【大宮オフィス】弁護士法人アクロピースの事務所情報

刑事事件弁護士検索

刑事事件弁護士ナビ > 埼玉県の刑事事件弁護士 > さいたま市の刑事事件弁護士 > 【大宮オフィス】弁護士法人アクロピース
Office info 202006301420 29061
Office info 202006301420 29061 Office info 202006301420 29062 Office info 202006301420 29063
弁護士事務所詳細
【大宮オフィス】弁護士法人アクロピース
埼玉県
弁護士 伊藤 俊太郎

埼玉県さいたま市大宮区宮町1-15 松屋ビル6階

Btn map
最寄 大宮駅 徒歩3分
利用規約個人情報保護方針に同意の上、ご連絡ください。

まずは、お気軽にお問い合わせください

電話番号 050-5228-2008

現在、相談受付時間外です。

【営業時間外】ラインもしくはメールにてご連絡ください。お急ぎの方はラインでご連絡ください。

  • 性犯罪
  • 痴漢・わいせつ
  • 買春・援助交際
  • 盗撮・のぞき
  • 暴行罪・傷害罪
  • 殺人罪
  • 恐喝罪・脅迫罪
  • 器物破損
  • 窃盗罪・万引き
  • 横領罪・背任罪
  • 詐欺罪
  • 薬物・大麻
  • ひき逃げ・当て逃げ
  • 少年事件
【大宮オフィス】弁護士法人アクロピース
【営業時間外】ラインもしくはメールにてご連絡ください。お急ぎの方はラインでご連絡ください。
電話で問合せする
050-5228-2008
メールで問合せする
事務所所在地
埼玉県さいたま市大宮区宮町1-15 松屋ビル6階

ご家族が逮捕された方逮捕されたと連絡を受けた方、まずはご一報ください。

当事務所では逮捕された方と即日面会し、状況に合わせた柔軟な対応で処分の軽減を目指します。

痴漢/盗撮窃盗傷害のご相談はお任せ下さい

これまで様々な刑事事件を担当し、被害者に配慮が必要な痴漢・盗撮・のぞき等の性犯罪、常習性が高い傾向にある窃盗、初期対応が鍵を握る傷害・暴行事件の解決へ取り組んで参りました。

ご本人、ご家族が抱えるお気持ちを第一に考え、迅速に活動していくことで多くの不起訴処分や執行猶予判決、大幅な減刑を実現しております。

早期釈放をご希望の方、逮捕されたご家族と連絡をとりたい方は是非ご相談下さい
 

飲酒運転・客引き行為での逮捕案件にも対応可能です!

弊所では、飲酒運転キャッチ行為等による付きまといで逮捕された案件のご相談にも対応しております。

刑事事件は時間との闘いです。

捜査活動の流れを意識し、的確に行動しなければ、身柄拘束の期間の延長による解雇・退学の恐れ、その後の判決で前科が付いてしまうことによって就職・復職で不利な状況に陥ってしまうリスクがあります。

弊所では、そうした状況に陥らないためにも初期段階からの迅速な対応を心掛けております。お困りの際は、まずご相談下さい。
 

即日面会》逮捕された方との面会は原則、当日対応

逮捕後72時間は、ご家族であっても面会は許されません。そのため、状況がつかめず今後の見通しに不安を抱えておられる方も多いでしょう。

弊所では原則として、ご相談を頂いてから当日のうちに、警察署へ接見に向かいます。

弁護士の介入が早ければ早い程、逮捕された方が不利な立場に置かれる可能性も低くなるため、逮捕されたとご一報を受けた際はご連絡下さい。
 

当事務所へご依頼を頂くメリット

1) 複数名体制による事務所一丸のサポート

事案によって、弁護士一名では対応に限りがあるケースもございます。

その際は、弊所では所属する弁護士と連携をとり、事務所一丸となって早期対応に当たります。
 

2) 更生支援による根本的・今後を見据えた解決

いわゆる性犯罪や窃盗のように、常習性が強くみられる犯罪類型においては、再犯しないためにどのような対策をしたかが裁判所の判断の決め手となります。

ご本人が単に反省しただけでなく、専門機関の治療やカウンセリングを受けたり、社会復帰後の環境を整えたりと、罪を起こさないような環境づくりをすることは、再犯防止の観点から極めて重要です。

