キーワードからコラムを探す

新着の刑事事件コラム一覧

361

51 - 100 件を表示

盗撮事件を起こしたら
防犯カメラで盗撮の犯人特定も!逮捕に繋がるきっかけと早期解決のヒント
盗撮事件は現行犯逮捕だけではありません。防犯カメラの映像が犯人特定に繋がり後日逮捕されることもあります。その場は逃げきれたかもしれませんが、後から警察等から呼び出しを受けることも覚悟しておいた方が良いでしょう。
薬物事件を起こしたら
大麻を所持せず使用するのは合法?大麻所持の定義を法律的に解説
大麻を所持せず使用するのは逮捕されませんが、尿検査を受けて大麻事件の捜査のきっかけになるでしょう。また、他人に大麻を吸わせてもらう行為は大麻所持の共犯に該当するかもしれません。この記事では大麻取締法の刑罰、『所持』とはどういうことなのか、くわしく解説します。
薬物事件を起こしたら
大麻事件の家宅捜索は拒否できる?|家宅捜索の内容と事例をくわしく紹介
大麻事件では家宅捜索されるケースがあります。たとえば大麻使用の疑いがあった場合や、余罪を捜査するためです。大麻の家宅捜索ではどのようなことが行われるのか解説します。
示談の基礎知識
弁護士なしでの示談は危険|5つのリスクと弁護士に依頼するべき理由
この記事では弁護士なしでの示談をおすすめしない理由と、弁護士に依頼した場合のメリットを解説しています。示談を弁護士に依頼した場合の費用相場も解説しています。示談を弁護士に依頼すべきか迷っている人は参考にしてください。
窃盗(強盗)事件を起こしたら
万引きで検察から呼び出しを受けたときの対処法と取調べでの注意点まとめ
この記事では、万引きをして検察から呼び出しを受けた方向けに、検察庁に行く際の準備や注意点、不起訴になるためにできることなどをくわしくご紹介します。まず冷静に今の状況を整理してみてください。
薬物事件を起こしたら
未成年の息子や娘が大麻で逮捕されたときの対処法!初犯の罰則を解説
この記事では、大麻取締法の概要を解説したあとに、未成年が大麻で逮捕された場合にどういった処分があるのか、逮捕後どのような流れを踏むのか、そして処罰を軽くするためにどういった行動をとるべきかを解説します。
刑事処分の種類と内容
不起訴はいつわかる?刑事手続きで不起訴がわかるタイミングと確認方法
「不起訴はいつわかるのか」という疑問を抱いている方向けに、この記事では不起訴がわかるタイミングについてくわしく解説しています。身柄事件の場合、最大で23日までに不起訴か否かがわかります。
刑事処分の種類と内容
禁錮とは?懲役との違いと刑罰の重さをわかりやすく解説
禁錮とは、受刑者を刑事施設に収容する刑罰で、刑務作業が義務付けられていないもののことです。この記事では懲役との違いを踏まえながら、禁錮とはどのような刑罰なのかをわかりやすく解説します。
交通違反・事件を起こしたら
自転車事故で逃げてしまった!問われる罪や逮捕・特定の可能性を解説
自転車事故を起こして、その場から逃げてしまった場合、被害の大きさによっては逮捕されることもありますし、莫大な損害賠償請求を受けることもあります。この記事では、逃げてしまった場合の罰則や実際の逮捕例、その後の対応などについてくわしく解説しています。
横領・背任事件を起こしたら
遺失物等横領罪の初犯で逮捕されたらどうなる?不起訴の可能性と刑罰
本記事では、遺失物等横領罪(遺失物横領罪)の初犯で逮捕された場合の流れととるべき行動を解説します。
詐欺事件を起こしたら
結婚詐欺で逮捕されたらどうなる?罪の重さや詐欺罪が成立する要件
結婚詐欺で逮捕されると、詐欺罪で10年以下の懲役刑になる可能性があります。この記事では、結婚詐欺で逮捕された後の流れや前科を回避する方法などを加害者向けに解説しています。
性犯罪事件を起こしたら
リベンジポルノで逮捕されるケースと逮捕事例|逮捕から判決までの流れも解説
1枚でも人の性的な写真、動画を流出させるとリベンジポルノとして逮捕される可能性があります。リベンジポルノ防止法違反に該当し、起訴されれば99%の確率で有罪となり前科がつきます。この記事では、逮捕の要件や刑罰についてくわしく解説しています。
性犯罪事件を起こしたら
