• 都道府県から探す
  • 相談内容を選ぶ
都道府県
北海道
相談内容
器物破損
刑事事件弁護士ナビ > 解決事例 > 暴行罪・傷害罪 > 【暴行罪・事件化を防止】早期に示談成立により、捜査が行われなかったケース

【暴行罪・事件化を防止】早期に示談成立により、捜査が行われなかったケース

暴行罪・傷害罪
30代男性
罪名 解決結果
暴行罪 捜査に発展しなかった
事件の内容

会社の同僚に暴行し、怪我を負わせてしまいました。

ご相談から依頼までの経緯

ご依頼者様は、会社の同僚に暴力を振るい、ケガを負わせてしまいました。同僚からは、明日にでも警察に被害届を出す、と言われ、すぐに当事務所にご依頼されました。

弁護活動の結果

速やかに、弁護士から被害者の方へご連絡し、謝罪の意をお伝えしたところ、被害届の提出をとりあえず辞めていただくことになりました。その後、治療費・慰謝料を支払うことで示談に応じてもらうことができ、ご依頼者さまが起こした暴行事件は、警察の捜査を受けることなく、収束しました。

この事件を解決した事務所
【即日接見可◆ご家族が逮捕された方へ】経験に裏打ちされた交渉・対応に自信◆代表弁護士が迅速対応◆痴漢/盗撮/性犯罪/窃盗など幅広い案件に豊富な実績有◆依頼者がやり直せるチャンスをサポート◆LINE予約可
Icon address住所
兵庫県神戸市中央区八幡通3-2-5IN東洋ビル209
Icon train最寄駅
三ノ宮駅
Icon area対応地域
兵庫県・京都・大阪・奈良・岡山・滋賀
営業時間
09:00〜20:00
営業時間外 お問い合わせはコチラから
 050-5228-2044
事務所のメールまたはLINEで問い合わせをする
Pc mail modal
LINEお友達追加