• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
北海道
相談内容
器物破損

原綜合法律事務所の事務所情報

刑事事件弁護士検索

※掲載中の情報は最新情報と異なる場合があります。正確な情報は事務所に直接お尋ねください。
Office info 201812070855 22711 w380
Office info 201812070855 22711 w380 Office info 202101071743 22712 w380 Office info 202101071743 22713 w380
弁護士事務所詳細
原綜合法律事務所
福岡県
弁護士 原 隆

福岡県福岡市中央区大名二丁目10-1シャンボール大名A棟1407号

Btn map
最寄 地下鉄空港線 赤坂駅、天神駅
利用規約個人情報保護方針に同意の上、ご連絡ください。

まずは、お気軽にお問い合わせください

電話番号 050-5228-2068

現在、相談受付時間外です。

お伺いする個人情報は,守秘義務に従い,相談対応以外の目的では利用しません。
弁護人選任予定の方専用の相談ダイヤルにつき,ご質問のみはお受けできません。

「刑事事件ナビを見て電話をした」と伝えるとスムーズです

  • 性犯罪
  • 痴漢・わいせつ
  • 買春・援助交際
  • 盗撮・のぞき
  • 暴行罪・傷害罪
  • 恐喝罪・脅迫罪
  • 器物破損
  • 窃盗罪・万引き
  • 横領罪・背任罪
  • 詐欺罪
  • ひき逃げ・当て逃げ

刑事事件の相談例

一例として、下記のようなお悩みを抱えている方はご相談ください。

・警察から取調べに呼ばれ、逮捕されそうで不安だ
・職場や学校に知られたくない
・被害者との示談交渉をしてほしい
・不起訴にしてほしい
・釈放・保釈してほしい
・執行猶予にしてほしい
・接見禁止を解除してほしい
・身内が逮捕されたので、警察署に急行して本人から話を聞いてほしい など

 

刑事事件のご依頼をいただいた際の基本的な流れ

起訴前弁護(性犯罪、窃盗等、傷害罪等、初犯で重罪以外の場合)のご依頼をいただいた場合、基本的には以下の流れで対応を進めます。

 

【逮捕前の場合】

①法律相談をしたのち、対応を依頼(委任契約
②警察または検察に連絡(受任の報告、被害者の連絡先確認)
被害者の連絡先がわかれば、示談交渉を開始
ⅰ 示談成立した場合:警察または検察にその他の情状と共に報告し、一定期間経過後に処分の確認(※不起訴になる場合が多い)。
ⅱ 示談が成立しない場合:検察に対して交渉経緯や酌むべき情状を報告し、少しでも軽い処分を求める。

 

【逮捕後の場合】

①親族の方などが法律相談をしたのち、対応を依頼(初回接見
②警察の留置場等に接見に行き、本人と接見したのち正式依頼
③警察または検察に連絡(受任の報告、被害者の連絡先確認)し、状況に応じて早期の身柄解放のための働きかけ(意見書、準抗告等)
④被害者の連絡先がわかれば、示談交渉開始
ⅰ 示談成立した場合:警察または検察にその他の情状と共に報告(※速やかに身柄が解放される場合が多い)。一定期間経過後、処分の確認(※不起訴になる場合が多い)。
ⅱ 示談が成立しない場合 :検察に対して交渉経緯や酌むべき情状を報告し、少しでも早期の釈放と軽い処分を求める。

 

当事務所の解決事例

当事務所の解決事例として、「ふと魔が差して万引きを行ってしまい、後日、警察からの呼び出しを受けた」という内容でご相談をいただいたことがあります。その方は公務員だったため、公務員としての地位を失うのではないかと、絶望的な心境のなかご来所されました。

依頼を受けたのち、至急こちらから警察に連絡をとって、ご依頼者が罪を認めていることや、被害者の方と示談を行いたい旨などを伝えました。警察が被害者の方に連絡をし、被害者の方も「相手が弁護士ならば会っても良い」とのことで、交渉はやや難航したものの、約3週間後には示談成立となりました。

示談成立後は、警察に対して、示談書を持参して示談が成立した旨を伝え、警察が書類送検する際は事件記録と共に示談書も検察に送付されました。送検後も、検察に対して示談が成立していることを改めて伝え、「依頼者に前科が付いた、職場に知られたといった場合、あまりにも酷な結果が生じるおそれがあり、犯した罪に対して与えられる事実上の罰が不均衡ではないか」と主張しました。

その結果、検察は上記事情を受けて不起訴処分を決定しました。ご依頼者様は、この件を職場に知られることもなく、前科もついていません。「もう二度と犯罪と言われるような行為を行わない」という決意を持ち、平穏な日常生活に戻ることができています。

