殺人罪のコラム一覧

殺人罪にまつわる、お役立ちコラム一覧です。

 > 
 > 
殺人罪
キーワードからコラムを探す
刑事事件 無料相談Q&A

過去の「質問と回答」から検索する


刑事事件に関する相談を匿名で投稿する

Btn-post ※専門家からの回答は
 約2営業日前後で投稿されます

殺人罪コラム 一覧

58件の 殺人罪コラム 110件を表示

Pixta_26163186_m
公開日2017.5.7 カテゴリ 殺人罪

殺人未遂事件で執行猶予判決になる基準と弁護活動のメリット

殺人未遂罪でも刑罰が軽くなれば執行猶予を受けられる可能性があります。執行猶予を獲得するためには、殺意がないことの証明が最も重要になるでしょう。
Pixta_18794003_m
公開日2017.5.7 カテゴリ 殺人罪

殺人未遂罪の成立条件|加害者が知っておくべき殺人未遂の減...

殺人未遂罪(さつじんみすいざい)とは刑法第203条で定められている未遂罪であり、殺人未遂罪が成立する最も重要な条件は『殺意の有無』であるとされています。
Pixta_14582387_m
公開日2017.5.7 カテゴリ 殺人罪

殺人未遂における公訴時効の基準と公訴時効が停止する条件

殺人未遂罪による公訴時効は25年ですが、事件について起訴をされると時効が停止します。今回は殺人未遂事件における時効期間と時効停止の基準について解説していきます。
Pixta_29251252_m
公開日2017.4.28 カテゴリ 殺人罪

殺人未遂における量刑の相場|量刑の加重減軽を決める基準

殺人未遂罪による量刑の相場は3年~15年が一般的だとされていますが、未遂罪による減免が考慮されるため比較的軽い量刑になる可能性も高くなります。
Pixta_28347469_m
公開日2017.4.24 カテゴリ 殺人罪

殺人未遂による懲役刑の基準と減軽させる3つのポイント

殺人未遂罪による懲役刑は法律上5年以上の懲役が定められていますが、犯行方法や殺意の有無によって減軽の可能性もあります。今回は殺人未遂における懲役刑を定める基準について解説したいと思います。
%e7%9b%b8%e8%ab%87
公開日2017.3.22 カテゴリ 殺人罪

刑事事件で弁護士に相談すべき人と相談するメリット

刑事事件に関わってしまったのであれば、すぐさま弁護士に相談するようにしましょう。本記事では、すぐさま弁護士に相談すべき人と、弁護士に相談した場合のメリットをお伝えします。
Freee151108159417_tp_v
公開日2016.12.6 カテゴリ 殺人罪

任意同行に応じる必要性と任意同行を求められた場合の対処法

任意同行(にんいどうこう)とは、犯罪容疑のある人物が警察などの捜査期間から任意的に捜査に同行してもらうことです。
Gf01a201503022200
公開日2016.12.6 カテゴリ 殺人罪

偽証罪は証人が嘘を付く罪|罪の定義と類似の罪

偽証罪(ぎしょうざい)とは、法律のより宣誓した証人が虚偽の陳述を行うことに対する犯罪です。法定刑は3カ月以上10年以下の懲役という重い罰則が設けられている犯罪です。
Saiban
公開日2016.12.1 カテゴリ 殺人罪

情状証人とは|情状証人の役目と注意点

情状証人(じょうじょうしょうにん)とは、刑事裁判で被告人の刑の定めるにあたっての事情を述べるために公判廷に出廷する証人を言います。刑事裁判では弁護側と検察側のどちら側に情状証人が付くことがあります。
Bad
公開日2016.11.22 カテゴリ 殺人罪

夫が逮捕された場合の対処法|刑事事件の流れと離婚事由

今回は、夫が逮捕された後の刑事手続きの流れと、逮捕されてしまった夫と離婚についてご説明していきます。
58件の 殺人罪コラム 110件を表示