下半身露出で逮捕された場合の罪と罰則|逮捕事例や逮捕後の流れも紹介
下半身露出で逮捕されると公然わいせつ罪に該当する可能性があります。起訴されて有罪が確定すれば前科がつくのが一般的。しかし逮捕された後でも弁護士に相談することで不起訴処分を目指すことができます。下半身露出で逮捕された場合のリスク・相談先を加害者向けに解説します。
性犯罪事件を起こしたら
風俗で逮捕される2つの違法行為と罰則|実際に逮捕された例も紹介
風俗での性行為は売春防止法違反で逮捕される可能性があります。風俗嬢の合意があっても違法です。無理やり性行為した場合は懲役5年になる可能性もあります。風俗店の盗撮も違法行為です。もしも逮捕された場合の流れや前科を回避するための相談先を加害者向けに紹介します。
逮捕された場合の対処法
逮捕されたくないときにできること|逮捕までの流れと逮捕の予兆
罪を犯してしまった人は、逮捕や刑事罰などによって罰則を受けなくてはなりません。ただ、『犯罪を起こした=逮捕』ではないことは知っておいてください。軽微な犯罪や被疑者が捜査に素直に協力する事件であれば、逮捕されずに捜査されることもあります。
窃盗(強盗)事件を起こしたら
窃盗事件における謝罪文・反省文の例|書き方のポイントや弁護士の役割
窃盗のような被害者の存在する犯罪では、加害者の反省を現す行為の一つとして、謝罪文や反省文を被害者宛に送ることがよくあります。この記事は窃盗事件を念頭に、謝罪文や反省文について簡単に解説します。
弁護士への依頼・相談
刑事事件で弁護士へのオンライン相談|コロナ対策・遠方相談におすすめ
刑事事件では自分や家族が弁護人を選任し、弁護活動を依頼することができます。本記事ではこのような被疑者・被告人側が自ら弁護士に依頼するケースで、被疑者・被告人の家族がオンラインで弁護士に相談するケースについて解説します。
性犯罪事件を起こしたら
準強制性交等罪の構成要件|類似する犯罪とその罰則・逮捕後の流れを解説
準強制性交等罪はいわゆるレイプや強姦とも呼ばれる重罪ですが、実際に成立する要件は正確に定められています。それらの構成要件や刑罰、逮捕後の流れを見ていきましょう。
横領・背任事件を起こしたら
横領をしてしまったが返済できない場合はどうすべきか
つい魔が差して横領をしてしまい、会社にバレたが返済できないときは、どうすべきでしょうか。また弁償できたとしても、どのようなポイントに注意すべきなのでしょう。それぞれ解説していきます。
逮捕された場合の対処法
未成年が逮捕されたら|その後の流れや措置・示談や家族に出来ること
未成年が逮捕された場合と成人が逮捕された場合とでは、その後の手続きが異なる部分があります。この記事では、未成年が逮捕された後の手続きの流れと対処法についてくわしく解説しています。
逮捕された場合の対処法
家族が逮捕されたら生活はどうなるのか?逮捕後の流れと対処法を解説
家族が逮捕されたら、学校や会社への対応や、被害者との示談交渉など、やるべきことがいくつか出てきます。留置場に拘束された本人をサポートするために、ご家族の方が今できることをお伝えします。
弁護士への依頼・相談
クレプトマニア(窃盗症)の弁護士の探し方|弁護方法と減刑に関する知識
この記事では、ご家族・ご友人がクレプトマニアにり患しており窃盗で逮捕されてしまったという方に向けて、クレプトマニアに注力している弁護士の選び方と、クレプトマニア独自の刑事弁護の方法、再発を防ぐためにできることを紹介しています。
詐欺事件を起こしたら
給付金詐欺で逮捕されたら?罪の重さと逮捕後の流れ・対処法まとめ
給付金詐欺とは、一般的に国や自治体の支援金や補助金を嘘の申請によって不正に受け取る詐欺行為を指します。例えば、2020年は新型コロナウイルスの対策として国や自治体が多くの助成制度を実施していましたが、それに伴い多くの給付金詐欺も発生してしまいました。
詐欺事件を起こしたら
保険金詐欺での逮捕は罪が重い|刑罰の重さと逮捕後の流れや影響
保険金詐欺とは、保険金が受け取れる条件を満たすために虚偽の申し出をしたり、わざと事故などを起こしたりして不正に保険金をだまし取る詐欺行為のことです。
性犯罪事件を起こしたら
