阿曽山大噴火の裁判妙ちきりん 第17回 ~クスリに取り憑かれた大学生ラッパー〜

~いざという時の備えに~刑事事件マガジン

 > 
 > 
 > 
阿曽山大噴火の裁判妙ちきりん 第17回 ~クスリに取り憑かれた大学生ラッパー〜
キーワードからマガジンを探す
Sidebar_writer_recruit
刑事事件マガジン
2018.11.23

阿曽山大噴火の裁判妙ちきりん 第17回 ~クスリに取り憑かれた大学生ラッパー〜

Asozan_11

裁判傍聴芸人として名高い阿曽山大噴火による連載『裁判妙ちきりん』第17回!

法廷でしか味わう事のできない裁判のリアルをお届けします!

 

 

罪名 大麻取締法違反

被告人 22才の男子大学生

 

事件は今年の9月4日。

新宿区内のホテル客室内で、被告人は女性と共に、大麻を含む乾燥植物片43.09gを所持したという内容。

 

ちなみにこの裁判は、開廷の40分前に30人弱の行列ができて、職員が急遽整理券を先着で交付する注目の高さ。

 

初公判が行われる514号法廷は傍聴席20席ですからね。にもかかわらず、この原稿を書いてる時点で初公判を報じてるメディアがないので、記者とかじゃなくホントに見たい人が並んでたのかもしれませんね。

 

罪状認否で被告人は「(起訴状に間違い)ありません」と答え、罪を認めていました。

 

検察官の冒頭陳述によると、被告人は犯行時大学生で、ホテルで寝泊まりする生活だったという。

 

同じ客室にいたM(法廷ではもちろん本名)とは今年夏から一緒にホテルで寝泊まりする仲だったらしい。

 

犯行2日前の9月2日。

2人は現場のホテルに泊まり、1泊の予定だったが延泊。

2泊目の深夜、9月4日午前2時29分に警察官が客室に入り、テーブルの上に置いてあった大麻を発見したというのが事件の流れです。

 

一部報道では「ルームサービスを頼んで、部屋に入ったホテルマンがにおいを不審に思った」という情報だったけど、その辺の詳細は明かされず。

ただ、吸引した大麻の煙が反応したのか、当日は火災報知機が作動したらしい。

 

法廷には被告人の母親が出廷。大麻をやめさせる為に病院を探し、本人の意思で入院させたとのこと。

母親は違法薬物についての半年間のプログラムを受け、今後のサポートに役立てようとしてるそうな。家族総出でバックアップといったところでしょうか。

 

そして、被告人質問。まずは弁護人から。

 

弁護人

初めて大麻を使用したのはいつですか?

 

被告人

2年前の3月です

 

 

現在22才なので、20才か19才のときが初大麻。

 

弁護人

どういう状況ですか?

 

被告人

現地で地元の人から貰って吸いました

 

弁護人

現地って?

 

被告人

ハワイです

 

そのときは1回だけだったという。

 

弁護人

次に使ったのは?

 

被告人

大学に入学して半年経った頃です

 

弁護人

今からどれ位前?

 

被告人

約2年前です

 

弁護人

使用ペースはどれ位でした?

 

被告人

月1回程です

 

2年前から定期的に大麻を吸っていたと告白。

 

弁護人

それはどうやって入手してました?

 

被告人

他の大学の友人から貰って使ってました

 

弁護人

その人の名前言えます?

 

 

被告人

はい。K(法廷では本名)です

 

入手先を明かすというのは反省の表れでもありますからね。

 

弁護人

では、自分で買うようになったのは?

 

被告人

今年の2月頃です

 

弁護人

誰からですか?

 

被告人

Kの友人です

 

 

大麻友達って感じですかね。

 

弁護人

何gいくらで買いました?

 

被告人

50g12万5,000円

 

弁護人

その次はいつ、どれ位買いました?

 

被告人

今年の7月か8月で、100g25万円です

 

弁護人

今回所持してたのは、そのときに買って吸った残りのものだと

 

被告人

そうです

 

弁護人

60gを吸ったんですか?

