器物損壊罪に関する事件の解決事例一覧

当サイトに掲載されている法律事務所から寄せられた解決事例をご紹介いたします。

13

器物損壊罪に関する事件の解決事例 113 件表示

器物損壊罪
30代男性
【再度の執行猶予】執行猶予中の再犯で再度の執行猶予判決を獲得
器物損壊罪
70代男性
【放火事件】未関与のはずの事件で疑われたが、「被疑者」から外れることができた事例
器物損壊罪
30代男性
【放火事件】重大な犯罪を疑われたが、無罪判決を獲得できた事例
器物損壊罪
30代女性
第三者に無実の犯罪を通報されたが、無罪判決を獲得できた事例
器物損壊罪
20代女性
現住建造物放火の裁判員裁判事件での弁護活動
器物損壊罪
30代男性
【勾留請求却下!】逮捕直後のご連絡で週明けには会社に復帰できたケース
器物損壊罪
30代男性
早期釈放し、ご相談者様の仕事への影響を出さなかった事例
器物損壊罪
40代男性
【早期釈放・不起訴】逮捕後3日以内に釈放され、その後に不起訴となった事例
器物損壊罪
40代男性
早期釈放、不起訴処分の獲得
器物損壊罪
30代男性
現住建造物等放火既遂事件で、処分回避
器物損壊罪
20代男性
【住居侵入及び器物損壊罪で早期身柄解放を実現したケース】
器物損壊罪
30代男性
【放火→逮捕からの身柄解放、執行猶予】被害甚大にもかかわらず実刑を免れる
弁護士の方はこちら