強制わいせつ致傷罪とは?構成要件や罰則・類似の犯罪について解説
強制わいせつ致傷罪とは、強制わいせつ行為によって被害者に傷害を負わせた場合に成立する犯罪です。強制わいせつ罪との違いや、刑事手続きの流れについて、詳細に見ておきましょう。
弁護士への依頼・相談
【被害者向け】性犯罪被害の相談窓口|弁護士のサポート内容も紹介
本記事では、性犯罪の被害を秘密厳守で相談できる窓口と、相談したことでどんなサポートが受けられるかを紹介します。
盗撮事件を起こしたら
盗撮で警察から呼び出しを受けたら逮捕される?
盗撮をしてしまい、警察から呼び出しを受けた場合、出頭するとそのまま逮捕されてしまうのでしょうか。警察から呼び出しを受ける理由や、盗撮で問われる可能性がある罪を解説します。
窃盗(強盗)事件を起こしたら
窃盗罪で起訴される可能性は?罪の定義や逮捕後の流れを解説
万引や自転車泥棒などは、窃盗罪に該当します。窃盗罪も立派な犯罪ですから、起訴された場合さまざまなリスクがあるのです。
詐欺事件を起こしたら
詐欺で共犯に…知らなくても罪になる?犯罪成立の条件や逮捕時の対処法
本記事では、詐欺の共犯が成立する条件や逮捕されたときの流れを解説します。
逮捕された場合の対処法
警察に逮捕される前兆|捕まる条件やその前にとるべき行動とは?
犯罪を犯してしまうと、自身が逮捕されそうな状況にあるか、不安になるでしょう。仮に罪を悔いていたとしても、逮捕・厳罰を望む人はあまりいません。逮捕されそうなときの対処法や、その前兆を確認しましょう。
刑事事件の基礎知識
弁護士費用保険は刑事事件被害で役に立つ?|被害者の味方になる被害者弁護とは
手頃な費用でいざというとき頼れる弁護士費用保険ですが、実は犯罪に巻き込まれてしまった(刑事事件の被害者となってしまった)場合も役立ちます。弁護士費用保険にかかる保険料や、被害者に弁護士が必要かを確認しておきましょう。
窃盗(強盗)事件を起こしたら
自転車の窃盗は逮捕されるのか|罪の内容と逮捕後の流れ
自転車の窃盗は、「自転車泥棒」、「チャリパク」などと呼ばれ、立派な犯罪でありながらもそうでないかのように見られることがあります。しかし、窃盗罪も犯罪である以上、安価な自転車であれ逮捕されたり、刑罰を受けたりする可能性があります。
暴行・傷害事件を起こしたら
泥酔して暴行|逮捕される?前科はつく?おおまかな流れを解説
泥酔状態でつい感情的になってしまい、暴行をしてしまうと、逮捕される可能性があります。当日は何もなくても、後日逮捕に至る可能性もあります。そのようなときは迅速に、弁護士への相談を検討してください。
暴行・傷害事件を起こしたら
タクシーで暴行をしてしまったら逮捕?|弁護士の必要性と問われる罪
タクシーで暴行行為をすると、逮捕されてしまう可能性があります。万が一逮捕されなかったとしても、弁護士の必要性は高いと考えてよいでしょう。また、タクシーでの暴行は、問われる可能性のある罪が多い事件です。
暴行・傷害事件を起こしたら
傷害事件で被害届を出されたら逮捕?問われる罪や示談で解決する方法
傷害事件を起こしてしまった場合、被害届を出されるかどうか不安になるものです。実際に被害届を提出されると、立件されて逮捕されてしまう可能性があります。傷害罪に関する詳細と、逮捕された後にすべきことを理解しておきましょう。
窃盗(強盗)事件を起こしたら
万引きは現行犯以外でも逮捕される?後日逮捕の可能性や過去の事例を紹介
万引は現行犯逮捕されるイメージがありますが、もちろん現行犯以外で逮捕される事例もあります。現行犯以外の方法で逮捕される理由と、実際に逮捕された事例について確認しておきましょう。
暴行・傷害事件を起こしたら
胸倉を掴むのは暴行罪!逮捕はありえる?示談で不起訴を目指す方法
ついカッとなって相手の胸ぐらをつかむと、暴行罪に問われて逮捕される可能性があります。ドラマや映画でよく見るシーンですが、現実で行うと、最悪の場合は刑事事件として処理されてしまう可能性あるのです。
暴行・傷害事件を起こしたら
電車で暴行をしたら逮捕されてしまった|適用される罪と前科の回避方法
