神奈川で刑事事件が得意な弁護士一覧

  • 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
北海道
相談内容
器物破損

《神奈川県》刑事事件の加害者や逮捕された方の弁護・相談が得意な弁護士

神奈川で刑事事件が得意な法律事務所52件です。

刑事事件弁護士ナビ > 神奈川県の刑事事件弁護士
利用規約個人情報保護方針に同意の上、各法律事務所にご連絡ください。
52 件の 刑事事件が得意な 弁護士の検索結果一覧 140件を表示
【即日接見可能】【初回相談無料】逮捕されている・警察から呼び出されている場合は初回面談相談0円。早期解決のために、コミュニケーションを密に取りながら迅速に対応いたします。安心してご相談ください。
  • 性犯罪
  • 痴漢・わいせつ
  • 買春・援助交際
  • 盗撮・のぞき
  • 暴行罪・傷害罪
  • 殺人罪
  • 恐喝罪・脅迫罪
  • 器物破損
  • 窃盗罪・万引き
  • 横領罪・背任罪
  • 詐欺罪
  • 薬物・大麻
  • ひき逃げ・当て逃げ
  • 少年事件
Icon address住所
神奈川県横須賀市日の出町1-8 大和土地建物第3ビル401A
Icon train最寄駅
横須賀中央駅から徒歩約6分
Icon area対応地域
神奈川県
営業時間
09:30〜17:30
営業時間外 お問い合わせはコチラから
 050-5228-4863
事務所のメールまたはLINEで問い合わせをする
Pc mail modal
LINEお友達追加
【窃盗・少年事件・恐喝・横領など】LINE/メールでご面談予約24時間受付中!
【交渉力に自信!スピード対応】逮捕された家族の状況を知りたい/逮捕されそうな心当たりがある方は、すぐにご連絡を|経験豊富な弁護士があなたを全力でサポートいたします【初回面談0円|駅チカ】
  • 性犯罪
  • 痴漢・わいせつ
  • 買春・援助交際
  • 盗撮・のぞき
  • 暴行罪・傷害罪
  • 恐喝罪・脅迫罪
  • 器物破損
  • 窃盗罪・万引き
  • 横領罪・背任罪
  • 詐欺罪
  • 薬物・大麻
  • ひき逃げ・当て逃げ
  • 少年事件
Icon address住所
神奈川県横浜市神奈川区金港町5-36 東興ビル7階
Icon train最寄駅
JR横浜駅「きた東口A」徒歩1分
Icon area対応地域
関東全域
営業時間
09:00〜20:00
営業時間外 お問い合わせはコチラから
 050-5228-4932
事務所のメールまたはLINEで問い合わせをする
Pc mail modal
LINEお友達追加
よくある質問
複数の事務所に問い合わせても大丈夫ですか?
回答
大丈夫です。弁護士によって依頼後の対応や解決方針が異なる場合もあります。実際に問い合わせて話を聞いてみて、あなたにあった弁護士を探しましょう。
Icon address住所
神奈川県横浜市西区南幸2-10-15ライオンズマンション横浜西口704
Icon train最寄駅
横浜駅
Icon area対応地域
神奈川・東京・静岡
【秘密厳守で対応】逮捕されていないが、取調べを受けている方の初回面談無料●刑事事件累計相談1,000件以上●示談交渉に自信《お問い合わせは写真をクリック》痴漢/盗撮/淫行等の性犯罪/暴行/傷害/窃盗等お任せを
お問い合わせは
コチラから
 050-5228-2036
現在営業中

「刑事事件ナビを見て電話した」とお伝えいただけると対応がスムーズになります

Icon address住所
神奈川県川崎市川崎区駅前本町10-5クリエ川崎11階
Icon train最寄駅
【JR川崎駅徒歩4分】、【京急川崎駅徒歩1分】
Icon area対応地域
東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県
【年間100件以上解決実績】早期釈放・示談交渉自信があります。痴漢・盗撮・窃盗などでご家族が逮捕されてしまった方、すぐにご連絡ください。
お問い合わせは
コチラから
 050-5228-1910
現在営業中

「刑事事件ナビを見て電話した」とお伝えいただけると対応がスムーズになります

神奈川県 のご相談に対応可能な、他県の弁護士・法律事務所を見る
52 件の 刑事事件が得意な 弁護士の検索結果一覧 140件を表示
神奈川県の刑事弁護士が回答した解決事例
詐欺罪
20代男性
留学生による特殊詐欺「出し子」 示談が成立し、執行猶予を取った。
暴行罪・傷害罪
30代男性
【不起訴獲得】強盗致傷罪で逮捕されたが、不起訴を獲得した事例
窃盗罪・万引き
40代男性
【不起訴獲得】自首をすることで逮捕を免れ不起訴となった事例
殺人罪
30代男性
【執行猶予獲得】殺人未遂罪で逮捕されたが、執行猶予を獲得した事例
詐欺罪
20代男性
【執行猶予獲得】特殊詐欺で逮捕されたが、不起訴を獲得した事例
神奈川県の刑事弁護士が回答した法律相談QA
店舗従業員と客のトラブルがきっかけで従業員が店を辞めるとき、オーナーがそのトラブルを起こした客に対して損害賠償を請求することはできますか?
相談者(ID:00353)さんからの投稿
先日酔っ払い、お店にいた他のお客さんと取っ組み合いの喧嘩になりました。
その際に店長が間に入って止めようとしてくれた時に店長に危害を加えてしまいました。

その後そのお店のオーナーから連絡があり、
「この件でスタッフが辞めると言っている。スタッフに謝罪とお金を包んで欲しい。もしそこで解決できずにスタッフが辞めたら辞めた時の損害を請求する、裁判でもする。」

と言われました。

自分は酔っていて覚えてないとはいえ加害者なので店長に加えた危害については誠意を持って償いたいと思ってます。

ただそこで
[店長が店を辞めてしまったときの損害をオーナーから請求され裁判になった場合、自分に支払い義務はあるのでしょうか?]

