工藤啓介法律事務所の事務所情報

刑事事件弁護士検索

Office_info_201911081608_26421
Office_info_201911081608_26421 Office_info_201911081608_26422 Office_info_201910281133_26423
弁護士事務所詳細
工藤啓介法律事務所
埼玉県
弁護士 工藤啓介

埼玉県さいたま市さいたま市浦和区岸町7-1-4細田屋ビル2階

Btn-map
最寄 浦和駅 徒歩5分
利用規約個人情報保護方針に同意の上、ご連絡ください。

まずは、お気軽にお問い合わせください

0037-60076-9398 【通話料無料】

柔軟に対応します


工藤啓介法律事務所
柔軟に対応します
電話で問合せする
0037-60076-9398
メールで問合せする
事務所所在地
埼玉県さいたま市さいたま市浦和区岸町7-1-4細田屋ビル2階

経験を活かした「事件の目利き」に自信がございます

代表弁護士 工藤は、検事として10年以上・弁護士として14年、刑事事件に関する実務経験を積んで参りました。

検事を経験したことから、捜査の進みや捜査機関側の出方などを熟知し、初回相談30分の中で大まかな今後の見通しをお伝えするなど迅速な状況判断事件の読みに自信がございます。

ご家族が逮捕・警察へ連行された方、または、現段階で警察が介入している(捜査・取り調べを受けている)といった方、まずは初回無料の法律面談をご利用ください。

 

休日・夜間23時まで対応】弁護士へ直接ご相談頂けます

当事務所では、平日・土日祝問わず23時まで弁護士直通ダイヤルとなっておりますので、お電話越しに現在の状況をお聞きし、迅速な初期動作へ移すことが可能です。

また、お電話越しでは正確な回答ができないと判断した際は、詳細をお聞きするためご来所をお勧めしております。

「どう伝えればいいかわからない」という方は、事件の概要を参考におまとめ頂くとスムーズです。

 

  • お名前
  • ご相談内容(いつ・どこで・だれが・どのような)
  • ご都合の良い連絡先

 

《経験年数20年以上》経験に基づき、解決策のご提案をさせて頂きます

刑事事件は時間との勝負です。

取り調べで話した内容は、供述調書としてまとめられ、裁判の際、非常に重要な証拠となります。供述調書に記載された内容を認めてしまうと、撤回は難しいことがほとんどです。

刑事事件について調べた方なら、「弁護士が来るまでは黙秘をした方がいい」という情報を見つけた方もいるかもしれません。しかし、それが良いか悪いかは事件の内容によって変わってきます。

早期段階で弁護士が介入し、今後の適切な対応や受け答えに関するアドバイスを行うことにより、

  • 逮捕後、早期の身柄解放
  • 前科をつけず社会生活へ復帰
  • 被害者との和解

など、これまでの日常生活へ戻れる可能性や、社会復帰への影響を最小限にとどめられる可能性がございます。

まずはお電話・メールにてお問い合わせください。

 

弁護士費用の目安

事件の難易度によって、必要な費用が異なる場合がございます。

その際は、ご依頼前に必ず見積もりをいたしますのでご安心ください。

 

【簡易な在宅事件の場合】

内訳

金額

初回相談

無料

着手金

15万円(税別)~

報酬金

15万円(税別)~

 

◆【簡易な身柄事件の場合】

内訳

金額

初回相談

無料

着手金

30万円(税別)~

報酬金

30万円(税別)~

 

 

当事務所がご相談と向き合う中で心掛けていること

弁護士 工藤が依頼を受ける際に大事にしていることは、「まず依頼者を信じること」です。

もちろん犯罪は許されないことですが、起こしてしまった以上はその事実を受け止め、罪を償わなければなりません。

ご相談へ来られた方へは見通しや今後の説明だけではなく、デメリットも合わせてお伝えするなど、ご依頼から解決まで責任をもって対応致します。

 

《解決事例》こうした実績がございます

取り調べへの対応を徹底指導し、不起訴を獲得した事例

依頼主

20代大学生の親

相談前のご状況

オレオレ詐欺の受け子として息子が逮捕されたが、本人は詐欺とは知らなかったようだ。

大学も継続できるよう弁護してほしい。

知らずに詐欺に関わってしまった大学生の事例。

当番弁護士は有罪になるような口ぶりだったが…

相談後のご状況

すぐに刑事事件として受任し接見したところ、大学横断的なサークルで割りの良いバイトとして紹介されたのが本件であると判明。

バイトとして紹介された人物を積極的に供述していたので、詐欺の故意はないと判断できた。

黙秘は勧めず、しかし、不利な供述調書を録取されないよう署名指印拒否を徹底指導した。

その結果、勾留20日で釈放となり、その後不起訴処分となった。大学も退学にならずに済んだ。

 

~~先生からのコメント~~

刑事事件は、スピードと的確な方針の策定が大事です。

十分な法的知識と迅速な対応が、身柄の早期解放の鍵になります。

この事件は、まさに法的知識と迅速な対応により、早期の身柄が解放された事件です。

当番弁護士は有罪になるような口ぶりで話を聞いていたとのことで、依頼者も対応の違いに驚いていました。

 

こうしたご相談も解決した実績がございます

・マウントゴックス事件 
・犯罪等その他刑事事件

経歴

青森県立青森高等学校  卒業

中央大学法学部法律学科 卒業

 

1996年 東京地検検事

1996年 浦和地検検事

2003年 大阪地検検事

2005年 名古屋地検検事

2007年 弁護士登録

 

 

お気軽にお電話ください。
親身にご回答します。
通話料
無料
0037-60076-9398
メールで問合せする
弁護士事務所情報
事務所名工藤啓介法律事務所
弁護士 工藤啓介
所属団体埼玉弁護士会
住所 埼玉県さいたま市さいたま市浦和区岸町7-1-4細田屋ビル2階
最寄駅浦和駅 徒歩5分
電話番号0037-60076-9398 【通話料無料】
対応地域 埼玉県
定休日 土曜  日曜  祝日 
23時まで電話可能

9:30~17:30

23時まで電話可能備考22時以降は極力折り返しします。
お気軽にお電話ください。
親身にご回答します。
通話料
無料
0037-60076-9398
メールで問合せする
アクセスマップ
Btn-map-large