 

刑事事件ではスピード対応が重要

刑事事件では、対応が遅れるとどんどん事件処理が進められてしまいます。検察が起訴を決定してからではほぼ確実に有罪となって前科もついてしまいますので、できるだけ早期の対応が重要です。起訴前であれば、被疑者との示談交渉など、打つべき手段は多く存在します。

ただし、刑事事件の場合、加害者の方やそのご家族等が直接被害者の方と示談交渉をしようとしても、話し合いに応じてくれることはほとんどありません。また、そもそも、警察や検察が被害者の連絡先を加害者に教えてくれることはまず期待できないでしょう。そのため、刑事事件において示談交渉を視野に入れている場合は、弁護士への依頼が不可欠といっても過言ではありません。

 

当事務所の料金体系・対応体制

当事務所では初回相談料は無料です。実際にご依頼いただく際は、起訴前弁護であれば、逮捕される前の在宅事件で公判請求されずに解決した場合、着手金・報酬金を含めて55万円~60万円(税込)が目安です。逮捕されている場合は、66万円~80万円(税込)程度が目安です。

夕方遅い時間や休日等の相談も原則として対応可能で、メールでの相談受付も行っております(ご返答はお電話又は来所相談等の方法になります)。どうぞお気軽にご相談ください。

 

お客様が話しやすい雰囲気作りを心がけています

当事務所では、お客様がリラックスして話せるよう、話しやすい雰囲気作りを心がけています。初めて法律相談をされるという方も多いので、まずは緊張をほぐすことが大切だと考えています。その方にとって話しやすいところから聞き始めて、心が通い始めたころから徐々に事件解決にとって核心的な話題に入るようにしています。これまで法律相談を利用されたことがない方も、お気軽にご相談ください。

 

私が弁護士を目指すことになったきっかけ

私は大学卒業後、会社員として働いていました。30歳ぐらいの頃に外資系会社に転職したのですが、そこでの人間関係に悩んで会社を辞めることになり、今後の人生について漠然と考えるようになったのです。そんななか、ふとしたことから憲法の本を手にして、法律に興味を持つようになりました。

大昔から、人類は人間関係で悩み争い合い、その過程で叡智を結集して、理性的に争いを解決する手段を何千年もかけて築きあげてきました。そのような歴史を経て、今の日本の法律が形作られているということを考えるうち、なんだか当時の自分の立場とシンクロしたように感じたのです。そこから「今後の人生は理性による紛争解決のために捧げよう」と決意し、弁護士を目指すようになりました。

ただ、改めて勉強をして司法試験を受けるのは苦労しましたね。本を読んだり勉強したりして教養を深めることは好きだったのですが、試験を見据えた勉強はまた違うものがあって大変でした。大学受験以来、そういった試験へのアウトプットに向けた勉強からは離れていたので、努力は必要でした。

 

トラブルを起こしてしまった方の弁護活動を多く行ってきました

これまで対応してきた案件としては、訴訟事件の被告や、相手側から請求を受けている方などの弁護活動が多いですね。以下は相談例の一例です。

・捜査機関から捜査を受けている刑事事件の加害者
・不貞慰謝料の請求を受けている加害者側
・労働問題で従業員から何らかの請求を受けている企業
・取引先からクレームを受けている企業
など

上記のようなケースでは、確かに依頼者側には非があるものの、それに対する制裁や報復が過剰になりすぎることも珍しくありません。そのような場面で、「間に入って適切な落としどころを見つけて解決する」という案件を多く扱ってきました。

その他、以下の活動も行っています。

・九州弁護士会連合会国際委員会(事務局長)
・福岡県弁護士会国際委員会
​・福岡県弁護士会中小企業法律支援センター

 

完全個室でプライバシーに配慮した相談室を設置しています

当事務所には、追い詰められた状況のなかご相談に来られる方も多く、1対1での相談を望まれる方が多くいらっしゃいます。他の弁護士事務所ではオープンなところで法律相談を受けているところもあり、相談室が完全には仕切られておらず、他のスタッフにも話が聞こえてしまったり、そもそも相談室がなかったりする事務所もあります。

私は、事務所を立ち上げる際、相談室のプライバシー確保と、話しやすい空間作りを最優先事項として考えて作りました。ご相談にあたって、余計な心配事を極力削ってリラックスした状態で本音を話せるよう、こだわった空間作りをしておりますので、安心してご相談ください。

 