弊所では、「社会福祉士」の資格を所持している弁護士も在籍しており、公判における更生支援計画の提出などを積極的に行ってきました。「なぜその犯罪を起こしたのか」など心理的なヒアリングと合わせ、このような環境調整も視野に入れながら更生プログラムを構築し、ご提案させて頂きます。
 

3) やり取りは電話・メール・LINE で柔軟に対応

お問い合わせをご検討の方は、当ページのお電話・LINE・メールフォームよりご連絡下さい。

19時以降のお電話は営業時間外となりますので、LINEもしくはメールフォームよりご連絡ください。

確認次第、弁護士より折り返しの連絡をいたしますので、連絡のとれる電話番号も記載頂けますと幸いです。

また、弊所では日々の業務においてもLINEを多く活用しております。

接見後の報告等も、LINEでの対応が可能ですので、お問い合わせの際にお気軽にご相談下さい。
 

料金表

1)相談料

初回相談60分無料 (※要予約となります)

2)着手金(依頼時に必要となる費用)

20万円(税別)~

3)各項目別 報酬金(解決時に必要となる費用)

報酬金20万(税別)~

4)接見日当のみご依頼の場合

4万円~/回
 

弊所が刑事事件に注力している理由

私は、よく「なぜ犯罪者の味方になるのか」というご質問を頂きます。

冤罪の可能性がある事案ならまだしも、犯行自体は認めているケースで弁護士が活動することに関しては、疑問に感じている方が非常に多いです。

もちろん、被害者からすれば、加害者に弁護士がつき、示談交渉をもちかけたり、加害者に有利な意見を述べることに納得できないと感じることも当然です。

しかし、加害者側の背景には様々な要因が潜んでいるケースが少なくありません。

弊所では、上記にもあるように、依存性から犯罪を繰り返してしまったり、貧困等の環境が原因で犯罪に手を染めてしまったりした方々をこれまで多く見てきました。

必ずしも、本人の責任とは言い切れないことも多くあるのです。

また、国家機関である検察・警察と、被疑者・被告人とでは、証拠の収集1つをとっても大きな格差があります。

そんな中で、一方的に「お前は悪いやつだ」と決めつけられ、聞いてほしかった言い分もろくに聞いてもらえずに判決を言い渡されたのでは、裁判所や検察庁に対する反感だけが心に残り、本来裁判手続を通じて実現すべき「真の反省」に行き届きません。

心から被疑者・被告人の味方となる弁護士がいることによって、被告人ははじめて公平な立場から裁判を受けることができ、そのことが真の反省につながるのです。

また、逮捕された方のご家族は、ご本人の変化に気付けなかった自分を責めたり、ご近所やご友人からの目が気になり、体調を崩したりと大変な思いをされていることが多いです。

そんなご家族に少しでも安心していただけるよう、事件とは関係のないご相談にも喜んでお答えしております。

どうかお一人で悩まれず、勇気を出して弊所にご相談ください。
 

これまでの解決事例

逮捕初日の相談が起訴猶予(準強制わいせつ)つながった事案

【相談者】被疑者の妻

【案件内容】

休日の夜、電車内で酒に酔っていた女性につきまとい、1時間以上にわたって痴漢行為をし、被害女性及び駅員らに取り押さえられそうになるや、線路内に逃走し、終電間際の電車を30分ほど停止させたことにより、準強制わいせつ、威力業務妨害の容疑で逮捕された事案。

行為態様の悪質さと同種前科の存在から、公判請求の可能性が極めて高いと思われた。
逮捕初日に報道され、批判的なコメントも多数寄せられた。

【解決結果】

準強制わいせつについては、不起訴(起訴猶予)。

威力業務妨害については、罰金30万円となり、20日勾留で釈放。

被疑者の妻から逮捕当日に相談の電話があり、相談を受けてから6時間で初回の接見にかけつけることができた。
被害者がいる犯罪類型ではいち早く示談などの活動を開始する必要があるところ、早い段階でご相談をいただいたことで、被疑者とご家族との連携がスムーズにできた。

弊所では、いわゆる色物事件に関しては、女性弁護士を示談担当にするなど、被害者に配慮した活動を心掛けており、結果として、勾留決定のわずか4日後に被害女性との間に示談成立が成立した。

