弁護士法人シティ総合法律事務所の事務所情報

刑事事件弁護士検索

 > 
 > 
 > 
弁護士法人シティ総合法律事務所
Office_info_21251
Office_info_21251 Office_info_21252 Office_info_21253
弁護士事務所詳細
弁護士法人シティ総合法律事務所
北海道
弁護士 中村 浩士

北海道札幌市中央区南1条西10丁目4−143第2タイムビル

Btn-map
最寄 西11丁目駅から徒歩2分

まずは、お気軽にお問い合わせください

0066-97356-4947 【通話料無料】

18時42分現在、営業時間内です。


弁護士法人シティ総合法律事務所
18時42分現在、営業時間内です。
電話で問合せする
0066-97356-4947
メールで問合せする
事務所所在地
北海道札幌市中央区南1条西10丁目4−143第2タイムビル

元検事弁護士! 刑事事件ならお任せください。

当事務所の中村弁護士は、5年間検事として勤めた経験があり(転職後の弁護士経験は14年)、札幌と東京に事務所を構える弁護士法人の代表を務めています。

そのため、警察・検察での手続きや、捜査現場については熟知しており、その経験を活かして数多くの刑事事件を解決に導いてまいりました。

刑事弁護でしたら、当事務所にお任せください。
 

ご家族、恋人など、身近な人が逮捕されてしまった方へ

刑事事件は、次々と手続きや状況が進んで行きます。たった1時間が不起訴や、減刑を難しくしてしまう恐れがあるため、【刑事弁護はスピート勝負】と言うのです。

「どうしよう…。」と迷っているのなら、まずは弁護士にご相談することをつよくおすすめします。

当事務所は初回相談無料。「もう取り返しがつかない…」となる前に一度ご相談ください。

 

当事務所が選ばれる理由

初回相談無料

当事務所は初回相談を30分まで無料としています。電話相談も承りますので、お気軽にご相談ください。

 

当日・休日・夜間相談可能

刑事事件は、突然起こってしまうもの。ただでさえ焦っているなかで、夜が明けるのを待つ・週が開けるのを待つ、というのは難しいもの。一刻も早く行動に移したいですよね。

当事務所は当日・休日・夜間でも相談が可能です。まずは、お電話ください。(土日・祝日は完全予約制)

 

24時間相談受付

当事務所では、24時間、電話にてご予約を受け付けております。刑事事件はスピード勝負ですので、まずはご連絡を。

 

札幌市内出張可能

札幌市内であれは、こちらから出張相談に出向くことが可能です。ご来所が難しいという場合でも、お気軽にご相談ください。

 

駅近2分|駐車場完備

西11丁目駅から徒歩2分。駐車場もございます。

 

このような事件、ご相談ください

注力している案件

 

依存が根底にある犯罪での更生支援弁護

性犯罪(条例違反等含む)、窃盗・強盗、傷害・暴行、薬物犯罪、飲酒に伴う犯罪など

裁判員裁判対象の重大事犯

殺人、強盗など

知能犯

横領・背任など

交通事犯

道路交通法違反・業務上過失致死・危険運転致死など

 

よくあるご相談

  • 犯罪を犯してしまった息子(娘)の更生をしたい
  • 選任している弁護士がきちんと話を聞いてくない、刑事事件の経験が乏しいので、相談したい(セカンドオピニオン)
  • 再犯の恐れがあるので、依存症治療が必要な事案
  • 被害者との示談交渉が必要な事案
  • 証拠収集が必要な事案
  • 自首・自供を迷っている

など。

 

ご依頼者様に寄り添う対応を心がけています

犯罪を犯してしまった方にとって必要なのは、不起訴になることや、減刑だけでしょうか? その場で反省を示して情状酌量を得ても、再犯を犯してしまったらなんの意味もありません。

当事務所は、加害者の更生支援活動にも力を入れています。

刑事弁護、そして更生支援を担当した方からは、
 

「先生と出会えてよかった。ありがとう。先生、最初は怒って帰っていってしまったけれども、判決後、初めて先生の本当の姿を見た気がします。将来、一緒に更生支援に携わらせてください」


などの手紙をいただいたことも。弁護活動が終わったあとでも文通仲間、飲み仲間として交流を続けたりする方もいらっしゃいます。

また、私が平成31年7月11日に札幌市で更生志願者を積極的に雇用して更生支援をする予定の焼き肉店と立ち飲み日本酒店の出店計画に一緒に参画してもらうなど、実際に更生支援に参加してくださる方も。

弁護をするだけが、弁護士の役目ではありません。加害者・被害者のその後の人生も考え、お力になりたいと考えております。

 

被害者対応には細心の注意を払います。

示談交渉では、被害者と向き合うことが大切です。誤った対応をしたことで、示談に応じてもらえなくなってしまったり、被害届の取り下げが難しくなったりしてしまいます。

弁護士中村は札幌弁護士会の犯罪被害者支援委員会の委員長を勤めた経験があり、犯罪被害者支援に精通しております。そのため、被害者としっかり向き合う対応が可能。

示談交渉の際には、細心の注意を払って、被害者にも寄り添う対応をするように心がけています。

 

