本郷三丁目駅で刑事事件の加害者や逮捕された方の弁護・相談に強い電話相談可能な弁護士一覧

本郷三丁目駅で刑事事件が得意な法律事務所3件です。

ベンナビ刑事事件(旧:刑事事件弁護士ナビ) > 東京都 > 文京区 > 本郷三丁目駅で刑事事件が得意な弁護士

分野を絞り込む

性犯罪 痴漢・わいせつ 買春・援助交際 盗撮・のぞき レイプ・強姦・不同意わいせつ
更新日: 09月28日
利用規約個人情報保護方針に同意の上、各法律事務所にご連絡ください。
3 件の 刑事事件が得意な 弁護士の検索結果一覧 13件を表示
「刑事弁護人」として価値を提供します
自分はやっていないのに、逮捕された/家族が重大事件を起こしてしまった/企業が関わる事件など難しい事件にも積極的に対応。【メール・LINE問い合わせは24時間◎】
Icon address住所
東京都千代田区神田佐久間町2-7第6東ビル901
Icon train最寄駅
東京メトロ日比谷線秋葉原駅4番出口から徒歩1分/JR山手線・京浜東北線・総武線秋葉原駅昭和通り口から徒歩3分
Icon area対応地域
東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県
営業時間
09:30〜18:00
営業時間外 お問合せはコチラから
ご相談時のポイント
刑事事件のご相談時のポイント
電話番号を表示
事務所のメールまたはLINEで問合せする
Pc mail modal
LINEお友達追加
ご家族が逮捕されたら、すぐに当事務所までご相談ください!
ご家族の逮捕、最速翌日釈放実績あり接見希望のご予約ダイヤル弁護士歴15年以上窃盗・住居侵入・性犯罪・暴行/傷害・薬物等、刑事事件相談対応実績500件以上◆秘密厳守◆ご家族の逮捕は72時間以内の初期対応が重要◆不起訴に向けてスピード対応≪詳細は写真をクリック≫
Icon address住所
東京都千代田区神田駿河台3丁目5番15号荒井ビル4階
Icon train最寄駅
【新御茶ノ水駅 徒歩1分】 【御茶ノ水駅 徒歩5分】【小川町駅 徒歩5分】
Icon area対応地域
東京都|神奈川県|埼玉県|千葉県|静岡
営業時間
07:00〜21:00
営業時間外 お問合せはコチラから
ご相談時のポイント
刑事事件のご相談時のポイント
電話番号を表示
事務所のメールまたはLINEで問合せする
Pc mail modal
LINEお友達追加
よくある質問
複数の事務所に問い合わせても大丈夫ですか?
回答
大丈夫です。弁護士によって依頼後の対応や解決方針が異なる場合もあります。実際に問い合わせて話を聞いてみて、あなたにあった弁護士を探しましょう。
盗撮・痴漢/万引き(クレプトマニア)/薬物 など依存症の疑いのある方への治療に実績有!
困難な示談の成功不起訴即時身柄解放の実績多数窃盗(クレプトマニアPTSDうつ病解離)・盗撮・痴漢・薬物等、依存症の方は更生・治療まで支援◆情熱的で知識・経験豊富な弁護士が最初から最後まで迅速対応◆少年事件・冤罪・裁判員裁判・控訴審◆
Icon address住所
東京都千代田区九段南1-6-5九段会館テラス1階
Icon train最寄駅
東京メトロ半蔵門線・東西線、都営新宿線 九段下駅 4番出口より徒歩1分
Icon area対応地域
関東一帯(場合によっては全国の出張対応可能です)
営業時間
07:00〜21:00
営業時間外 お問合せはコチラから
ご相談時のポイント
刑事事件のご相談時のポイント
電話番号を表示
メールで問合せ
3 件の 刑事事件が得意な 弁護士の検索結果一覧 13件を表示
本郷三丁目駅の刑事弁護士が回答した解決事例
買春・援助交際
30代男性
【示談を成立させ、不起訴獲得】速やかに身柄解放させ、事件解決
痴漢・わいせつ
40代男性
【執行猶予中に再度の痴漢、で不起訴】治療に向き合い異例の不起訴処分を獲得
薬物・大麻
20代男性
【大麻取締法違反】繰り返してしまう薬物依存事件で、執行猶予獲得
窃盗罪・万引き
50代女性
【多数店舗の万引きで、不起訴獲得】素早い対応で即日身柄拘束を解き、前科を回避
本郷三丁目駅の刑事弁護士が回答した法律相談QA
暴行罪で事情聴取されたが現状がわからない。
相談者(ID:04071)さんからの投稿
2日前、飲み会後に友人とタクシーを探している途中、信号待機している女性に肩に手を触れ声をかけたところ、女性は声を出し警察へ通報。その後、そのまま事情聴取へ。暴行罪として逮捕無しを告げられ、検察次第として弁護士に現時点で相談することを勧められました。
警察での取り調べや操作が進んでいるということは、おそらく、被害届が提出され、受理されているものと思われます。
暴行罪の場合、罰金刑で終わる可能性もありますが、罰金刑であっても、前科となってしまいます。もし、前科を回避されたいというのであれば、弁護士に依頼し、示談交渉を試みることをお勧めします。
- 回答日:2022年12月13日
執行猶予をつけるために
相談者(ID:02109)さんからの投稿
昏睡強盗で起訴されております。