〇学歴・職歴

・1995年:早稲田大学社会科学部卒業
大手レコード会社に勤務
外資系医療機器メーカーに勤務(マーケティング部門に所属)
IT企業2社に勤務(法務、契約書、海外との契約書など)
・大手法律事務所及び福岡市内のベテラン弁護士の事務所にて一般民事・刑事・家事・企業法務や、外国人・海外案件などを担当
・2020年:原綜合法律事務所を開設

 

○資格

TOEICで900点超え
ただ、これは15年以上前の結果で、その後は実務で使っているので英語力は上がっていると思います。
また、試験となると対策が必要なので、改めて受験して同じ点数を取れるかはわかりません。

 

○メディア出演・著書・講演

スタートアップ企業やIT企業を対象に、労働問題や著作権についての講演を多数行っています。

 

休日はグルメと温泉で癒されています

美味しいものを食べている時と、温泉にゆったり浸かっている時は、仕事の疲れを忘れさせてくれます。九州は温泉地も多いですし、私自身お酒が好きなので、電車を使って色々なところを巡ったりしていますよ。別府や湯布院など、九州は魅力的な温泉街があって魅力的です。福岡は焼き鳥・もつ鍋・水炊きなども美味しくて、お酒を飲みながら楽しんでいます。

 

相談予約から法律相談までの流れ

実際にご相談いただくまでの流れとしては、以下の通りです。

①はじめに、お電話にて簡単に相談内容を伺います。お電話でのアドバイスで解決しそうな場合は簡単にアドバイスさせていただきます。10分~15分程度の無料相談となりますが、これだけで解決する場合も多くあります

②電話相談の結果、弁護士にご依頼いただくことで、より有効な解決に繋がりそうな場合には、ご本人の希望を伺った上で事務所にご来所いただきます。そこで深くお話を伺い、ご依頼いただく場合の方針や弁護士費用などを具体的にご説明させていただきます。この際の相談は無料です。

ちなみに、「弁護士に依頼するつもりはないけれど、事務所でより深いアドバイスが聞きたい」という場合には、30分5500円(税込)の相談料が発生します。

 

○立地

福岡市中央区大名2-10-1 シャンボール大名A棟1407号

 

○アクセス

地下鉄赤坂駅の5番出口を出て、真正面にある赤レンガ色の建物の14階です。
4基のエレベーターの左側2基をご利用下さい。

 

刑事事件では不起訴獲得に向けた弁護活動に注力しています

刑事事件に関する案件では、特に起訴前の弁護活動に注力しています。不起訴を獲得するためには、被害者との示談交渉や検察への働きかけなどが重要です。特に刑事事件ではスピード勝負というところもあり、勾留決定・勾留延長・起訴決定など、どんどん色々な国家機関が処分を進めてしまいます。時間が経ってしまうと後戻りはできませんので、時間制限のなかでどれだけ活動できるかが勝負なのです。

例えば、接見の場合、1分1秒でも早く向かって、取調べが始まる前にアドバイスをしたいと思っています。アドバイスがあるのとないのとでは調書内容がガラリと変わって、今後の処理も大きく異なるからです。

実際、ご相談いただくタイミングが遅かったばかりに対応が限られてしまい、もっと早いタイミングで相談していただければ、逮捕そのものを防げたかもしれないということもありました。時間が経つにつれて選択肢はどんどん狭くなってしまいますので、選択肢が広いうちに出来る限りのサポートをさせていただきたいと考えています。

 

被疑者・被告人の唯一の味方としてサポートします

刑事事件の被疑者になってしまった方が抱える精神的重圧は相当なもので、自ら命を絶ちたいほどの不安に追い込まれる方も多く、なかには良くない選択をしてしまうケースもあります。確かに、犯罪は非難されるべき行為ではありますが、刑事事件においては弁護士だけが被疑者・被告人の味方です。

実際、ある刑事事件で不起訴を獲得できた際、被疑者であるご依頼者様に「救って頂いたこの命を大切にして今後生きていきます」と感謝されたことがあります。この時のご依頼者様の言葉を聞き、改めて「弁護士は、依頼者にとって法的や経済的な意味での最良の結果を出すことだけでなく、精神的な安心感をもたらす存在でもなければならない」と実感しました。ご依頼者様が人生を前向きに歩んでいけるよう、弁護士として手助けしていきたいと思っています。

 

注力・得意としている分野・案件

以下のトラブルでお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

・男女問題(不貞慰謝料、離婚)
・相続(特に遺産分割、遺留分侵害額請求)
・企業法務全般(取引先とのトラブル、悪質クレーム対応、労働問題)
・その他民事刑事全般

 