再犯防止のためのカウンセリングについても、具体的に検事に示すことができ、反省の深まりと地に足の着いた更生計画を示すことができた。

相談から1日以内に釈放に成功した事案(飲酒運転)

【相談者】被疑者の妻

【案件内容】

居酒屋でビールを5本、チューハイを3杯ほど飲んだにもかかわらず、車を運転して帰宅しようとしたところ駐車場内で歩行者と衝突し、業務上過失傷害及び酒気帯び運転で逮捕された事案。

被疑者は会社経営者であり、一刻も早く釈放されなければ会社存続に重大な影響がでることが懸念される状況にあった。

【解決結果】

勾留請求却下により逮捕後3日目で釈放。その後被害者と示談が成立し、不起訴(起訴猶予)。

被害者の妻から、逮捕2日目の夕方に相談を受け、その日の深夜に被疑者の接見に向かった。被疑者は会社経営者で、比較的小規模な会社であったことから、早急に釈放されなければ倒産の可能性もある状況であった。

また、翌日は裁判所にて勾留質問がなされ、その日のうちに10日間の勾留が決定される可能性があった。

深夜に被疑者の初回接見を行い、その足で被疑者の妻から身元引受書と誓約書を取得。

翌日朝、裁判所に勾留請求を却下の意見書を提出し担当裁判官とも面談し、勾留の理由がないこと、勾留継続により被疑者及び被疑者が経営する会社に対し重大な問題が生じることを訴えた。

被疑者は、その日のうちに釈放され、翌日から出社することができた。

その後は、在宅事件となり、被害者と示談が成立したことから業務上過失傷害については不起訴(起訴猶予)となり、酒気帯び運転についても略式命令で公判請求を免れた。

更生支援計画による執行猶予(クレプトマニア、窃盗)獲得。

【相談者】被疑者の夫

【案件内容】

被疑者が、スーパーで万引き(被害額3000円ほど)したところ、被害店舗の方針から示談できず、同種前科が多数あったこともあり公判請求された事案。

【解決結果】

執行猶予判決(保護観察付)。

被疑者の夫から相談があり、逮捕段階から弁護人に就任。これまで5件以上の前科があり、その全てが窃盗であった。

クレプトマニア等をり患している可能性を感じ取り治療の必要を感じた弁護人は、社会福祉士と共同して接見するなど、じっくりと本人の状況を把握することに努めた。

その後、専門病院による治療計画等、具体的な計画を更生支援計画としてまとめ、裁判所に提出した。
裁判所の印象はよく、保護観察付であるものの執行猶予付の判決となった。

外国に住む両親からの依頼。3回の再逮捕後、まさかの処分保留釈放

【相談者】被疑者の両親

【案件内容】

日本の大学への進学を目指し、日本語学校に通う被疑者が、その意図もわからないまま、友人に依頼され宅配便を受け取るアルバイトをしていたところ、特殊詐欺の実行犯として逮捕された事案。

【解決結果】

処分保留釈放(3回の再逮捕を経て。)、その後、不起訴(起訴猶予)。

異国の地で逮捕されてしまった子を心配する被疑者の両親から依頼された。

弊所は、刑事事件に精通する多数の通訳と協力関係にあり、外国籍の方の弁護も得意としている。

特に外国に住む家族からの依頼の場合には、被疑者だけでなく家族に安心してもらえるようSNSサービス等を活用し、まめに状況報告をするよう心掛けている。
不起訴を目指し取調べへのアドバイスや、検察官に意見書等を提出するのは当然のことであるが、それらの活動をわかりやすく随時報告することは極めて重要である。

事件終了後、ご家族から、現在どのような状況なのかを逐一把握することができ、終始安心できたとお褒めのお言葉をいただいた。

お気軽にお電話ください。
親身にご回答します。
電話番号 050-5228-2008
弁護士事務所情報
事務所名【大宮オフィス】弁護士法人アクロピース
弁護士 伊藤 俊太郎
所属団体埼玉弁護士会
住所 埼玉県さいたま市大宮区宮町1-15 松屋ビル6階
最寄駅大宮駅 徒歩3分
電話番号050-5228-2008
対応地域 東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県
定休日 土曜  日曜  祝日 
営業時間

平日 :10:00〜19:00

お気軽にお電話ください。
親身にご回答します。
電話番号 050-5228-2008
アクセスマップ
Btn map large