一年程前に
友人と共謀し
(本当にするとは思っておりませんでしたが、)
精神科に通っている際の睡眠薬を入れたお酒を被害者男性に飲ませ
一度は取ろうとしたところを止めたのですが、
最終的に
20万円の入った財布をとっており、
別の名目として、
約8万円を受け取っております。

さすがに大変な事をしてしまったという思いと、
被害者の方の財布だけでもという思いを知ったので、友人から財布を取り返し、少しでもお金を入れて返そうと思いながらも返せず
返そうとやきもきしていた際に捕まりました。


現在は
保釈済 150万だったそうです。

示談交渉済みで50万円支払いをしております。


強盗は
ほぼ実刑と知っておりますが、
執行猶予をつけていただきたいので、
国選から私選弁護人に変えることで可能性が上がるのか、
現在の状況からして、執行猶予はどれくらいの確率でつくのかを教えて頂きたいです。


すでに、国選弁護人の先生がいるようなので、詳しくは、国選の先生にお聞きになった方がいいかもしれませんが、参考のために、回答いたします。
まず、被害金額20万円で、財布も返還され、示談金50万円をお支払いずみというのは、非常に有利な情状になるかと思います。
なお、国選から私選に変えることで確率が上がるかという点については、一概には、申し上げられませんが、国選のまま実刑になった場合に、私選にしておけばという後悔を残さないという意味で、最善を尽くすという点では、私選弁護人を検討された方が良いかと思います。
ご参考になれば、幸いです。
- 回答日:2022年07月20日
息子の傷害事件を示談にしたい
相談者(ID:12345)さんからの投稿
今朝3時頃、渋谷警察署から息子が人を殴ったと連絡あり、両親で引き取りに行き帰宅させた。
本人は18歳で泥酔しており説明も支離滅裂。
キセルをしたなど発言があったようだが
酔っているので不明確!
相手は若い女性でクラブの入り口に立っている人らしいが、どこのクラブかは警察でもまだ把握していなかった。
防犯カメラで殴っているのが確認出来たとの事!
示談を成立させたい!
お問い合わせありがとうございます。
息子さんの件とのことで、親御さんとしては、ご心配かと思います。
示談交渉のご依頼をご検討のとのことですが、先方との接触については、なるべく、早めに対応することが肝要かと思います。
時間が経過すると示談が成立しにくいこともあります。
ご不明な点やご質問等がございましたら、個別に当事務所まで、お電話又はメールいただければ、弁護士が回答いたします。
よろしくお願い致します。
- 回答日:2023年06月06日
アルバイト先での盗撮被害について、加害者に慰謝料を請求することはできますか?
相談者(ID:03226)さんからの投稿
約半年程前まで働いていたアルバイト先の更衣室で、当時の従業員から盗撮被害に遭っていました。発覚したのは2週間程前です。犯人は別件(別の盗撮)で逮捕され、家宅捜索で映像が出てきて発覚しました。警察から連絡があり、映像を確認してほしいと言われたのですが、現在引越しており、犯人が逮捕された警察署とはかなり距離がある状態のため、未だに映像は確認できていません。

この場合、
・加害者側に対して慰謝料等を請求することは可能か、またその相場について
・弁護士に依頼するならば現在の居住地の近くで探して良いか
・請求できた場合弁護士費用等は加害者側に負担してもらえるか

以上のことをお聞きしたいです。

※加害者と私の補足情報
加害者
40代前後
盗撮は常習(警察からの情報)


被害当時未成年(現在も学生)
加害者とはあまり接点はなかったが、一時期待ち伏せをされていた(すぐ謝罪されたため警察に相談はしていません)
盗撮発覚後、トラウマ的な症状で精神科に通院
ご質問についてですが、まず、加害者側への慰謝料の請求についてですが、すでに、相手が別件で逮捕されているのとのことなので、加害者側との間で示談金等が支払われることにより、民事的にも刑事的にも解決されることになるかと思います。その場合の金額ですが、あくまでケースバイケースなので、確定的な金額をお伝えするのは難しいかと思います。こちらの希望金額と相手方が支払える金額とが一致すれば、示談ということになります。
次に、弁護士に依頼する場合に、どこの弁護士に依頼した方がいいかということですが、現在の居住地でも、加害者側の居住地の方でも、どちらでもよろしいかと思います。
弁護士費用の請求の可否についてですが、弁護士費用も含めた金額を、相手方に請求する形で支払われることが一般的かと思います。
以上、ご確認のほど、よろしくお願い致します。
- 回答日:2022年10月11日
弁護士の方はこちら