> 
 > 
窃盗罪
キーワードからコラムを探す
Sidebar_writer_recruit

窃盗罪コラム 一覧

89 件の窃盗罪コラム 4150件を表示

New_pixta_27718979_s
公開日2018.2.26 カテゴリ 窃盗罪

親族相盗例とは|兄弟や配偶者でも適用される罪とその適用範...

親族相盗例とは親族間における犯罪の特例のことを言います。この記事ではどのような犯罪、どの親族の間で親族相盗例が適用され、親族相盗例で刑事告訴された場合の流れなどを説明します。
La201110131800
公開日2018.2.21 カテゴリ 窃盗罪

保釈金に関する2つの誤解と保釈されるまでの手順

保釈金とは、起訴を受け裁判を待つ期間の身柄を解くために、代わりに国に預けるお金のことです。
Lgf01a201406021200
公開日2018.2.21 カテゴリ 窃盗罪

処分保留とは|処分保留になる経緯とその後の傾向

処分保留とは、刑事手続が進められていく上で、期間内に十分な証拠が揃わなかった場合、起訴・不起訴の判断を保留して釈放させることです。
L201112182200
公開日2018.2.21 カテゴリ 窃盗罪

前科一犯とは?前科者の生活への影響と問題点

前科一犯とは、過去に犯罪を起こし、前科が1回付いた人の事を指します。“一犯”とは、前科になった回数の事で、2回、3回と増えていけば、二犯、三犯とその数字も増えていきます。
%e5%8b%be%e7%95%99
公開日2018.2.19 カテゴリ 窃盗罪

勾留とは|勾留される要件と早期に身柄を釈放してもらうため...

勾留(こうりゅう)とは、逮捕された被疑者、もしくは被告人を刑事施設に留置して拘束することで、逃亡や証拠隠蔽を防ぐために行います。
Courthouse-steps1
公開日2018.2.19 カテゴリ 窃盗罪

刑事裁判の全て|知っておくべき基礎知識

刑事裁判とは、犯罪を起こした疑いのある人が本当に犯罪を行ったのか(有罪か無罪か)。もし行ったとしたのならどの程度の刑罰を与えるのか(懲役何年や罰金何十万円など)。などを決める裁判です。
Gf01a201503231800
公開日2018.2.19 カテゴリ 窃盗罪

刑事事件の身元引受人|身元引受人が必要な場合とその役割

刑事事件での身元引受人(みもとひきうけにん)とは、逮捕によって身柄を拘束された被疑者(被告人)の監督を行なう人の事を言います。
L201109100600
公開日2018.2.19 カテゴリ 窃盗罪

少年院の実態|入所までの流れと少年院での生活

少年院(しょうねんいん)とは、家庭裁判所から保護処分として送致された少年を収容するための施設を言います。
%e4%bf%9d%e9%87%88
公開日2018.2.15 カテゴリ 窃盗罪

保釈の条件と申請から保釈金を納めて解放されるまでの流れ

保釈は、刑事裁判の公判を待つ勾留中の被告人が、保釈金を納付して刑事裁判までの間、一時的に身柄を解放させる制度です。ここでは釈放との違いや保釈金の相場、保釈の申請方法と条件について解説しています。
Unnamed
公開日2018.2.15 カテゴリ 窃盗罪

起訴されると99.9%の確率で有罪|不起訴処分となる3つ...

起訴と不起訴の違いは有罪と無罪ほどの違いと言っても過言ではありません。この記事では不起訴処分を条件をできるだけ分かりやすくまとめ、不起訴獲得のためにできること、弁護士の必要性について解説しています。
89 件の窃盗罪コラム 4150件を表示