> 
 > 
殺人罪
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit

殺人罪コラム 一覧

74件の 殺人罪コラム 110件を表示

140421time-thumb-640x373-73668
公開日2018.10.18 カテゴリ 殺人罪

無料で簡単に呼べる当番弁護士は逮捕で困った被疑者の味方

当番弁護士とは、刑事事件で逮捕された被疑者が、起訴される前の段階でも弁護活動を行いやすくするために日弁連が設けた制度、または、それにより派遣される弁護士の事を言います。
New_pixta_34884621_s
公開日2018.10.5 カテゴリ 殺人罪

傷害罪の示談金に相場はあるの?|罰則・事例・疑問などを解...

傷害罪の示談金に相場はあるのでしょうか。また示談金が決まる基準はあるのかなど、疑問は尽きません。この記事では、傷害罪の示談金の相場、決まる基準、裁判例、示談のメリットと効果、傷害罪の罰則、示談に関する...
%e6%ae%8b%e6%a5%ad%e4%bb%a3%e3%82%bc%e3%83%ad
公開日2018.10.4 カテゴリ 殺人罪

刑事事件で弁護士をつけないことは可能?費用を払えない場合...

刑事事件で弁護士をつけないことは可能?高額な弁護士費用は払えないという方もいるのではないでしょうか。この記事では、刑事事件で弁護士をつけないことは可能なのか、費用が払えない場合どうすればいいのか、弁護...
Pixta_37943346_s
公開日2018.8.3 カテゴリ 殺人罪

殺人で逮捕された後の流れや罰則・事例を解説

殺人で逮捕され、刑事裁判にて有罪判決が下されると、死刑や無期懲役などの罰則が科せられる可能性があります。ただし、中には正当防衛として扱われるケースや、過失致死罪が適用されるケースもあります。この記事で...
New_pixta_19458787_s
公開日2018.7.24 カテゴリ 殺人罪

【加害者向け】弁護士に相談・示談交渉を依頼するメリット

交通事故や刑事事件の加害者になってしまい、何をすべきなのか見当がつかない場合があります。その時は弁護士への依頼を推奨します。この記事では加害者になってしまったときに弁護士に依頼するメリットや選び方をお...
Lgf01a201407060900
公開日2018.7.23 カテゴリ 殺人罪

誤認逮捕の実例と無実にも関わらず逮捕された場合の正しい対...

誤認逮捕とは、警察などの捜査機関が無実の人物を逮捕してしまうことです。
Pixta_18794003_m
公開日2018.7.19 カテゴリ 殺人罪

殺人未遂とは|未遂罪の構成要件と逮捕後の流れ

殺人未遂で逮捕・起訴される構成要件と量刑が決まるポイント、減刑となる基準などを解説します。刑法第203条で殺人未遂罪が成立する最も重要な条件は、『殺意の有無』であるとされていますが、本記事で詳しく解説...
Pixta_24138354_s
公開日2018.7.19 カテゴリ 殺人罪

実名報道とは|匿名報道との判断基準とプライバシー侵害等の...

実名報道(じつめいほうどう)とは、マスメディアの報道において関係者の実名を明示することを言います。今回は、実名報道の問題点や、実名報道されてしまった際の対処法などをお伝えします。
Kodoku
公開日2018.7.19 カテゴリ 殺人罪

保護責任者遺棄罪が問われるケースと逮捕された後の対処法

保護責任者遺棄罪(ほごせきにんしゃいきざい)とは、扶助が必要な人物を置き去りにする犯罪です。扶助が必要な人物の保護をしなかったという、いわゆる「何もしなかったこと」が罪に値します。
2807285054_cfb1a4288b
公開日2018.7.12 カテゴリ 殺人罪

無期懲役とは期限のない懲役刑|死刑判決や終身刑との違いと...

無期懲役は期限のない懲役刑の事ですが、日本では死刑に次いで重い刑罰です。無期懲役は一生刑務所から出られないという認識がされますが、最も長い刑期の1.5倍を上限に刑期となるだけで、上限は30年です。この...
74件の 殺人罪コラム 110件を表示