• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
北海道
相談内容
器物破損
刑事事件弁護士ナビ > 解決事例 > 暴行罪・傷害罪 > 【不起訴獲得】強盗致傷罪で逮捕されたが、不起訴を獲得した事例

【不起訴獲得】強盗致傷罪で逮捕されたが、不起訴を獲得した事例

暴行罪・傷害罪
30代男性
罪名 解決結果
強盗致傷罪 不起訴
事件の内容

被疑者は酒に酔った勢いで、被害店舗から商品を奪い、止めようとした店員に暴行を加え、傷害を追わせてしまいました。
被疑者は逮捕され、接見禁止付きで20間勾留されました。

ご相談から依頼までの経緯

被疑者は犯行を認めており、被害者に謝罪したいと考えていました。
また、実刑を受けると、失職し家族に大きな迷惑をかけると不安を覚えていました。

強盗致傷罪の法定刑は禁固6年以上とされ、執行猶予も付かない可能性が高いため、実刑を回避するには、強盗致傷罪を成立させないことが必須でした。

弁護活動の結果

早急に被害者と連絡を取り、依頼者が反省していること、被害弁償を行う意思があることなどを説明するとともに、当時の状況を聞き取り、示談交渉を進めました。

捜査機関に対し、被害者から聞き取った事情や、被害者の怪我の程度から推測される依頼者の暴行の程度を説明し、強盗には該当しないとの意見を提出しました。

結果、被害者との示談は成立し、宥恕を受けることもできました。
また、罪名も強盗致傷から窃盗・傷害に変更となり、不起訴処分となりました。

この事件を解決した事務所
【窃盗・少年事件・恐喝・横領など】LINE/メールでご面談予約24時間受付中!
【交渉力に自信!スピード対応】逮捕された家族の状況を知りたい/逮捕されそうな心当たりがある方は、すぐにご連絡を|経験豊富な弁護士があなたを全力でサポートいたします【初回面談0円|駅チカ】
Icon address住所
神奈川県横浜市神奈川区金港町5-36 東興ビル7階
Icon train最寄駅
JR横浜駅「きた東口A」徒歩1分
Icon area対応地域
関東全域
営業時間
09:00〜20:00
営業時間外 お問い合わせはコチラから
 050-5228-4932
事務所のメールまたはLINEで問い合わせをする
Pc mail modal
LINEお友達追加