が成立し不起訴処分となった事例

【痴漢・不起訴】電車内での痴漢、前科はあったが示談が成立し不起訴処分となった事例

痴漢・わいせつ
20代男性
罪名 解決結果
迷惑防止条例違反 不起訴処分
事件の内容

電車内で衣類の上から女性の臀部を触った事案。以前に痴漢行為での前科有。

ご相談から依頼までの経緯

電車内で痴漢行為をしてしまったというご本人から、ご相談をお受けしました。
痴漢事件では、行為の内容や前科前歴の有無で、処分が大きく変わるため、まずは詳細をお伺い致しました。
ご事情をお伺いすると、ご相談者様には以前同様の痴漢行為で、前科があることが判明しました。
痴漢事件自体は、被害者との示談成立で不起訴処分になる可能性が高い事件類型ではありますが、前科がある場合、示談が成立したとしても、不起訴処分となる保証はありません。その旨をお伝えしましたが、被害者への謝罪を強くご希望されたため、ご依頼をお受けしました。

弁護活動の結果

前科も考慮し、まずは被害者へ示談交渉を申し入れました。粘り強い交渉の末、被害者には示談に応じていただくことができました。示談の他、ご本人には性依存症治療のクリニックを受診してもらい、治療を行ってもらいました。
示談書と治療を受けている旨等検察官に提出し、今回は不起訴処分を獲得することができました。
こうした同種前科があり、痴漢行為をやめられない場合、私は性依存症治療を勧めています。悪いことと認識しながらも、自分の意思でやめられないのは、性依存の可能性があるからです。ご自身ではなかなか抜け出せないからこそ、こうした行為をしてしまった場合は、犯罪と無縁の生活がおくれるよう、サポート致します。