• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
北海道
相談内容
器物破損
刑事事件弁護士ナビ > 解決事例 > 暴行罪・傷害罪 > 被害の大きい傷害事件で、勾留却下と、略式起訴(罰金)処分を獲得した事例

被害の大きい傷害事件で、勾留却下と、略式起訴(罰金)処分を獲得した事例

暴行罪・傷害罪
20代男性
罪名 解決結果
傷害罪 略式起訴(罰金)処分
事件の内容

依頼者は、被害者2名にケガ(うち1名は全治2年の骨折)を負わせたとして、傷害罪(刑法204条。法定刑は、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金)で逮捕されました。

なお、重症の被害者は、後に後遺症認定を受けました。

ご相談から依頼までの経緯

依頼者からは、知人を通じて、逮捕直後に接見要請を受けました。

依頼者は、犯罪事実は認める一方で、きちんとした定職に就いていたため、一日でも早い身柄解放を最大の獲得目標として弁護活動に当たることになりました。

弁護活動の結果

一日でも早い身柄解放のため、依頼のあった当日に会社の上司、婚約者ともそれぞれ面談を行い、それを基に裁判官との面接も行って、まず勾留却下を獲得することができました。

その後、被害者の提示した金額があまりにも高額だったため、結果的に示談成立はできませんでしたが、示談の経過について何度も検察官とやりとりをし、略式起訴(罰金)処分を獲得することができました。

この事件を解決した事務所
【高田馬場◆早期釈放/示談交渉に自信/不起訴実績多数】ご家族が逮捕された方/警察から呼び出しを受けている方、すぐにご相談を◆その後の人生をやり直せるようなサポートを目指します◆被害者側サポートも注力
Icon address住所
東京都新宿区高田馬場3-2-14天翔高田馬場ビル202
Icon train最寄駅
高田馬場駅
Icon area対応地域
東京都|埼玉県|千葉県|神奈川県
営業時間
09:00〜21:00
営業時間外 お問い合わせはコチラから