長崎で刑事事件が得意な弁護士一覧

  • 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
北海道
相談内容
器物破損

《長崎》刑事事件の加害者や逮捕された方の弁護・相談が得意な弁護士

長崎で刑事事件が得意な法律事務所1件です。

刑事事件弁護士ナビ > 長崎県の刑事事件弁護士
利用規約個人情報保護方針に同意の上、各法律事務所にご連絡ください。
1 件の 刑事事件が得意な 弁護士の検索結果一覧 11件を表示
※現在、長崎県に所在する弁護士・法律事務所は未登録です。
長崎県のご相談に対応可能な以下の弁護士・法律事務所へご相談ください。

長崎県のご相談に対応可能な他県の法律事務所

【性犯罪被害者専門の女性弁護士】【女性カウンセラー在籍】【土日祝日・夜間対応可】【オンライン・電話・メール・出張相談対応】女性弁護士と女性の心理カウンセラーが常駐し、連携して被害者支援に当たっています
  • 性犯罪
  • 痴漢・わいせつ
  • 少年事件
Icon address住所
広島県広島市西区庚午中4-19-26 サンヨウビル206
Icon train最寄駅
古江駅(広電宮島線)から徒歩7分/庚午中3丁目バス停(広島バス25号線)から徒歩2分
Icon area対応地域
全国
お問い合わせは
コチラから
 050-1243-3256
現在営業中

「刑事事件ナビを見て電話した」とお伝えいただけると対応がスムーズになります

1 件の 刑事事件が得意な 弁護士の検索結果一覧 11件を表示

長崎県の犯罪件数と検挙率

長崎県では、令和元年中に3,394件の犯罪が認知され、2,204件が警察によって検挙されました。発生した犯罪事件を警察が検挙した割合を示す検挙率は64.94%です。

 

過去5年間の長崎県における犯罪認知件数は以下のグラフのとおり推移しています。

長崎県の事件認知数・検挙数・検挙率の推移

【参考】過去5年間の犯罪統計(平成27年~令和元年)|長崎県警察

 

長崎県における犯罪の認知件数は過去5年間で大幅に減少しており、16年連続の減少となっています。検挙数も減少していますが認知件数ほどの大きな減少ではなく、平成27年にはついに検挙率60%を超えました。

 

平成30年における検挙率の全国平均は37.9%なので、長崎県は全国平均を28ポイントも上回る検挙率を誇っています。例年、検挙率をみると長崎県は全国トップ5以内の常連となっており、非常に警察の対応力が高いため「罪を犯せば逮捕・検挙されやすい県」であることは間違いありません。

 

警察組織による検挙とは?

検挙といえば、一般的には逮捕をして捜査を進めるイメージがありますが、逮捕されずに検挙される場合もあります。

 

在宅捜査になれば、身体拘束を受けずに日常生活を送りながら捜査を受けることが可能です。証拠隠滅や逃亡の恐れがないと認められれば、必ずしも逮捕されるとは限りません。

 

ちなみに弁護士の働きかけにより、逮捕されたが在宅捜査に切り替えてもらえた事例があります。

逮捕されると、起訴・不起訴の確定までに最長23日間の身体拘束を受ける可能性があるので、長期拘束を避けたい場合には弁護士への相談を検討しましょう。

 

長崎県で起こった犯罪の傾向

長崎県で、令和元年中に発生した犯罪の種類と認知件数の状況をまとめました。

 

犯罪名

認知数

窃盗犯

2,180件

粗暴犯

404件

知能犯

210件

風俗犯

52件

凶悪犯

25件

その他

523件

【参考】犯罪統計(令和元年 確定値)|長崎県警察

 

もっとも認知数が多かったのは空き巣や万引きなどの「窃盗犯」でしたが、前年と比較するとマイナス155件という大幅な抑止に成功しています。

 

暴行・傷害などの「粗暴犯」、詐欺・横領などの「知能犯」、賭博・強制わいせつなどの「風俗犯」、殺人・強盗などの「凶悪犯」も、同じく認知件数が減少しました。

 

「その他」に分類されている占有離脱物横領は前年比プラス46件と大きく増加していますが、そのほとんどが自転車の盗難に関連するものです。警察官のパトロール・職務質問による認知は即検挙に結びついているので、治安の悪化というよりも、むしろ警察力の高さが目立ちます。

 

長崎県で犯罪が多い地区

認知された事件件数から、長崎県内で犯罪が多い市町村の上位10位をランキングしました。

 

地域

犯罪認知件数

長崎市

1,230件

佐世保市

696件

大村市

280件

諫早市

278件

島原市

120件

西彼杵郡時津町

117件

雲仙市

75件

五島市

72件

南島原市

69件

壱岐市

68件

【参考】犯罪統計(令和元年 確定値)|長崎県警察

 

長崎県内でもっとも犯罪の認知が多かったのは、人口約43万人を抱える長崎市でした。商業施設や飲食店街が栄えているので、どの街よりも犯罪が発生しやすいのは当然の結果でしょう。

 

2位以下も人口のランキングとほぼ一致しているので、人口が集まり、街の規模が大きいほど、犯罪が発生しやすいという傾向は明らかです。

 

つまり、認知件数が多いからといって「治安が悪い」と決め付けられるわけではありません。県内の治安情勢は比較的に安定しているので、どの街でも「罪を犯せば逮捕・検挙される」という状況にかわりはないでしょう。