お客様の望みを全力でお手伝いするのが弁護士の役割

ある弁護士が話していた言葉で、「弁護士はカーナビのような存在であれ」というものがありまして、それに私は非常に共感しています。

カーナビは、運転手がどんなに道を間違えても、決して運転手を責めません。たとえ、とんでもない場所に迷い込んでしまったとしても、その地点から目的地までの最善の進み方を教え導いてくれます。これは弁護士も同様です。ご相談者様やご依頼者様が過去にしてしまった過ちについて、それを責める立場にはありません。その地点から、目的とするゴールにどうしたらたどり着けるか、これを全力でお手伝いするのが弁護士の重要な役割だと考えています。

法律相談の際、私は、あくまでもご相談者の味方であることを感じてもらえるように努めています。そして、実際にご依頼いただいた場合には、事件解決までの間、ご依頼者様にとっての精神的な支えになれるようなコミュニケーションを心がけています。仮にご相談者様側に落ち度がある場合でも、それをことさら責めるようなことはしません。ご相談者様が置かれた立場や今後の見通しを、客観的な観点からわかりやすく伝えた上で、現在とれる最良の選択肢をとり、実現していくためのお手伝いをさせていただくように心がけております。

 

「あの時に出会えて良かった」と思い出してもらえる弁護士になりたい

私がなりたい今後の弁護士像として、ご依頼者様が将来人生を振り返る際、「あぁ、あの時はあの弁護士と出会えて本当に良かったな」と思い出してもらえるような存在になりたいです。できるだけ一人でも多くの方の助けになりたいと思っています。

 

弁護士との法律相談を検討している方へのメッセージ

法律相談では、ご相談者様がおかれた立場や、今後発生し得ること、その上でご相談者様が現時点でとりうる選択肢、それぞれの選択肢のメリット・デメリットなどを客観的な観点からわかりやすくご説明させていただきます。

その結果、ご心配されていることは、そもそも心配する必要のないことであるとわかって解決することも多々ありますし、ご自身で解決できることだとわかって前に進むことができることもあります。一方、これは弁護士に依頼しなければ手に負えないということがわかれば、ご依頼を検討いただく等の判断材料を得ることができます。

いずれにせよ、暗闇の中で悩んでいる状態から、光が差して何らかの行動をとるための指針を得られると思いますので、まずは勇気を出してお電話いただければと思います。

 

学生時代はロックバンドでギターを弾いていました

当時はバンドブームということもあり、ロックバンドでギターを弾いていました。学生時代はあまり勉強に集中した記憶はなく、社会に出て20代後半ぐらいになってから、学ぶことの重要性を認識して本当に勉強するようになりましたね。

 

ご依頼者様からの感謝の言葉がモチベーション

やはり、事件が解決してご依頼者様のホッとした表情を見たり、感謝の言葉を頂いたりしたときは嬉しくて、弁護士になって良かったなと思います。これは、他の弁護士の方も同じかもしれませんね。

ご依頼者様にとっては人生を左右するほどの悩みだったりすることもあるので、依頼直後と解決後ではガラッと様子が変わっていることも多いですね。もちろん大変なこともありますが、非常にやりがいのある仕事だと感じています。

 

私が責任を持って事件解決まで担当します

私は、司法試験の勉強をしている頃から、「将来は独立して、自分自身が責任を負って全うできる事務所を立ち上げたい」という目標を持っていました。経済的な面も含めて様々な意味で目処も立ち、機が熟してきたと感じたため、2020年9月2日に現在の原綜合法律事務所を開設いたしました。ちなみに、以前所属していた事務所への感謝と尊敬の念も込めて、「綜合」という古い字体にしています。

当事務所では、代表弁護士である私(原隆)自身が、最初の法律相談から事件を処理して解決するまで、全責任を持って担当します。複数の弁護士が所属している事務所では、法律相談のときの弁護士と依頼後の担当弁護士が違う人だったり、事件解決前に担当弁護士が他の事務所に移籍して担当が変わってしまったりする可能性もありますが、当事務所ではそのような心配はありません。組織と依頼者の関係というよりも、代表弁護士個人と依頼者の信頼関係を重視している点が当事務所の特色です。

 

起訴決定後の有罪率はほぼ100%

《起訴前》早期での示談交渉を得意としております

  • 逮捕されるのではないか、とご不安をお抱えの方
  • 在宅捜査中の方

刑事弁護は、弁護士原隆(ハラタカシ)へご相談ください。

これまで、性犯罪窃盗罪暴行罪横領罪など、被害者の方との示談交渉を解決へ導いた実績が多くございます。
 

解決事例1:痴漢行為で逮捕|身柄解放・不起訴処分を獲得

《 ご依頼者さま 》

男性/30代の方

《 ご相談内容 》

難関国家資格を保有し活躍されていたご相談者様。
しかし、酒に酔った勢いで、面識のない女性へ痴漢と思われる行為をしてしまいました。

その後日、警察が自宅を訪ね、そのまま逮捕されてしまったというご相談。

《 依頼者様のご不安点 》

ご依頼者さまは「自分がやったことに間違いない。」と罪を認めて反省する一方、職場にこの件を知られ仕事をクビになるのではないか、前科がつくことで国家資格を失ってしまうのではないか、と懸念しておりました。

