大阪刑事民事法律事務所の事務所情報

刑事事件弁護士検索

 > 
 > 
 > 
大阪刑事民事法律事務所
Office_info_201812101203_22651
Office_info_201812101203_22651 Office_info_201812101203_22652 Office_info_201812101203_22653
弁護士事務所詳細
大阪刑事民事法律事務所
大阪府
弁護士 金 建龍

大阪府大阪市中央区平野町2-2-12生駒ビルヂング3階

Btn-map
最寄 北浜駅から徒歩3分

まずは、お気軽にお問い合わせください

0066-97356-5301 【通話料無料】

※06時23分現在は営業時間外となります。
メール問合せのご利用をオススメします。


大阪刑事民事法律事務所
※現在は営業時間外となります。メール問合せのご利用をオススメします。
電話で問合せする
0066-97356-5301
メールで問合せする
事務所所在地
大阪府大阪市中央区平野町2-2-12生駒ビルヂング3階

このような状況の方は1分でも早くご相談ください

  • 盗撮してしまい、逮捕される可能性がある
  • 友人女性に、強制わいせつで被害届を出すと言われている
  • 警察から出頭要請が来た。思い当たる節はある。どう対処すべきか。
  • 窃盗がバレて、警察が動き出した。
  • 息子が傷害で逮捕された。どうすればいいか分からない
  • 逮捕勾留されたが、会社はクビになるのか。

 

弁護士をつけるべきタイミングとその理由

犯罪を犯し、警察が動き出した(在宅捜査中)

あなたが今普通に生活している間にも、捜査は着々と進行しています。突然逮捕されることは稀ではありません。逮捕前に弁護士を通じて迅速に被害者と示談をすることで、突然の逮捕を防ぐことができます。
 

逮捕され、勾留されている

逮捕期間中(最大72時間)、このタイミングで面会できるのは弁護士のみです。すぐに接見し、早期釈放に向けて弁護士活動を開始します。
 

一部無罪1件、完全無罪1件、示談による不起訴多数、準抗告成功実績

弁護士登録後17年間常に刑事事件を手掛け、殺人、傷害、私文書偽造罪、贈収賄、窃盗、詐欺、強制わいせつ、盗撮、覚せい剤事犯、業務上過失致死等各種犯罪の弁護を務め、有印私文書偽造罪・同行使罪・詐欺罪で一部無罪、業務上過失致死罪(現過失運転致死罪)で完全無罪を勝ち取り、自白事件では執行猶予が難しいとされるひき逃げ死亡事故・執行猶予期間中の再犯で執行猶予を多数獲得した「刑事弁護士」です。捜査段階で打ち切りの不起訴も多数獲得しました。

どうか一人で悩まず、弁護士に相談してみてください。まずはあなたの悩みや困っていることを教えてください。刑事弁護は経験がモノを言います。私が体当たりで解決に向けて尽力します。案件の詳細や置かれた状況などをしっかりとお聞きするためにも、初回面談は無料。お問合せいただいてから、私が直接対応致します。ご相談頂いたからといって、ご相談内容が第三者に知られることはありません。また、事前にご予約を頂ければ土日、祝日のご相談も可能です。
 

解決事例

【複数件示談・不起訴】強制わいせつ3件を全てにおいて示談を成立させ不起訴となった。

<事件の内容>
息子が強制わいせつ罪で逮捕されましたという電話連絡が親からあり、即日ご両親と面談してご両親から弁護人となることのご依頼をいただき、その直後、ご依頼の確認のため息子と接見することにしました。

<対応内容>
逮捕された息子と接見して弁護人となることの確認をし、被害者3名と示談をする方針を固め、被害者1名1名と複数回面談のうえ、被害者3名と示談が成立し、不起訴となりました。被害者との示談をするにおいて、被疑者に事件についての心からの反省心を促し、被害者の方に真摯な誠意が伝わるよう本質からの示談成立を目指しました。

