• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
北海道
相談内容
器物破損

山手法律事務所の事務所情報

刑事事件弁護士検索

Office info 201909031631 25091 w500
Office info 201909031631 25091 w500 Office info 201910101304 25092 w500 Office info 201910101304 25093 w500
弁護士事務所詳細
山手法律事務所
東京都
弁護士 山手正史

東京都港区芝5-20-7グランドメゾン三田303

Btn map
最寄 地下鉄三田駅 A7出口 徒歩1分  JR田町駅 徒歩3分
利用規約個人情報保護方針に同意の上、ご連絡ください。

まずは、お気軽にお問い合わせください

電話番号 050-5228-1969

現在、相談受付時間外です。

お伺いする個人情報は,守秘義務に従い,相談対応以外の目的では利用しません。
弁護人選任予定の方専用の相談ダイヤルにつき,ご質問のみはお受けできません。

  • 性犯罪
  • 痴漢・わいせつ
  • 買春・援助交際
  • 盗撮・のぞき
  • 暴行罪・傷害罪
  • 殺人罪
  • 恐喝罪・脅迫罪
  • 器物破損
  • 窃盗罪・万引き
  • 横領罪・背任罪
  • 詐欺罪
  • 薬物・大麻
  • ひき逃げ・当て逃げ
  • 少年事件
山手法律事務所
※現在は営業時間外となります。メール問合せのご利用をオススメします。
電話で問合せする
050-5228-1969
メールで問合せする
事務所所在地
東京都港区芝5-20-7グランドメゾン三田303

【慶應義塾大学法科大学院教授・関東管区警察学校講師】
広く深い法律知識でサポート

弁護士山手は、これまで40年以上法律学研究に携わり、関東管区警察学校にて17年間講師を務めてまいりました。

その間、多くの裁判官、検察官、弁護士、幹部警察職員、企業・官公庁の法律専門職員を世に送り出してまいりました。

現在も、慶應義塾大学法科大学院で教授を務め、関東管区警察学校の講師も務めております。

長年の功績により、慶應義塾からは特選塾員に叙され、関東管区警察学校からは感謝状を授与されました。

大学教授として研究・教育に邁進することこそが自らの職責であると考えてきましたが、弁護士や企業の法務部員である友人や教え子などから法律の相談をしばしば持ち込まれるにつけ、自らの研究蓄積を現実社会に直接還元することもまた与えられた使命ではないかと考えるようになり、弁護士業務にも携わるようになりました。

単に「弁護士」であるだけでなく、「慶應義塾大学法科大学院教授」「関東管区警察学校講師」であるからこそなしうるリーガル・サポートがございます。

お気軽にお問い合せいただき、実際にお話しさせていただいたうえで、ご依頼をご検討ください。
 

弁護士直通電話》「ご家族が逮捕された」と連絡があった方、まずお電話ください

刑事事件は時間との勝負です。

ご家族・友人・恋人が逮捕された、犯罪被害に遭われた、という方は速やかに弁護士にご相談ください。

当ページからいただくお電話は弁護士直通となっておりますので、弁護士自ら直接お話をおうかがいし、状況に応じた迅速な対応をとることができます。
(※お電話が繋がらない場合でも弁護士より折り返しご連絡をいたしますのでご安心ください。)
 

迅速に対応することで解決結果は大きく変わります

弁護士山手は、逮捕された方が日常生活に戻られることが「解決」であると考えております。それに向けて、知見と経験を駆使し、24時間、極めて迅速に対応いたします。
 

  • 逮捕された方の早期釈放・保釈
  • 被害者との示談交渉
  • 不起訴を目指しての検察官との交渉
  • 起訴された場合の執行猶予判決の獲得
  • 犯罪被害に遭われた方の代理人

など、さらにはこれら以外のことも、最良の結果を求めて、最善を尽くします。
 

弁護士費用が不安な方もご安心ください!

受任に際しては、ご相談者様の経済状況を考慮させていただきます。

「突然の出来事でまとまったお金を用意できない…」など、費用の面でご不安をお持ちの方もお気軽にご相談ください。

クレジットカードによるお支払い、分割払いも可能です。
 

外国人の方のリーガル・サポートも万全です!

当事務所には、某国の大使館に長年勤務しておりました英語とフランス語に堪能な専任スタッフがおります。

中国語、韓国語・朝鮮語それぞれネイティブの非常勤スタッフもそろっております。

外国人の方のビザの取得・更新からキャリア形成支援に至るまで、外国人の方のサポートに特化した行政書士事務所との提携もいたしております。

日本人の場合、執行猶予判決を取れば日常生活や社会復帰に支障はありませんが、外国人の方の場合は、執行猶予が付いても有罪判決を受けると国外退去の問題が出てまいります。

したがって、まずは不起訴、また、起訴された場合は無罪判決を目指すとともに、事件解決後のフォローについても万全の体制を整えております。
 

加害者側の刑事弁護に迅速さが求められる理由

①取調べで不利な証言をしてしまう可能性

逮捕後72時間以内に面会が許されているのは弁護士だけです。

その間にも取調べは進んでいますが、ご家族であっても状況を知ることはできません

弁護士が今後の流れ、職場・学校への対応などをご説明し、取調べ時のアドバイスなどを行うことによって、逮捕された方が不利な状況に陥ることがないようサポートいたします。
 

②身柄拘束により解雇・退学のリスクが高くなる

身柄拘束を受けている期間が長引くにつれて、職場や学校への弁明が難しくな、解雇・退学のリスクが高まります。

そのため、弁護士山手はお話をおうかがいし、逮捕された方の状況に応じて、身柄解放を実現するべく迅速に乗り出します。
 

③前科がつくことで職業や資格に制限が生じることも

起訴された場合の有罪率は99%以上です。

有罪判決を受ければ、すなわち、前科が付くと、取得できる国家資格が制限されたり、一部の公務員をはじめとして一定の職に就くことが不可能になります。その結果、今後の人生や暮らしに大きな影響を与えかねません。

起訴までは最大23日間しかないため、その間に適切な弁護を受けるか否かで、今後の人生が決まると言っても過言ではありません。

大切な方の人生を守るため、まずは弁護士山手にご連絡ください。

お気軽にお電話ください。
親身にご回答します。
電話番号 050-5228-1969
弁護士事務所情報
事務所名山手法律事務所
弁護士 山手正史
所属団体東京弁護士会
住所 東京都港区芝5-20-7グランドメゾン三田303
最寄駅地下鉄三田駅 A7出口 徒歩1分  JR田町駅 徒歩3分
電話番号050-5228-1969
対応地域 全国
定休日 無休
営業時間

平日 :07:00〜23:00

土曜 :07:00〜23:00

日曜 :07:00〜23:00

祝祭日:07:00〜23:00

営業時間備考電話に出られない際はこちらから折り返しますのでご安心ください。
お気軽にお電話ください。
親身にご回答します。
電話番号 050-5228-1969
アクセスマップ
Btn map large