 

被告人

はい

 

ニュースだと営利目的の所持って話だったけど、自分で吸うために持ってたみたいです。

他の大麻事件と比較しても、なかなかの量ですけどね。

 

弁護人

このときの使用頻度は?

 

被告人

2日に1回、もしくは毎日の週もありました

 

弁護人

量が増えたのはなぜですか?

 

被告人

Kの友人と会う機会が増えたからです

 

弁護人

やめようとは思わなかった?

 

被告人

自分の考えに甘いところがあって……

 

大麻は依存性高くないって話も耳にするけど、裁判で見聞きする限りだと中毒性高いイメージなんですよね。

被告人もダラダラと続けてしまってたわけで。

 

弁護人

1年間休学してましたけど、どんな生活をしてたんですか?

 

被告人

週に4~5日仕事をしてました。映画の助監督や企業PR動画とかの。あと音楽の仕事などです

 

弁護人

今後学校は?

 

被告人

復学する予定です

 

 

てっきり退学とかになるのかと思ったけど、一度の失敗で見捨てたりしないんですね。一発KOじゃないと。

 

弁護人

共犯の女性と知り合ったのはいつです?

 

被告人

今年3月です

 

弁護人

きっかけは?

 

被告人

共通の知人の紹介です

 

弁護人

名前は言えます?

 

被告人

J(法廷では本名)です

 

 

と、著名な名前がいきなり飛び出してきました。私語厳禁だからシーンとしてたけど、傍聴席的には「!」って感じでしょうか。

 

この後、大麻はやめると約束して質問終了。

 

次は検察官から。

 

検察官

吸ってた理由はなんですか?

 

被告人

楽しむためです

 

検察官

他の人と一緒に使ったことあります?

 

被告人

KとKの友人です

 

検察官

Mとは?

 

被告人

2人で吸うようになったのは、今年の7月からです

 

検察官

Mとはどれくらいのペースで使ってました?

 

そのリリック、弁護人の質問でも言ってましたけどね。

 

検察官

Mとのメール見ると、“チルする”って書いてるけど、大麻使うって意味なの?

 

被告人

そういう意味です。

他にも、夜景を見る、お酒を飲む、映画を観るとかもチル友って言ってました

 

まさか、インスタ流行語大賞に選出された“チル友”の元となる言葉を法廷で聞くとは。普段の生活では全く聞かないのに。

 

それにしても都合のいい言葉だなぁ。映画鑑賞と大麻吸引が同じ単語だなんて。

 

検察官

入院しないとやめられないほどなんですか?

 

被告人

第3者のサポートでしっかりやめようと思いました。大麻について考え方も変わりました

 

 

と、改めて再犯しないと約束です。

 

最後は裁判官からの質問。

 

裁判官

両親はどんな様子ですか?

 

被告人

ショック受けてます

 

裁判官

今後についてはなんて言ってますか?

 

被告人

一緒に話し合って、復帰できるようお互い頑張っていこう、と

 

と、この答えを聞くと、裁判官はひと呼吸おいて、

 

裁判官

量も多いし、頻度も高い。

これからあなたはやめるだけじゃなくて、やめ続けることをしなきゃならない。繰り返す人が多いですから。

お母様もカウンセリングに通うって言ってましたけど、重要なのは……あなた自身!

 

被告人

はい

 

と、説教したところで質問終了。

 

この後、検察官が懲役1年を求刑して閉廷。

 

 

──もしこの裁判がフィクションだったとして。

私は被告人の言葉に対して───

 

 

私が関係者だったら、大学やヒップホップに変なイメージつけやがってと思うだろうなぁ。

ま、11月12日に実際に行われた裁判なのだが

 

Prevent_banner
編集部

本記事は刑事事件弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※刑事事件弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。  本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

阿曽山大噴火に関する新着マガジン

阿曽山大噴火に関する人気のマガジン


阿曽山大噴火マガジン一覧へ戻る