《 弁護士の対応 》

弁護士は身柄拘束されている留置所へ急行。

ご相談者様のご不安点を受け、すぐに警察の捜査担当者を通すことで「ご依頼者様は反省しており、被害者の方に対し示談を希望している。」と伝えました。

その結果、被害者の方が弁護士との面会を了承。
逮捕より2日後、弁護士から検察官に対し、
・ご依頼者である被疑者の現状
・示談交渉に着手している旨
・長期の身柄拘束によって職場復帰できなくなる可能性

について報告。

また、身柄拘束を続行せず、在宅捜査に切り替える旨を要請するため、意見書、奥様の身元引受書を提出しました。

その後、ご依頼者様は釈放となり、翌日より職場へ復帰。
事件のことを気づかれる前に出勤することが可能となりました。

しかし、在宅捜査に切り替わったままのため、示談などのサポートを継続して行いました。

《 解決結果 》

1、示談の成立
弁護士より被害者の方に連絡をとり、面談の日程を調整。
1週間後にお会いしました。
被害者の方も悩んだ末にご提案に応じて頂くこととなり、幸い、比較的短期間での示談成立。

2、不起訴の成立
弁護士より、検察に対し、被害者の方との示談書、及びご依頼者を不起訴処分とするべきとの内容の最終意見書を提出。

検察官は、これを重要な判断要素とし、ご依頼者は不起訴処分となりました。

※本事例はプライバシー保護の観点から、実際の事例をもとに具体的な個人が特定できないよう若干のアレンジを加えています。


《 ~弁護士より~ 》
公務員、企業勤務者、資格業、就職前の大学生、外国人の方等におきましては、
・逮捕された
・公判請求を受けて前科がつくこと

以上2点によって、職・資格・在留資格を失い、人生設計そのものが大きく狂ってしまう場合があります。
また、経営者、有名人のほか、結婚等を控えている方も、逮捕や起訴によって社会的立場や信用が大きく失墜し、様々な支障が生じることも。

こうしたケースでは、将来が不安になり、目の前が真っ暗になることもあると思いますが、弁護活動が功を奏することにより、平穏な日常に戻ることも十分あり得ます。

解決事例2:窃盗罪で逮捕|示談交渉を成功・不起訴処分を獲得

《 ご依頼者さま 》

男性/30代の方

《 ご相談内容 》

ご依頼者様は公務員の方。
ふと魔が差し、万引きといわれる行為を行ってしまいました。

後日、警察からの呼び出しを受けたことによりご相談を頂きました。

《 依頼者様のご不安点 》

今回の件にて、公務員としての地位を失うのではないか、と絶望的な心境でいらっしゃいました。

《 弁護士の対応 》

ご依頼後、弁護士は至急警察に連絡をとりました。

そのうえで、
・ご依頼者が罪を認めていること
・被害者の方と示談を行いたい
という旨を伝えました。

警察から被害者の方に連絡をとって貰ったところ、被害者の方も「相手が弁護士であるのであれば会っても良い。」とのことでしたが、その交渉はやや難航。
しかし、約3週間後には示談が成立しました。

示談成立後、弁護士は警察に対し、示談が成立した旨を示談書を持参したうえで伝えました。

警察は、書類送検の際にこの示談書を事件の記録と共に検察へ送付。

送検後、弁護士より検察に対し、示談が成立していることを改めて伝えました。
依頼者に前科が付いた、職場に知られた、といった場合、あまりに酷な結果が生じるおそれと、犯した罪に対して与えられる事実上の罰が不均衡ではないか、と主張。

《 解決結果 》

検察は、上記事情を重要な判断要素として受け取り、不起訴処分を決定。

ご依頼者様は、この件を職場に知られることなく、また、前科もつきませんでした。
「もう二度と犯罪行為を行わない。」という決心を持ち、平穏な日常生活に戻ることができたのです。

※本事例はプライバシー保護の観点から、実際の事例をもとに具体的な個人が特定できないようアレンジを加えています。

《 弁護士より~ 》
この案件が解決するまでの間、ご依頼者は不安な心境に陥るたび、弁護士へ連絡を取っていました。

心境を弁護士へ話し、相談をするとともに、
・現在の示談交渉の状況
・今後の可能性についての客観的な情報

こうした情報を弁護士から得ることにより、不安をまぎらわすことができていたと言います。


ご相談いただいた方からは、「先生に依頼してよかった。」といったお言葉を頂いており、大変励みになっております。

 