【自首・逮捕回避】自首に同行し逮捕回避後、示談成立不起訴に。

<事件の内容>
飲酒酩酊女性をホテルに連れ込み行為した後、一人で帰宅するも心配になりホテルに戻ると女性がホテル前で警察官と話をしており、依頼者は怖くなり相談に来ました。

<対応内容>
検討の結果、依頼者の自首に同行すると、警察は準強制性交等(旧準強姦)として事件把握していたので、逮捕回避の意見書を警察に提出すると逮捕回避に成功し在宅捜査となりました。そして示談も成立し不起訴となりました。女性が被害申告していたか否か微妙でしたが、依頼者の感覚が「申告」だったので、メリットデメリットを検討して自首に踏み切ったところ、女性の被害申告があった事案で、自首が功を奏した事例でした。なお、会社には全く知られませんでした。

【家族に知られずに不起訴】盗撮で家族に知られず不起訴に。

<事件の内容>
盗撮後防犯カメラに気づき自首したら在宅捜査となり、検察から弁護士に頼んで示談しなさいと言われ相談に来ました。

<対応内容>
家族に知られず解決したいとのことでしたので、早急に被害者の方に検察を通じて連絡し、土日も使って被害者の方と面談し示談を成立させ、即時検察庁に示談書類等を持参しました。結果不起訴となりました。家族に知られずに済みました。被害者の方は土日にしか面談できない人も多く、示談には休みに関係なく対応しました。

【出頭同行・逮捕回避】横領事例で出頭同行、逮捕回避、不起訴に。

<事件の内容>
会社の売上金を複数回横領し警察から出頭要請が来たので相談に来ました。会社から請求された金額は弁償済みでした。個人会社ではなく、弁償したとはいえ、「不問に付す」ことが簡単にできる類いの会社ではありませんでした。


<対応内容>
警察からの第1回目出頭要請時、警察に同行し、逮捕回避の意見書提出し、在宅捜査になりました。そして検察に面談して不起訴の意見書を提出しました。しばらくしたら不起訴となりました。依頼者が既に弁償していましたが、確実な不起訴のためできうる手は打ちました。

【二日間で解決】傷害で逮捕の翌日に不起訴決定

<事件の内容>鉄道駅構内で見知らぬ人ともめてケガをさせ、任意同行されたので弁護士に連絡があり、弁護士が未明に駆けつけると、取調べ終了直後の翌朝に逮捕状が発付され逮捕されました(逮捕1日目)。

<対応内容>
弁護士がすぐに警察に示談交渉の仲介を申し出ると、被害者の方と夜に会えることになりました。そして、被害者の方と示談がまとまり、翌朝(逮捕2日目)、検察庁に示談書写し、勾留回避意見書、不起訴意見書を提出すると、依頼者は釈放され、その日に不起訴となりました。事件発生から3日目、逮捕から2日目に不起訴となり完全解決しました。
依頼者の方の依頼が早かったことと、被害者の方の温情で早期に示談を成立させてくれたことが迅速な解決に結びつきました。

感謝の声

これまでにご依頼いただいた方から、「先生の迅速な対応によって、解雇を免れました。」といったお言葉を頂きました。

弁護士として心掛けていることは、“真実を前提にした”弁護です。推測だけではなく、直接弁護士が身体を使って見た事実を、法律と擦り合わせ解決へ向かうことを大切にしております。

お気軽にお電話ください。
親身にご回答します。
通話料
無料
0066-97356-5301
メールで問合せする
弁護士事務所情報
事務所名大阪刑事民事法律事務所
弁護士 金 建龍
所属団体大阪弁護士会
住所 大阪府大阪市中央区平野町2-2-12生駒ビルヂング3階
最寄駅北浜駅から徒歩3分
電話番号0066-97356-5301 【通話料無料】
対応地域 大阪、京都、兵庫、奈良
定休日 土曜  日曜  祝日 
営業時間

平日 :9:30〜18:00

営業時間備考事前にご予約頂ければ土日、時間外のご相談対応も可能です。
初回相談料金体系 初回相談無料
お気軽にお電話ください。
親身にご回答します。
通話料
無料
0066-97356-5301
メールで問合せする
アクセスマップ
Btn-map-large