どうか教えていただきたいです。
よろしくお願いします。
他の客と喧嘩をしたことと、スタッフが辞めたことの因果関係が問題となります。
喧嘩を止めようとした店長に危害を加えたようですから、それに対する損害賠償の義務はあると思われます。
しかし、店を辞めたこととどう関係があるのか、よくわかりません。
ですから、必ずしも義務があるとは言い切れませんが、店長が怪我をしたことで恐怖を感じ、仕事を続けることができなくなった、と言われれば、因果関係がまったくないとも言い切れないとも思われます。
謝罪とある程度の示談金を支払って、おさめられた方がよいと思います。
湘南よこすか法律事務所からの回答
- 回答日:2022年01月04日
供述調書の取り寄せ方法
相談者(ID:00104)さんからの投稿
恐喝事件の参考人として事情聴取を受けた者です。
聴取後、犯人は逮捕され被害者と示談をし、不起訴となりました。
私自身は事件に関わりがあった第三者に当たりますが、不起訴事件の刑事記録や供述調書を確認できますか?
民事事件で必要になるかもしれないため、確認したいと考えています。
被害者でないと、閲覧、謄写することはできないと思います。
民事で必要ならば、提訴後、裁判所から文書送付嘱託をすれば、開示される可能性があります。
湘南よこすか法律事務所からの回答
- 回答日:2021年10月26日
ご回答ありがとうございました。
法務省のHPを確認していましたが、分かりづらく、もしかしたら…と考えましたが、難しいのですね。
相談者(ID:00104)からの返信
- 返信日:2021年10月26日

神奈川県の犯罪件数と検挙率

神奈川県では令和元年、41,780件の犯罪が事件として認知され、そのうち17,738件が検挙されました。犯罪を起こしてしまい警察がそれを認知した場合、42.46%で逮捕されてしまうことになります。

 

過去数年間の神奈川県の犯罪認知数、検挙数、検挙率は、以下のような推移です。

 

神奈川県の事件認知数・検挙数・検挙率の推移【参考】刑法犯等の認知・検挙状況(グラフ)|神奈川県警

 

神奈川県における犯罪件数は、ここ数年間減少傾向にありますが、一方で検挙率は横ばいになっています。

 

2016年と2019年の検挙率を比較すると、3%程度のアップになっているので、全体的にみれば「犯罪は減っているが逮捕されやすい状況」といえるかもしれません。

 

警察組織による検挙とは?

検挙といえば、一般的には逮捕をして捜査を進めるイメージがありますが、逮捕されずに検挙される場合もあります。

 

在宅捜査になれば、身体拘束を受けずに日常生活を送りながら捜査を受けることが可能です。証拠隠滅や逃亡の恐れがないと認められれば、必ずしも逮捕されるとは限りません。

 

ちなみに弁護士の働きかけにより、逮捕されたが在宅捜査に切り替えてもらえた事例があります。

逮捕されると、起訴・不起訴の確定までに最長23日間の身体拘束を受ける可能性があるので、長期拘束を避けたい場合には弁護士への相談を検討しましょう。

 

神奈川県で起こった犯罪の傾向

令和元年の神奈川県全体の犯罪件数は、平成30年と比べて、5,000件の減となりました。犯罪の内容としては窃盗犯と知能犯、粗暴犯が多い傾向にあります。

 

それぞれの認知数は、以下のとおりです。

犯罪名 認知数
窃盗犯 33,487件
その他刑法犯 5,230件
知能犯 3,815件
粗暴犯 3,092件

【参考】過去の犯罪統計資料|神奈川県警

 

窃盗犯とは、空き巣や自転車窃盗、万引きや置き引きなどが該当するものです。中でも自転車窃盗と万引きは、窃盗犯全体の50.83%を占めています。

 

これらは日常生活を送るうえで、誰しもが犯してしまう可能性がある犯罪です。

 

神奈川県で犯罪が多い地区

神奈川県警の調査では、令和元年に神奈川県警で認知された事件の市区町村上位10位は、以下の通りです。

 

地域

犯罪認知件数

横浜市

27,680件

川崎市

11,498件

相模原市

7,007件

藤沢市

3,746件

大和市

2,712件

平塚市

2,461件

横須賀市

2,362件

厚木市

2,137件

茅ヶ崎市

1,751件

小田原市

1,638件

【参考】過去の犯罪統計資料|神奈川県警

 

上位3地域については、市町村の人口数と同じ並びであり、比例して多い状態です。横浜市は川崎市と比べても、人口が約2.5倍であるため、人口に対する犯罪率もほぼ同等といえるでしょう。

 

その他も概ね人口順といえますが、相模原市に次ぐ人口の横須賀市は7番目まで認知数が抑えられています。