刑事弁護を迅速に行う理由

現在の日本では起訴後の有罪率が99,9%と言われており、捜査機関が起訴(裁判にかけること)を決定すればほとんどの場合、前科がつきます。

弁護士が早期に示談を行うことや捜査機関へ働きかけることによって、逮捕者の身柄解放や、不起訴処分で前科をつけず、社会復帰を果たすケースも少なくありません。

前科がつくことにより、国家公務員地方公務員教師看護師など、国家資格を有する職業の方は職業制限がつくため、これまでの生活が失われてしまうことも。

また、民間の企業にお勤めの方もこれまでの仕事を失ったり、周りに知られて信用を大きく損ねることや、親族の方々が世間からの視線にさらされてしまうかもしれません。

弁護士原隆は、これまでそういった方々からのご相談を頂き、迅速に対応することによって、多くのご依頼を解決へ導いて参りました。

 

初回面談は無料です

初回相談は無料ですので、お電話にてお問合せ下さい。
(ご本人、ご親族(またそれに準ずる方)に関しては無料。)

事務所は10時~18時までの営業ですが、このサイトよりいただいたお問合せは、柔軟に対応させていただきます。

 

こうしたことでお困り方はご相談ください

逮捕前の方(警察より呼び出された方)

警察から呼び出しを受けた、職場にばれたくない…。

「まだされていないが、これからされるかもしれない。」といった、逮捕前の方のご相談も承っております。

 

被害者側との示談交渉をお考えの方

在宅捜査を受けているご本人からのご相談も承っております。

被害者の方へ謝りたい反省の気持ちを伝えたい、とご本人やご家族が直接被害者の方へお会いすることは、より被害者の方を傷つけ交渉が決裂する結果となりかねません。

弁護士が代理人として、被害者側とお話し、お互いに納得のいく解決となるよう努めます。

 

料金表 

逮捕前の方

《 相談料 》

ご本人またはそのご親族、それに準ずる方:無料
※2回目以降は30分ごとに5,500円(税込)

 

《 示談交渉等プラン 》

着手金:27万5000円(税込)
報酬金:27万5000円(税込)
(※略式命令、不起訴の場合に発生) 

 

起訴前の方

《 初回接見 》

着手金:5万5000円(税込)
報酬金:なし

 

《 起訴前弁護 》

着手金:33万円(税込)(※4回分の接見費用込み)
報酬金:33万円(税込)(※略式命令・不起訴の場合に発生)

 

起訴後

《 起訴後弁護 》

着手金:通常の事件の場合は33万円(税込)(※否認事件の場合は55万円(税込)となります)
報酬金:
・保釈       11万円(税込)
・求刑より軽い判決 33万円(税込)
・無罪       55万円(税込)

※事案の難易度に応じて若干増減する場合あり。

弁護士事務所情報
事務所名原綜合法律事務所
弁護士 原 隆
所属団体福岡県弁護士会
住所 福岡県福岡市中央区大名二丁目10-1シャンボール大名A棟1407号
最寄駅地下鉄空港線 赤坂駅、天神駅
対応地域 福岡県、佐賀県、熊本県、大分県、長崎県、鹿児島県、山口県
定休日 無休
営業時間

平日 :07:30〜24:00

土曜 :07:30〜24:00

日曜 :07:30〜24:00

祝祭日:07:30〜24:00

営業時間備考上記は、初回問い合わせの対応時間です。通常の執務時間は平日の10:00-18:00です。
弁護士経歴 プロフィール(弁護士 原 隆)

1971年出生
福岡県弁護士会所属
早稲田大学社会科学部卒業
早稲田大学法科大学院修了
※弁護士登録以前に、日本コロムビア株式会社等の事業会社にて10年以上の勤務経験
初回相談料金体系 初回相談料 無料
お気軽にお電話ください。
親身にご回答します。
電話番号 050-5228-2068

※「刑事事件ナビを見て電話をした」
と伝えるとスムーズです

アクセスマップ
Btn map large
同じ市区町村にある弁護士・法律事務所
《福岡》あいち刑事事件総合法律事務所
福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-28博多偕成ビル609号
【刑事少年事件専門・24時間365日受付・無料相談・全国に支店】年間相談数3000件超、年間解決事例数約500件、釈放保釈多数の圧倒的実績で社会復帰を強力に弁護する刑事特化のリーディングファーム
弁護士法人デイライト法律事務所
福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目1番1号福岡朝日ビル7階

