香川で刑事事件が得意な弁護士一覧

  • 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
北海道
相談内容
器物破損

《香川》刑事事件の加害者や逮捕された方の弁護・相談が得意な弁護士

香川で刑事事件が得意な法律事務所19件です。

刑事事件弁護士ナビ > 香川県の刑事事件弁護士
利用規約個人情報保護方針に同意の上、各法律事務所にご連絡ください。
19 件の 刑事事件が得意な 弁護士の検索結果一覧 115件を表示
【弁護士直通ダイヤル|秘密厳守】【経験34年の弁護士在籍】◆痴漢・盗撮・暴行etc…解決実績多数◆即接見可能、手遅れになる前に相談を!
  • 痴漢・わいせつ
  • 暴行罪・傷害罪
  • 殺人罪
  • 窃盗罪・万引き
  • 詐欺罪
  • 薬物・大麻
Icon address住所
香川県高松市磨屋町2-8あなぶきセントラルビル5F
Icon train最寄駅
高松駅より徒歩約10分 リーガホテルゼスト高松の隣、あなぶきセントラルビル5階
Icon area対応地域
香川|徳島|高知
営業時間
09:00〜18:00
営業時間外 お問い合わせはコチラから

【年間100件越の相談実績、不起訴処分多数の実績経験豊富【弁護士2名体制による早期対応に自信】家族が逮捕された方、前科をつけたくない方、早期示談したい方、勾留されたくない方、ご相談下さい

  • 性犯罪
  • 痴漢・わいせつ
  • 買春・援助交際
  • 盗撮・のぞき
  • 暴行罪・傷害罪
  • 殺人罪
  • 恐喝罪・脅迫罪
  • 器物破損
  • 窃盗罪・万引き
  • 横領罪・背任罪
  • 詐欺罪
  • 薬物・大麻
  • ひき逃げ・当て逃げ
  • 少年事件
Icon address住所
香川県高松市瓦町2-7-14フォルテ瓦町駅前ビル5階
Icon train最寄駅
高松琴平電気鉄道 瓦町駅より徒歩2分
Icon area対応地域
香川、愛媛、高知、徳島、福岡、大阪、岡山
営業時間
08:00〜21:00
営業時間外 お問い合わせはコチラから
香川県のご相談に対応可能な、他県の弁護士・法律事務所を見る
19 件の 刑事事件が得意な 弁護士の検索結果一覧 115件を表示

香川県の犯罪件数と検挙率

香川県では、令和元年中に4,962件の犯罪が認知され、2,688件が事件として警察の手で検挙されました。

 

発生した犯罪事件を警察が検挙した割合は54.17%で、実に半数以上の事件が検挙されています。

 

過去5年間の香川県における犯罪認知件数の推移は、以下のグラフのとおりです。
 

【参考】刑法犯認知件数及び検挙件数(罪種別)|香川県警察 犯罪白書|法務省

 

犯罪の認知件数の推移をみると、5年間で2,250件が減少しています。その反面で、検挙件数は大きな変動がないまま横ばい状態です。


認知件数が大幅に減少しながら検挙件数は変動していないため検挙率は大きく向上しており、事件を起こせば「半数以上は検挙される」という状況になっています。

 

なお、令和元年版の犯罪白書によると、平成30年における検挙率の全国平均は37.9%です。

 

香川県は平均を越える検挙率を記録しており、全国的にみても「逮捕・検挙されやすい地域」だといえるでしょう。

 

警察組織による検挙とは?

検挙といえば、一般的には逮捕をして捜査を進めるイメージがありますが、逮捕されずに検挙される場合もあります。

 

在宅捜査になれば、身体拘束を受けずに日常生活を送りながら捜査を受けることが可能です。証拠隠滅や逃亡の恐れがないと認められれば、必ずしも逮捕されるとは限りません。

 

ちなみに弁護士の働きかけにより、逮捕されたが在宅捜査に切り替えてもらえた事例があります。

 

逮捕されると、起訴・不起訴の確定までに最長23日間の身体拘束を受ける可能性があるので、長期拘束を避けたい場合には弁護士への相談を検討しましょう。

 

香川県で起こった犯罪の傾向

令和元年に香川県で発生した犯罪事件は4,962件で、66.9%にあたる3,324件を窃盗犯が占めています。


犯罪の種類と認知件数の状況は以下の表のとおりです。

犯罪名

認知数

窃盗犯

3,324件

粗暴犯

465件

知能犯

221件

風俗犯

63件

凶悪犯

39件

【参考】刑法犯認知件数及び検挙件数(罪種別)|香川県警察

 

窃盗犯とは、空き巣などのように不法な侵入をもちいる「侵入盗」、万引きなど侵入を伴わない「非侵入盗」、自転車やオートバイなどを盗む「乗り物盗」の総称です。

 

ここで注目すべきは、ある1年の件数だけではありません。

 

前年にあたる平成30年の内訳と比較すると、窃盗犯は412件の減少ですが、一方で暴行・傷害などの粗暴犯は98件の増加、殺人・強盗などの凶悪犯は11件の増加です。

 

甚大な被害を伴わないことが多い犯罪が減少していながらも、怪我や死亡のリスクがある凶悪犯罪が増加している状況は無視できません。

 

犯罪の認知件数が減少しても、凶悪犯罪が増加しているため警察が取締りの手を緩めるとは考えられず「罪を犯せば逮捕・検挙される」という体制はますます強力になっていく可能性があります。

香川県で犯罪が多い地区

香川県警察がホームページで公開しているデータをもとに、香川県内で認知された事件件数の地域別ランキングの上位10位をまとめました。

 

以下の表は、令和2年1月から5月までに認知した犯罪事件の件数を警察署別にランキングしたものです。

地域

犯罪認知件数

高松北警察署

517件

丸亀警察署

391件

高松南警察署

294件

坂出警察署

204件

高松東警察署

102件

観音寺警察署

81件

三豊警察署

73件

さぬき警察署

71件

高松西警察署

66件

琴平警察署

53件

【参考】犯罪情勢【刑法犯認知状況】|香川県警察

 

香川県の人口は平成31年4月の時点で約475,000人です。そのなかでも半数弱にあたる約205,000人が高松市に集中しており、犯罪件数も高松北・南・東・西の4署で合計979件を認知しています。

 

1位の高松市以下、人口のランキングと犯罪認知件数のランキングはおおむね一致しているので「人口の多さ=犯罪の件数」という方程式がそのまま当てはまっているといえる状況です。

 

つまり、香川県内では人口が集中している高松市で多くの犯罪事件が認知されているとはいえ、全体的に治安情勢は安定しているといえるでしょう。

オンライン面談可能な
事務所を表示