• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
北海道
相談内容
器物破損
刑事事件弁護士ナビ > 解決事例 > 薬物・大麻 > 【一部執行猶予事例】刑を実質的に約半分に短縮した事例

【一部執行猶予事例】刑を実質的に約半分に短縮した事例

薬物・大麻
30代男性
罪名 解決結果
覚せい剤取締法違反 懲役2年(実質1年)
事件の内容

覚せい剤取締法違反の事例

ご相談から依頼までの経緯

依頼者は罪を認めていましたが、依頼者には同種前科があったため、実刑は避けられない状況で、いかに刑期を短縮できるかが勝負でした。

依頼者は生まれた時から身寄りがなく、施設暮らしで、情状証人を探すのが困難でしたが、ともかくも、依頼後、直ちに情状証人を探すことにしました。

弁護活動の結果

依頼者からこれまでの生育歴・職歴等を詳しく聞き取り、子供の時にお世話になった施設の長と、逮捕直前まで勤めていた勤務先の経営者の2人に、情状証人になってもらうことができ、依頼者の出所後の支援を約束する旨、力強く証言してくれました。

裁判官は、これらの証言を評価し、前科があるため懲役2年という刑であるものの、実質的には1年で出所できることになりました。

この事件を解決した事務所
【弁護士直通電話】 》》お電話・メールでのお問い合わせ方法は写真をクリック!《《 
【着手金22万円~(税込)】◆警察の介入や連絡を受けた方◆呼び出しを受けている方◆解雇・懲戒・前科は避けたい|身柄拘束の阻止|前科回避を目指した刑事弁護は横溝へお任せください
Icon address住所
東京都港区西新橋1-20-3 虎ノ門法曹ビル201
Icon train最寄駅
新橋駅/内幸町駅/虎ノ門駅
Icon area対応地域
東京都 ・埼玉県・千葉県・神奈川県
営業時間
10:00〜20:00
営業時間外 お問い合わせはコチラから