電車内でトラブルになり暴行をしてしまうと、逮捕される可能性があります。相手に怪我をさせてしまった場合には、傷害罪が適用されることも。また適切な対応ができなければ、前科がつくおそれがありますが、回避できる可能性もあります。
性犯罪事件を起こしたら
強制わいせつ罪で被害届が提出されたら|逮捕後の手続きや弁護士の役割
強制わいせつ事件の被害者が被害届を提出した場合、加害者は警察から逮捕される可能性があります。逮捕されれば、勾留された後、最終的に刑事裁判で起訴される可能性があります。
痴漢事件を起こしたら
痴漢の被害届を取り下げてもらうには|痴漢の被害届と逮捕・起訴
痴漢は現行犯で逮捕される場合が多いと言われていますが、被害届を提出されて後日逮捕されるというケースもあります。もし痴漢で逮捕、勾留、起訴された場合には日常生活に影響は避けられないでしょう。
痴漢事件を起こしたら
公務員が痴漢で逮捕されたら|懲戒処分を避ける方法と弁護士の必要性
公務員が痴漢で逮捕された場合、有罪判決が出れば懲戒免職で職を失う可能性があります。しかし逮捕後の対応を間違えなければ、不起訴や無罪判決により懲戒処分を避けられるかもしれません。記事にて詳細を確認しましょう。
詐欺事件を起こしたら
詐欺事件で弁護士は何をしてくれる?刑罰・時効・弁護のポイントまで解説
もし詐欺罪に当たる行為を犯してしまった場合は、速やかに弁護士へご相談のうえ、弁護活動をご依頼ください。今回の記事では詐欺罪について成立要件・量刑・時効・弁護士への相談する際の注意点などを解説します。
盗撮事件を起こしたら
教員が盗撮で逮捕された場合|懲戒処分や教員免許資格剥奪の可能性
教員が盗撮で逮捕された場合、懲戒免職で仕事を失ったり、教員免許を失ったりする場合があります。逮捕後に的確に対応すれば、そのリスクを抑制できるかもしれません。それぞれリスク・対応方法を確認していきます。
刑事事件の基礎知識
被告人とは?原告との違い・刑事裁判の義務や与えられる権利を解説
裁判の現場でよく聞く被告人は、被告・被疑者などの似た言葉と、大きく意味が異なります。また被告人になれば、できることやすべきことも大きく変わるのです。被告人の意味や義務・権利を見ていきましょう。
刑事事件の基礎知識
被疑者とは?容疑者や被告人との違いと被疑者になったらできること
刑事事件でよく聞く被疑者という言葉ですが、「容疑者」や「被告人」とはどういった違いがあるのでしょうか。そしてもしも自分が被疑者になってしまった場合、どんなことができるのでしょうか。
刑事事件の基礎知識
緊急避難とは?成立要件や判例・立件された時の対処法をわかりやすく解説
緊急避難とは、刑法で定められた違法性阻却事由の一つです。正当防衛も違法性阻却事由という点では同じですが、緊急避難と正当防衛は成立要件が異なります。具体例や判例を交えて、確認していきましょう。
刑事事件の基礎知識
家宅捜索の時間帯・前兆は?捜索後に逮捕された場合の対処法も紹介
家宅捜索は予告なく、捜索令状を持った警察官や検察官が突然行うものです。家宅捜索に踏み入られた場合、どのような事態になり、捜索後には何が起こるのか紹介します。
逮捕された場合の対処法
逮捕者との面会ガイド|時間や回数の制限・差し入れの可否について
家族が突然逮捕されてしまったとき、いつ、どのようにすれば面会できるか知っているでしょうか?この記事では、逮捕・勾留後の被疑者と面会する際に押さえておきたい知識を解説します。
弁護士への依頼・相談
弁護士による緊急接見|一般接見の違いやメリットを詳しく解説
一般接見と弁護士接見の違いやどうしてすぐに弁護士に依頼するべきかの理由やメリット、接見費用の相場について、ベリーベスト法律事務所の最前線で活躍する岡山弁護士に取材し、くわしく解説して頂きました。
横領・背任事件を起こしたら
【1分でわかる】着服と横領の違い!問われる罰則を徹底解説
着服と呼ばれる事件は日本で年間1,000件以上も発生しています。この記事では、着服と横領の違いや問われる可能性のある罰則、実際に起きた事件などまとめました。また「ちょっと借りただけでも着服?」「共犯になるケース」などよくある疑問についても解説します。

361

51 - 100 件を表示

弁護士の方はこちら