年中無休・24時間予約受付|初回相談0円】刑事事件は弁護士への少しでも早いご連絡が重要となります!ご家族や友人が逮捕された方は、まずはお電話ください【盗撮・強制わいせつ・痴漢・のぞき・性犯罪など】

弁護士法人ALG&Associates福岡法律事務所
福岡県福岡市中央区天神1-1-1アクロス福岡 4F
【初回法律相談無料】【接見1万円~】【早期示談交渉】20年のキャリアを誇る弁護士が率いる刑事弁護チームは、刑事弁護経験豊富な弁護士で構成され、『刑事事件の示談交渉』のノウハウを蓄積しております。
大本総合法律事務所 福岡事務所
福岡県福岡市博多区博多駅中央街8-1 JRJP博多ビル 3階
【博多駅直結/近隣駐車場あり】【年間相談100件超】警察から呼び出しを受けている/ご家族が逮捕された方、早期釈放・前科回避は当事務所へご相談を。1分1秒が重要な刑事弁護こそ、経験を活かしお力となります
【即日接見可能】大明法律事務所
福岡県福岡市中央区薬院4-1-7薬院プライムビル204

【年中無休9時~24時まで弁護士がすぐに対応!】【ご家族が逮捕された方・在宅捜査されている方】被害者との示談交渉を得意としております。ご家族や会社に発覚し手遅れになる前に、今すぐお電話ください。

アトム法律事務所 福岡支部
福岡県福岡市中央区大名2-8-22天神偕成ビル2階
【秘密厳守】【迅速対応】警察から電話・書類がきた●家族が警察に連れていかれてしまった●警察とのやり取りに応じる前に弁護士にご相談ください!今後の生活を守れるようお守りします!【LINE相談対応】
弁護士 高村 欣光(福岡リーガルクリニック法律事務所)
福岡県福岡市城南区七隈8-19-1
【迅速対応|ご契約後は何度でも接見0円】ご家族が逮捕された/面会させて貰えない方、ご連絡を頂いてから弁護士が即日面会|早期釈放/示談交渉/前科回避はお任せ下さい【示談実績及び公務員の相談実績 多数】
【福岡】ベリーベスト法律事務所
福岡県福岡市博多区博多駅前1丁目14番16号博多駅前センタービル8階

【博多駅近く】強制わいせつ・痴漢・盗撮・風俗店トラブル等で警察の取り調べを受けた方・捜査されている方へ|元検事率いる刑事弁護チームが迅速サポート!今後の人生を守るため、すぐにご連絡を【バレずに解決】

弁護士法人春田法律事務所 福岡オフィス
福岡県福岡市中央区舞鶴1-1-11天神グラスビルディング9階

【加害者側のみ無料相談】 #90%の示談成立実績#逮捕回避に精通 #示談して欲しい!#嫌疑を晴らしたい! #後日逮捕を回避したい#直ぐに釈放して欲しい 弁護士10名が絶対に諦めない弁護でご要望に応えます。

アトム法律事務所 福岡支部
福岡県福岡市中央区大名2-8-22天神偕成ビル2階
【365日対応】【不起訴1,518件】警察から連絡がきた●家族が警察に連行された●警察に行く前にまず弁護士にご相談を!いち早く日常復帰できるよう全力サポートします。【LINE相談対応】
【初回相談無料】弁護士法人山本・坪井綜合法律事務所
福岡県福岡市中央区渡辺通1丁目11番11号 H・Kビル6階
【休日相談/夜間21時まで相談受付】【相談実績年間200越え】【少年事件も対応】早期釈放、性犯罪に特に力を入れております。これまで不起訴・示談・執行猶予の実績が豊富な弁護士がお力となります。
【即日接見対応】弁護士 石田 直也
福岡県福岡市中央区薬院4-1-7薬院プライムビル204
【即日接見可能】【初回相談無料】ご家族が逮捕された方、在宅事件中の方早期にご相談ください!逮捕後72時間以内に対応することで早期の釈放が見込めます。また、示談交渉の経験も豊富です。安心してお任せください
あけぼの綜合法律事務所
福岡県福岡市早良区曙2丁目1-16綾田ビル3階
お早めにご相談ください。早期の身柄釈放や、被害者との示談成立に向けて尽力いたします。
弁護士 小田 誠(弁護士法人Bridge Rootsブリッジルーツ)
福岡県福岡市中央区大名二丁目4-22新日本ビル5階
【初回相談無料】財産犯や薬物事犯、少年事件等の弁護を行ってまいりました。蓄積したノウハウで解決に導きます。 「お客様の大切なものを守る」が当事務所の原点です。
近くにある弁護士・法律事務所
弁護士法人デイライト法律事務所
福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目1番1号福岡朝日ビル7階

