> 
 > 
薬物犯罪
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit

薬物犯罪コラム 一覧

60件の 薬物犯罪コラム 5160件を表示

Taiho
公開日2016.9.27 カテゴリ 薬物犯罪

身内が逮捕されたら知って欲しい逮捕後の流れと解決方法

逮捕は突然されます。ご家族や友人が逮捕されたら「今後どうなるのか?」「自分に何かできないか?」と、考えておられる方も多いでしょう。
%e5%ad%90%e4%be%9b
公開日2016.9.2 カテゴリ 薬物犯罪

少年事件での事件後の流れと解決へ向けた5つの弁護方法

少年事件(しょうねんじけん)とは、満20歳に満たない少年(ここで言う少年は女子も含みます)が、犯罪を起こしたり、今後起こす恐れがある事件のことです。こちらで少年事件について詳しく解説したいと思います。
Unnamed_(1)
公開日2016.8.26 カテゴリ 薬物犯罪

国が弁護士費用を負担する国選弁護人にはデメリットも多い

国選弁護人とは、逮捕・勾留された人が貧困等の理由で私選弁護士を呼べない際に、国が弁護士費用を負担して選任する弁護人のことで、活動内容は私選弁護人と同じ弁護活動をしてくれます。
Gahag-0086598959-1
公開日2016.6.10 カテゴリ 薬物犯罪

身内が逮捕された後の相談先と相談前に心がけておくこと

身近な方が逮捕されたのであれば、すぐに弁護士へ相談してください。今回は身内が逮捕された後に相談すべき相談先と相談前に心がけておくことをお伝えします。
%e9%bb%99%e7%a7%98%e6%a8%a9
公開日2016.4.19 カテゴリ 薬物犯罪

黙秘権とは|利用する際の注意点と知っておくべきデメリット

黙秘権とは、刑事事件の捜査で行なわれる取り調べの際に自分にとって不利益な供述にならないために、終始沈黙し、陳述を拒むことができる権利です。黙秘権は刑事訴訟法でもしっかりと権利として認められています。
Sagasu
公開日2016.2.24 カテゴリ 薬物犯罪

刑事事件を得意とする弁護士の選び方と良い弁護士の特徴

刑事事件での逮捕は突然起きます。賢い弁護士の選び方と迅速な対応で、結果も大きく変わってきます。
Lgf01a201408171000
公開日2015.12.22 カテゴリ 薬物犯罪

法定刑ごとの公訴時効一覧と過去の未解決事件一例

公訴時効とは、刑事上の時効の概念で、犯罪が終わってから一定期間が過ぎると、公訴の提起(起訴)ができなくなることです。
%e8%a6%b3%e5%bf%b5%e7%9a%84%e7%ab%b6%e5%90%88
公開日2015.11.13 カテゴリ 薬物犯罪

観念的競合の考え方|牽連犯・併合罪との違い

観念的競合とは、1つの行動で2つ以上の犯罪を起こすことです。刑罰の考え方としては、2つ以上の犯罪の中で最も重い犯罪の刑罰が対象となります。
%e9%80%ae%e6%8d%95%e5%be%8c
公開日2015.11.6 カテゴリ 薬物犯罪

逮捕後の流れと手を打つべき5つのポイント

警察に何度も逮捕されてしまうような人はそこまでいません。自分や家族が突然逮捕されてしまったら、今後どのような流れになるのか不安の方も多いと思います。
20150813-00010001-fumfum-000-1-view
公開日2015.8.26 カテゴリ 薬物犯罪

接見禁止の理由と、接見禁止でも面会をするための方法

接見禁止とは、逃亡、または証拠隠滅、第三者との口裏合わせなどの疑いがある被疑者に対して、弁護士以外の面会、書類(手紙)の受け渡しを禁止することができる。という、刑事訴訟法の規定になります。
60件の 薬物犯罪コラム 5160件を表示