《群馬県》暴行罪・傷害罪の加害者や逮捕された方の弁護・相談が得意な弁護士

群馬で暴行罪・傷害罪が得意な法律事務所88件です。

刑事事件弁護士ナビ > 群馬県の刑事事件弁護士 > 群馬県の暴行罪・傷害罪弁護士

地域を絞り込む

利用規約個人情報保護方針に同意の上、各法律事務所にご連絡ください。
88 件の 暴行罪・傷害罪が得意な 弁護士の検索結果一覧 140件を表示
【年間相談件数800件以上】ご家族の早期釈放・前科回避を目指し迅速対応いたします。◆性犯罪(盗撮・強制わいせつなど)で逮捕されたら◆刑事事件の実績豊富な弁護士が【24時間・365日対応】
Icon address住所
群馬県高崎市東町85-3 須藤ビル5階
Icon train最寄駅
高崎駅東口から徒歩6分(赤い非常階段が目印)/関越道高崎ICから車で10分 ※建物前の車寄せスペースは、無料でお使いいただけます。
Icon area対応地域
群馬、東京、神奈川、千葉、埼玉、長野、新潟
営業時間
09:00〜21:00
09:00〜19:00
現在営業中 お問合せはコチラから
ご相談時のポイント
刑事事件のご相談時のポイント
全国61拠点!340名以上の弁護士がスピード対応!英語・中国語も対応可能
【傷害罪などの解決実績多数】【元検事が率いる実力派チーム】◆30分以内に即弁護!◆相談料0円◆逮捕後の弁護に強み!◆不起訴の獲得・示談成立・早期釈放など迅速に対応致します/p>
Icon address住所
群馬県高崎市田町57番地1太陽生命高崎ビル7階
Icon train最寄駅
JR「高崎」駅より徒歩13分
Icon area対応地域
群馬県
営業時間
09:30〜21:00
09:30〜18:00
現在営業中 お問合せはコチラから
ご相談時のポイント
刑事事件のご相談時のポイント
よくある質問
複数の事務所に問い合わせても大丈夫ですか?
回答
大丈夫です。弁護士によって依頼後の対応や解決方針が異なる場合もあります。実際に問い合わせて話を聞いてみて、あなたにあった弁護士を探しましょう。
【元検事弁護士】【相談料0円】当事務所は刑事事件案件に力を入れております。すでにご家族が逮捕された方は相談料0円にて承っておりますのでお気軽にご連絡ください。
Icon address住所
群馬県高崎市片岡町 1-13-19日光ビル2階2号室
Icon train最寄駅
【高崎駅 自動車4分】
Icon area対応地域
東京都 埼玉県 群馬県 栃木県
営業時間
8:00〜22:00
現在営業中 お問合せはコチラから
ご相談時のポイント
刑事事件のご相談時のポイント
【弁護士歴17年】群馬県で、刑事事件にお困りなら“早急に”ご相談ください!刑事事件はスピード勝負。また、これまでの経験とノウハウが重要です。刑事事件の経験豊富な弁護士が在籍する当事務所へぜひご相談を!
Icon address住所
群馬県前橋市大手町3丁目11番6号※駐車場完備
Icon train最寄駅
自動車 − 関越自動車道前橋インターから10分 電車 − 両毛線、高崎線前橋駅下車徒歩25分 両毛線、高崎線新前橋駅下車徒歩25分 バス − 前橋駅から高崎駅行に乗り、農林中金前下車徒歩6分  新前橋駅から前橋駅行に乗り、日銀前下車徒歩5分
Icon area対応地域
群馬県および近隣の地域
営業時間
09:00〜17:00
営業時間外 お問合せはコチラから
ご相談時のポイント
刑事事件のご相談時のポイント
よくある質問
弁護士を選ぶコツなどはありますか?
回答
あります。地域・分野で絞り込み検索した上で、気になる事務所のページを確認し「相談したい分野で実績があるか、自分の希望する条件(例:休日相談可)を満たしているか、自分と相性が良さそうか」など、細かく確認することで、あなたにとってより良い弁護士が見つかる可能性が高まります。
群馬県 のご相談に対応可能な、他県の弁護士・法律事務所を見る
88 件の 暴行罪・傷害罪が得意な 弁護士の検索結果一覧 140件を表示
暴行罪・傷害罪が得意な群馬県の刑事弁護士が回答した法律相談QA
飲酒運転同乗罪は酔っ払って店を出るところや車に乗るところの記憶がなくても成立するのか
相談者(ID:00943)さんからの投稿
上司が車で迎えに来てくださり、居酒屋へ行きました。私は生ビール1杯とハイボール3杯くらい、上司は生ビール1杯とレモンサワー3杯くらい飲んでて、フードのラストオーダーのところまでは覚えています。酔いすぎてそれ以降の会計だったり、車に乗ったところの記憶がなく、事故の衝撃があったところからなんとなく覚えている状態です。車同士の交通事故で、お相手には怪我はありませんでした。上司は逮捕され2日勾留されていました。酩酊状態でも同乗罪は問われてしまうのでしょうか。
上司が車で迎えに来てくれた段階で,飲食後,どのように帰ることを予定していたのか,飲酒後,事故の現場が自分の家に向かっている途中だったのか否か,メールやLINEでのやり取りの内容,居酒屋での会話内容などを踏まえて,飲酒運転する上司の車に同乗させてもらったと言える状況であれば,同乗罪で捜査の対象になる可能性は高いと思います。
同乗罪は故意犯ですが,記憶にないだけで,当時は,同乗の認識があったということが前記証拠関係から判明すれば,記憶の有無に関係なく,故意を認めることはできます。
松井法律事務所からの回答
- 回答日:2022年04月01日