薬物犯罪のコラム一覧

薬物犯罪にまつわる、お役立ちコラム一覧です。

 > 
 > 
薬物犯罪
キーワードからコラムを探す

薬物犯罪コラム 一覧

49件の 薬物犯罪コラム 110件を表示

Kakuseizai
公開日2017.9.12 カテゴリ 薬物犯罪

【弁護士監修】覚せい剤取締法違反で逮捕された後の流れと対...

今回は覚せい剤で逮捕されてしまった場合の刑事事件の流れや刑罰の重さ、逮捕されてしまった場合の対処法についてご説明していきます。
%e9%80%ae%e6%8d%95
公開日2017.8.25 カテゴリ 薬物犯罪

再逮捕の仕組みを解説|再逮捕されるケースと再逮捕までの流...

再逮捕(さいたいほ)とは、既に逮捕され勾留状態にある人物を釈放直後、又は勾留しながら再び逮捕をすることです。
%e5%8b%be%e7%95%99
公開日2017.8.25 カテゴリ 薬物犯罪

勾留とは|勾留される要件と早期に身柄を釈放してもらうため...

勾留(こうりゅう)とは、逮捕された被疑者、もしくは被告人を刑事施設に留置して拘束することで、逃亡や証拠隠蔽を防ぐために行います。
Pixta_21617114_s
公開日2017.6.8 カテゴリ 薬物犯罪

鑑別所と少年院の違い|鑑別所の役割と観護措置を回避する方...

鑑別所(かんべつしょ)とは、正式名称は少年鑑別所と呼ばれ、家庭裁判所の少年審判を開くために犯罪を犯した未成年の少年を収容し、少年審判で処分を決めるための材料を集めたり調べたりする施設のことです。
%e7%9b%b8%e8%ab%87
公開日2017.3.22 カテゴリ 薬物犯罪

刑事事件で弁護士に相談すべき人と相談するメリット

刑事事件に関わってしまったのであれば、すぐさま弁護士に相談するようにしましょう。本記事では、すぐさま弁護士に相談すべき人と、弁護士に相談した場合のメリットをお伝えします。
Nsfreee151108159417_tp_v
公開日2016.12.6 カテゴリ 薬物犯罪

任意同行に応じる必要性と任意同行を求められた場合の対処法

任意同行(にんいどうこう)とは、犯罪容疑のある人物が警察などの捜査期間から任意的に捜査に同行してもらうことです。
Gf01a201503022200
公開日2016.12.6 カテゴリ 薬物犯罪

偽証罪は証人が嘘を付く罪|罪の定義と類似の罪

偽証罪(ぎしょうざい)とは、法律のより宣誓した証人が虚偽の陳述を行うことに対する犯罪です。法定刑は3カ月以上10年以下の懲役という重い罰則が設けられている犯罪です。
Saiban
公開日2016.12.1 カテゴリ 薬物犯罪

情状証人とは|情状証人の役目と注意点

情状証人(じょうじょうしょうにん)とは、刑事裁判で被告人の刑の定めるにあたっての事情を述べるために公判廷に出廷する証人を言います。刑事裁判では弁護側と検察側のどちら側に情状証人が付くことがあります。
Lgf01a201409141000
公開日2016.11.25 カテゴリ 薬物犯罪

釈放とは身柄開放|刑事事件で早期釈放を獲得するための方法

釈放(しゃくほう)とは、捕らえられていた人物を許して自由の身にすることです。主に、刑事事件の場で使われる言葉です。刑事事件でも同じく、身柄拘束が解かれて身柄解放されることを意味します。
Bad
公開日2016.11.22 カテゴリ 薬物犯罪

夫が逮捕された場合の対処法|刑事事件の流れと離婚事由

今回は、夫が逮捕された後の刑事手続きの流れと、逮捕されてしまった夫と離婚についてご説明していきます。
49件の 薬物犯罪コラム 110件を表示