• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
北海道
相談内容
器物破損

不法侵入ってどこから?オートロックのある住宅をセールスがうろつくのはセーフ?

~いざという時の備えに~刑事事件マガジン

刑事事件弁護士ナビ > 刑事事件マガジン > その他 > 不法侵入ってどこから?オートロックのある住宅をセールスがうろつくのはセーフ?
キーワードからマガジンを探す
Sidebar writer recruit
刑事事件マガジン
公開日:2018.7.7  更新日:2021.4.27
その他 弁護士監修記事

不法侵入ってどこから?オートロックのある住宅をセールスがうろつくのはセーフ?

New frestocks 201612250029

誰かの住居や建造物に正当な理由もなく侵入することを、よく不法侵入と呼びますよね。実は、不法侵入罪という罪名はなく、正式には『住居侵入罪(じゅうきょしんにゅうざい)』『建造物侵入罪(けんぞうぶつしんにゅうざい)』といいます。

(住居侵入等)

第百三十条 正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船に侵入し、又は要求を受けたにもかかわらずこれらの場所から退去しなかった者は、三年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。

引用元:刑法第130条

不法な侵入とはなんなのか、どこからが不法侵入になるのか。この記事では、不法侵入かどうかの境界線と、住居侵入罪になる行為についてご紹介します。

刑事事件が得意な弁護士を探す

無料相談・休日相談・即日面談が可能な

法律事務所も多数掲載!

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

不法侵入(住居侵入罪)の境界線とは?

冒頭でもお伝えしたとおり、住居侵入罪は『正当な理由もなく他人の住居などに侵入する犯罪』です。

 

ちなみに、ここでいう住居は人が寝起きや食事をする場所のことをいいます。つまり、たとえホテルの1室であっても、泊まっている間はその人の住居になります。また、住居の周りを囲っている塀の中も住居とみなされます。

 

では、どこからが不法侵入なのでしょうか。

住居権者の意思に反する侵入

住居権者とはその住居に住んでいる人のことです。住居権者の意思に反する侵入は、不法侵入として住居侵入罪になります。例えば「入るな」と言われていたにもかかわらず、そこに入っていくような行為です。

侵入者の行為

例えば同じ場所に勝手に入ったとしても『盗みを行うために住居権者のすきを見て勝手に入った』場合と、『人の住居とは知らずに入った』場合とでは、大きく意味が違います。一概には言えませんが、後者は事件として立件しないケースも考えられるでしょう。

これは不法侵入!?住居侵入罪になる行為

不法侵入かどうかの境界線についてご紹介しましたが、以下のようなケースは、住居侵入罪に該当するのでしょうか。

郵便やチラシを配るのに住居に入る行為

郵便ポストが敷地内に設置されているのであれば、郵便やチラシを投函するために敷地に立ち入る行為は住居権者の意思に反するとまではいえません。そのため、和やかな対応で立ち入るのであれば、住居侵入罪は成立しません。

元交際相手の家に合鍵で入る行為

相手に無断で侵入したのであれば住居侵入罪となります。たとえ、室内にある自分の荷物を取りに入っただけでも無断で立ち入る行為は犯罪です。なお、交際相手であっても勝手に合鍵を作って侵入すれば、当然住居侵入罪は成立します。

オートロックのある住宅を訪問セールスがうろつくのはセーフなのか

いわゆるオートロックのマンションでは、玄関でインターホンを押して、自動ドアの施錠を解除してもらいますよね。では、一度入った訪問販売員が別の住宅を回る行為は、不法侵入にならなのでしょうか。

 

最初にインターホンを押して建物内に入った場合は管理権者の意思に反する立ち入りではないため、建造物侵入とはなりません。一方、訪問先での用事を終えた後にマンション内をうろつく行為は、管理権者が許容しない立ち入り行為といえますので、その時点で建造物侵入の罪に問われる可能性があります。

 

また、管理人から立ち退くように求められてもなお立ち退かない場合、不退去罪が成立する可能性もあります。

(住居侵入等)

第百三十条 正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船に侵入し、又は要求を受けたにもかかわらずこれらの場所から退去しなかった者は、三年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。

引用元:刑法第130条

まとめ

住居侵入は比較的軽微な犯罪ではありますが、場合によっては逮捕される可能性もあります。

そもそも犯罪行為を犯すべきではありませんが、仮にそうなった場合は弁護士に相談して、しかるべき対応をしてください。

刑事事件が得意な弁護士を探す

無料相談・休日相談・即日面談が可能な

法律事務所も多数掲載!

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
編集部

本記事は刑事事件弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※刑事事件弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

その他に関する新着マガジン

その他に関する人気のマガジン


その他マガジン一覧へ戻る