■■お願い■■

  • 『刑事事件』以外のご相談
  • 相談者様が北海道近郊にお住まいでない
  • 非通知でのお電話
  • すでに他の弁護士へ依頼済み

のご相談は恐縮ですがご遠慮いただいております。

※2回目以降の電話連絡は、011-222-9485 までお願いします。

----------------------------------------------------------------------------------

 

解決事例

暴力団組織に使われ、覚せい剤の密売をしていた事例

相談前

依頼者は、恋人が暴力団組織に使われ、覚せい剤の密売をし、逮捕されたという方でした。今後、暴力団組織ときっぱり縁を切り、更生してほしいと相談にいらっしゃいました。逮捕された本人も、しっかり更生したいと強い意向を示していました。しかし、話をしてみると、「他に仕事がなかった」「周りも悪い」など終始言い訳をしている状況でした。
 

相談後

あえて、喧嘩をし、恋人からフォローをいれてもらうなどの、依頼者と役割分担をして更生支援活動に着手。更生に必要なことが書かれた書籍の差し入れ、家族・恋人との面会・文通 を根気強く続けました。

また、私自身が更生をした経験などを話し、同じ目線で話すように心がけ、信頼関係を築くことができました。
前科があっても取得である行政書士試験を目指すべく、恋人とともに勉強を開始。面会では、今後の人生プランや勉強方法についても話しました。

すると徐々に、今回の事件は自分が招いた結果であり、それを反省、自分自身が変わっていくという考えにシフトしました。裁判でそのことを恋人が話し、結果として大幅な減刑が成立いたしました。
 

性犯罪の被害者との示談交渉と、更生支援活動

相談前

性犯罪を何度にも渡り犯した方の弁護活動。更生を強く願うご家族からの相談でした。アダルト動画に見入ってしまい、通りすがりの女性に性犯罪を繰り返していました。この裁判は、裁判員裁判対象の事件。加害者の更生支援活動に重点を置く弁護活動が必要とされました。
 

相談後

被害者が多数いたため、一人ひとりとの示談交渉のほか、性犯罪の根本的な原因である依存症の治療・更生に力を入れる必要がありました。

自身の罪の大きさ、自身の行為が被害者にどれだけの影響を与えたかを自覚してもらことが重要なため、まずは依存症の治療が最優先。専門医との治療計画を立て、更生活動に注力ししました。

更生の道筋があると被害者家族にお話しすることもでき、ご理解いただけたご家族とは示談が成立。加えて、医師の視点での原因と再発防止策、本人の更生のための取り組みなど裁判所に示し、結果として求刑の6割まで刑が減刑されました。
 

お気軽にお電話ください。
親身にご回答します。
通話料
無料
0066-97356-4947
メールで問合せする
弁護士事務所情報
事務所名弁護士法人シティ総合法律事務所
弁護士 中村 浩士
所属団体札幌弁護士会
住所 北海道札幌市中央区南1条西10丁目4−143第2タイムビル
最寄駅西11丁目駅から徒歩2分
電話番号0066-97356-4947 【通話料無料】
対応地域 北海道 
定休日
営業時間

平日 :9:00〜23:00

土曜 :9:00〜23:00

日曜 :9:00〜22:30

祝祭日:9:00〜23:00

営業時間備考事務所の営業時間は9:00~18:30です。
土日祝は完全予約制です。
弁護士経歴 職歴

1998年 10月 司法試験合格
1999年 4月 司法研修所入所
2000年 10月 東京・仙台・札幌各地方検察庁検事
2005年 4月 弁護士転向・太田三夫法律事務所入所
2007年 4月 中村総合法律事務所開設
2014年 12月 弁護士法人シティ総合法律事務所(札幌・東京オフィス)開設
事務所を法人化
2015年 3月 北海道社会保険労務士会登録

資格
2012年 12月 小型船舶1級免許
2017年 11月 FBO利酒師
2018年 6月 FBOワインコーディネーター
2019年 3月 一般社団法人フードアドバイザー協会 フードアドバイザー

過去の取扱事例(一部)

JR北海道軌道検査データ改ざん無罪事件 2019年2月

道内初裁判員裁判 2009年11月

駒大苫小牧高校野球部暴力事件調査委員会 2005年8月

六本木ヒルズ自動回転ドア死亡事故捜査 2004年9月

暴力団・右翼グループによる拉致監禁強盗殺人抗争事件捜査 2004年12月

羊蹄山ツアー遭難死亡事故公判 2003年4月
実績・相談例一覧 【出演メディア】
『フジテレビとくだね』、『イチオシ』、『どさんこワイド』等多数のメディアに刑事事件解説者等として出演

【取材を受けた雑誌等】
『北海道新聞』、『読売新聞』、『北方ジャーナル』等

【講演実績】
自治体、学校、様々な企業等で年間20件前後の講演依頼を受けています。
お気軽にお電話ください。
親身にご回答します。
通話料
無料
0066-97356-4947
メールで問合せする
アクセスマップ
Btn-map-large