年中無休・24時間予約受付|初回相談0円】刑事事件は弁護士への少しでも早いご連絡が重要となります!ご家族や友人が逮捕された方は、まずはお電話ください【盗撮・強制わいせつ・痴漢・のぞき・性犯罪など】

弁護士 高村 欣光(福岡リーガルクリニック法律事務所)
福岡県福岡市城南区七隈8-19-1
【迅速対応|ご契約後は何度でも接見0円】ご家族が逮捕された/面会させて貰えない方、ご連絡を頂いてから弁護士が即日面会|早期釈放/示談交渉/前科回避はお任せ下さい【示談実績及び公務員の相談実績 多数】
【即日接見可能】大明法律事務所
福岡県福岡市中央区薬院4-1-7薬院プライムビル204

【年中無休9時~24時まで弁護士がすぐに対応!】【ご家族が逮捕された方・在宅捜査されている方】被害者との示談交渉を得意としております。ご家族や会社に発覚し手遅れになる前に、今すぐお電話ください。

【初回相談無料】弁護士法人山本・坪井綜合法律事務所
福岡県福岡市中央区渡辺通1丁目11番11号 H・Kビル6階
【休日相談/夜間21時まで相談受付】【相談実績年間200越え】【少年事件も対応】早期釈放、性犯罪に特に力を入れております。これまで不起訴・示談・執行猶予の実績が豊富な弁護士がお力となります。
アトム法律事務所 福岡支部
福岡県福岡市中央区大名2-8-22天神偕成ビル2階
【秘密厳守】【迅速対応】警察から電話・書類がきた●家族が警察に連れていかれてしまった●警察とのやり取りに応じる前に弁護士にご相談ください!今後の生活を守れるようお守りします!【LINE相談対応】
大本総合法律事務所 福岡事務所
福岡県福岡市博多区博多駅中央街8-1 JRJP博多ビル 3階
【博多駅直結/近隣駐車場あり】【年間相談100件超】警察から呼び出しを受けている/ご家族が逮捕された方、早期釈放・前科回避は当事務所へご相談を。1分1秒が重要な刑事弁護こそ、経験を活かしお力となります
【即日接見対応】弁護士 石田 直也
福岡県福岡市中央区薬院4-1-7薬院プライムビル204
【即日接見可能】【初回相談無料】ご家族が逮捕された方、在宅事件中の方早期にご相談ください!逮捕後72時間以内に対応することで早期の釈放が見込めます。また、示談交渉の経験も豊富です。安心してお任せください
《福岡》あいち刑事事件総合法律事務所
福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-28博多偕成ビル609号
【刑事少年事件専門・24時間365日受付・無料相談・全国に支店】年間相談数3000件超、年間解決事例数約500件、釈放保釈多数の圧倒的実績で社会復帰を強力に弁護する刑事特化のリーディングファーム
弁護士法人ALG&Associates福岡法律事務所
福岡県福岡市中央区天神1-1-1アクロス福岡 4F
【初回法律相談無料】【接見1万円~】【早期示談交渉】20年のキャリアを誇る弁護士が率いる刑事弁護チームは、刑事弁護経験豊富な弁護士で構成され、『刑事事件の示談交渉』のノウハウを蓄積しております。
アトム法律事務所 福岡支部
福岡県福岡市中央区大名2-8-22天神偕成ビル2階
【365日対応】【不起訴1,518件】警察から連絡がきた●家族が警察に連行された●警察に行く前にまず弁護士にご相談を!いち早く日常復帰できるよう全力サポートします。【LINE相談対応】
弁護士法人春田法律事務所 福岡オフィス
福岡県福岡市中央区舞鶴1-1-11天神グラスビルディング9階

【加害者側のみ無料相談】 #90%の示談成立実績#逮捕回避に精通 #示談して欲しい!#嫌疑を晴らしたい! #後日逮捕を回避したい#直ぐに釈放して欲しい 弁護士10名が絶対に諦めない弁護でご要望に応えます。

【福岡】ベリーベスト法律事務所
福岡県福岡市博多区博多駅前1丁目14番16号博多駅前センタービル8階

【博多駅近く】強制わいせつ・痴漢・盗撮・風俗店トラブル等で警察の取り調べを受けた方・捜査されている方へ|元検事率いる刑事弁護チームが迅速サポート!今後の人生を守るため、すぐにご連絡を【バレずに解決】

福岡県で刑事事件が得意な弁護士一覧を見る